2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














中筋川(なかすじかわ)ダム vol.2

今回で2回目の訪問となります。国土交通省四国地方整備局「中筋川ダム

ダムの規模など詳しいことは「 中筋川(なかすじかわ)ダム vol.1」をご覧ください m(_ _)m

ダムの上流から見たところです。先の西日本豪雨の影響で「蛍湖(貯水池)」はまだ少し濁っているように感じます。貯水量は普段よりすこし多めでしょか。
20180715naka02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

梅雨前線の降雨により中筋川ダム上流域では7月6日から8日までに累計雨量で292.7mmの降雨を観測し、ダムへの最大流入量の約75%をダムで貯留し残り25%(32m3/s)を放流したようです。
20180715naka05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

その結果、下流では浸水被害などはまったくありませんでした。台風などによる増水時にはこのダム操作(防災操作)が大変重要になります。


下の画像は7月14日に撮影したものです。常用洪水吐(オリフィスゲート)は2箇所あります、このときは低い方から放水しています。
20180715naka03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

下の画像は7月7日の放水状況です。2箇所から放水しています。貯水池の水位が上昇しているのでしょう。
20180707naka01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

常用洪水吐を真上から見たところです。 
20180715naka004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF
 
正面から見上げてみました。
20180715naka06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

西日本豪雨では愛媛県の肱川(ひじかわ)上流にある「野村ダム(国土交通省)」が緊急的に流入量とほぼ同量を放流する「異常洪水時防災操作」を行いました。このダム操作(防災操作)によるものか原因は不明ですが、大洲市や西予市に甚大な被害をもたらしました。安倍晋三首相は国土交通省より「ルールに沿って対応したと報告を受けた」としながら、「さまざまな声があり、徹底的に検証する」と述べました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年07月18日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/97-fbf2366d