2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














ギンヤンマのハートから産卵

大雨の降る前の蒸し暑い日、いつものようにトンボ公園を散策しておりますと、ヤンマと見られるカップルが生殖活動に励んでいるところに遭遇しました。ちょっと失礼してその様子を観察することにいたします。

ギンヤンマの交尾です。トンボ愛好家の人たちはこれを「愛のハート型」とか呼ぶそうです。(逆ハートに見えなくもありませんな)
20180710ginyanma01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ハートが終り、産卵を始めました。ギンヤンマは生きた植物、枯れた植物のほかに土の中にまで産卵をすることがあります。このカップルは生きた植物を選び、水草の茎に注射針のような産卵管で植物の組織内に産卵します。
20180710ginyanma02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

これは別のカップルです。(♀)は胸まで潜り深い所に卵を植えつけているようです。その間(♂)は(♀)が溺れ?ないようにしっかりと頭の後ろを捕まえています。愛が感じられます d( ̄  ̄)
20180710ginyanma03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ギンヤンマは1年間に2度世代交代をするといいます、つまり今回産卵したものが秋には羽化を始めるということです。

でも、この間の大雨で流されていないか心配です....。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年07月11日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(4)

オトーサンさん

こんにちは。
本当なら100mmマクロで撮影したかったのですが、少し遠かったので標準ズームレンズ(135mm)で撮りました。
連結したまま飛んでいる姿は「タンデムとか、尾つながり」と呼ばれています。
飛行システムについては良く分かりませんが、交尾が終り良い産卵場所を探して飛び廻っているのです。
なんともアクロバチックな飛び方ですね。
[ 2018/07/12 07:57 ] [ 編集 ]

ギンヤンマ

おはようございます。
ハート連結のギンヤンマ、バシッと決まってますね。
私もこんな風に撮れたらと思いますが、トンボの生態にも詳しくないとダメですね。
連結したまま飛んでるトンボって、
きっと何らかの方法で飛行システムを共有してるんじゃなかと、いつも思います。
いつも素晴らしい写真をありがとうございます(^^)/
[ 2018/07/12 01:58 ] [ 編集 ]

ピーちゃんこさん

こんにちは。
このときは午後3時頃からの撮影となりました。
交尾の時間は10分程度、産卵はボクみたいな邪魔者がいるのであちこち飛びまわりますので20分程度だったでしょうか。
トンボは夫婦仲が良いみたいですね。このカップルは連結して産卵してますが、♀単独で産卵する場合もあるようです、その場合♂は♀の上空を飛び廻り外敵に襲われないか監視しているようです。立派ですね。
[ 2018/07/11 09:00 ] [ 編集 ]

おはようございます。
産卵シーンを上手く捉えてるけど、随分タイミングをつかむのに苦労したんじゃないですか?
トンボの夫婦仲が良いのにビックリしました。
[ 2018/07/11 04:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/90-588146c3