2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














地球温暖化の申し子らしいベニトンボ

赤いトンボといいますと、まず思い浮かべるのが「ショウジョウトンボ」とか「赤トンボ」とかではないでしょうか?

いつものようにトンボ公園の池のまわりをうろついていますと、非常に目立つ色のトンボが翅を休めています。「ショウジョウトンボ」かなと思いましたが、ちょっと色合いが違うような気がする。

ベニトンボ(♂)と思われます。名前に「ベニ(紅)」と付きますが、どう見ても「ショッキングピンク」のよに見えるのは老眼のボクだけでしょうか?写真の加工(色補正)なんかは一切してませんから ( ̄¨ ̄)
20180712beni01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ショウジョウトンボは翅は赤くなりませんが、ベニトンボは翅まで赤?くなりますので見分けが付きます。ここが重要なポイントですので d( ̄  ̄)
20180712beni02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

じつはこのトンボ、昔は日本に住んでいなかったようです。

南方系のトンボで、故郷は台湾以南の中国中南部や、東南アジアらしいです。日本で初めて発見されたのは1954年のことで鹿児島県にいたようです。(ボクの生まれる前の話です)
20180712beni03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

それが、またたくまに日本列島を北上し、九州、四国では既に完全定着し、最近では中国地方の瀬戸内海側や紀伊半島でも単発的な目撃例が続いていて、本州あたりに定着する日も近いのでは?と言われています。
20180712beni04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このトンボの北上についてはいろいろと言われていますが、偉い学者さんによると「地球温暖化の影響が大きい」とし、このトンボのことを「地球温暖化の申し子」と呼んでいます。でも、本当のところは「トンボに聞いてみないと分からない」と言うことです。

こちらは(♀)と思われます、南方系特有の派手な色遣いの(♂)に比べ、随分と落ち着いたおしとやかな色遣いとなっております。
20180712beni05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ちなみにこのトンボは「赤トンボ」と呼ばれる「アカネ属」ではありません、極々普通のトンボですのでお間違いなく d( ̄  ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年07月13日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/91-76caab73