2019年12月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年02月















波飛沫(なみしぶき)

この日の日の出は6時32分、太平洋から吹いてくる風は穏やか、波は少しうねっているような気がします。


もうすぐお天道様のお出ましです。ですが、ご覧の通りの分厚い鉛色のカーテン...。
20191109nasisi01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


分厚い雲の隙間から顔を出したお天道様、ラッキー v(^^)v、海鳥?も見てます。
20191109nasisi02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


沖の方は岩場にぶつかった波が飛沫を上げています。オッ!「だるま」になってくれるようです。
20191109nasisi03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


飛沫がおさまるところを狙って撮った(あったほうが良かったかしら?)この1枚、令和に入って7回目の「だるま朝日」となりました。ちょうどこの日は(11月9日)天皇陛下の即位を祝う式典「国民祭典」が開催される日の朝のことでした。
20191109nasisi04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


水平線から離れる瞬間を狙ていましたが、飛沫が...。
20191109nasisi05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


風は穏やかなのに波が高い...こんな事もあるんですね(∵)
20191109nasisi06.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


いつものように殺風景な絵となりました....。


以上、高知県四万十市は名鹿ビーチより日の出の様子をお伝えしました <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

電話番をするネコ

おでこに「M」のマークを付けたネコが真剣な顔をして電話番をしています。

20191110moro01.jpg
iPhoneSE


やめたらしい...。

20191110moro02.jpg
PhoneSE


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年11月15日 04:01 ] ねこ | TB(0) | CM(4)

落羽松(ラクウショウ)の呼吸根

皆様のブロブを拝見いたしますと、やっぱりこの時期とあって、紅葉の話題が多くなっていますね。ここ四万十市も昨年よりも少し遅いように感じますが、見頃を迎えつつあります。


紅葉と言えばモミジとかイチョウ、ハゼなどが代表格ですが、近くに「ちょっと変わった紅葉する木」がありましたので見に行ってきました。


ここは国道321号沿いにある「四万十川野鳥自然公園」というところ、紅葉にはまだちょっと早いような気もしますが、写真中央の池の向こう側の畔に生えた5本の木です。遠過ぎてどんな木か分かりませんね。
20191110rakuusyou01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


回り込んで反対側から撮ってみました。全部同じ種類の木と思いますが、「ちょっと変わった紅葉する木」というのは 一番奥にあるまだ全然紅葉していない木です。近くまで行ってみたいと思います。
20191110rakuusyou02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


これです。幹の根本から何かがニョキニョキと出ています (∵)。 
20191110rakuusyou03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


このニョキニョキはいったいなんでしょう~ (‥ )?
20191110rakuusyou04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


調べてみました d( ̄  ̄)


木の名前は落羽松ラクウショウと言うそうです。メタセコイアに似たスギ科ヌマスギ属の落葉針葉高木で、秋になると鳥の羽のように落葉することから落羽松と名付けられたそうです。湿潤地に適し、沼沢地での根元が少し水につかった状態(冠水)で自生することが多いとのことです。
20191110rakuusyou07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


さて問題のニョキニョキなんですが、これは呼吸根(気根)と言う物らしいです。植物の根で、空中に出て呼吸をしているもの。酸素の乏しい泥中や水中に生育する植物にみられ、通気組織などの構造を持っているようです。
20191110rakuusyou08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


大きいもので高さ50cmほどあります。
20191110rakuusyou05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


土壌が水につかっていると根が呼吸できないので根腐れがおこります。普通の樹木は湿地だと根腐れをおこして育ちませんが、落羽松呼吸根(気根)で呼吸ができるので湿地で育ちます。湿地に「適応した」植物だったんですね d( ̄  ̄)


こんな大きな実を大量に付けています。
20191110rakuusyou06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


新宿御苑に植えられたものなんかが有名らしいですよ。


紅葉とは全く関係のない記事となってしまいました...<(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年11月14日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(4)