2021年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年11月














秋のトンボ赤トンボ「マユタテアカネ」を撮ってみた

(昨日の続きとなります)

木陰にあるベンチに腰を降ろし水分補給をします。真夏のような暑さではありませんが暑いこと暑いこと。汗を拭きながら真っ青な空を見上げれば...


いました秋のトンボ赤トンボマユタテアカネ(♂)」
20210911mayu02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


トンボアカネマユタテアカネ(Sympetrum eroticum eroticum)
アカネ属ですから、いわゆる”赤とんぼ”と呼ばれる一種です。顔面に鼻の穴をでかくしたような黒い眉斑があることからマユタテアカネと名がつきました。マイコアカネやヒメアカネに似ていますが、顔面の眉斑で区別がつきます。(♂)は成熟すると枝先に止まり縄張りをはります。腹部は成熟するにつれ、真っ赤になります。(♀)は腹部が真っ赤になるものと、橙色をしたものとに、そして羽の先に褐色斑があるものと、ないものとのにわかれます。
北海道から南西諸島の一部の島まで生息しており、6月中旬から12月初めころまで見られます。おもに平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する池沼や湿地、溝川などに生息します。
20210911mayu03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ボクはこの茜色(R183 G40 B45)が大好きなんです v(^^)v
20210911mayu01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


すっかり秋の空、空が高い。
20210911tonbokouen02.jpg
iPhoneSE2


以上、高知県四万十市トンボ公園」よりお伝えいたしました。


  
[ 2021年09月15日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/895-d24147b3