2020年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年08月














黒銀ことクロスジギンヤンマ

「黒条銀蜻蜓」と書いて「クロスジギンヤンマ」と読みます。略して「黒銀(クロギン)」なんともシブイ名前ですこと v( ̄ー ̄)v

その「黒銀」の姐さんが一人で卵を生んでいましたので了解を得て撮影いたしましたので御覧ください。

クロスジギンヤンマ(♀)の単独産卵(*2018年5月4日撮影)
20180712kurosuji01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

本家?のギンヤンマの産卵は昨日の記事のように共同作業のようにして行うのですが、この黒銀は(♀)だけで行います。(♂)はといいますと、すでに他の可愛い(♀)を追っかけまわしております。なんて薄情なんでしょう ヾ(--;)
20180712kurosuji02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

産卵を始めました。水草の茎に注射針のような産卵管で植物の組織内に卵を植えつけます。
20180712kurosuji03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ギンヤンマとともに、最も普通に見られるヤンマです。GW(初夏)のころ山間の池に行くと必ずと言っていいほど、この「クロスジギンヤンマ」がお出迎えしてくれますよ d( ̄  ̄) 
20180712kurosuji04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

梅雨が明け、本格的な「夏」となった今では残念ながら見ることはできません。どうしても見たい人は、ひょっとしたら秋に少し小さめの個体が発生することもありますので、そのときまで待ちましょう m(._.)m

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年07月12日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(2)

オトーサンさん

私のようにイケメンでダンデェーなLv60に達しますと、「写真撮ってくれるの?キレイにとってね ( ・ᴗ・ )v」と向こうのほうから擦り寄ってくることがほとんどです。
冗談はさておき、とにかくパパラッチのごとくしつこく付回し、相手が泣いて「 もう許してください、じっとしてますから」とあきらめたところをパッシャ!

人間の(♀)は良く分かりませんが、トンボは一度逃げても少し待てば、もとの場所に戻ってきますので、気長に待つことが大切だと思われます。
[ 2018/07/13 08:21 ] [ 編集 ]

クロスジギンヤンマ

黒条銀蜻蜓・・・インディーズのヘビメタバンドみたいですね。
迫力のある画像で、姐さんの気迫が伝わってきます。

どうやったら、産卵中の姐さんに了解を得らるのでしょうか。
私にはムリみたい・・・是非ご教授下さい(^.^)
[ 2018/07/12 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/92-1405aecf