2020年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年08月














四万十川の沈下橋沈下する

台風7号は何事もなく通り過ぎ、今は薄っすらと青空が見え始めたところです。そんな中、台風とか大雨で川が増水したときに、橋が水中に沈んで(沈下する)しまう構造の橋の状況をお伝えします。

四万十川最下流に架かる「佐田沈下橋(今成)橋」です。(昭和47年完成 全長291.6m 幅員4.2m)

4日午前6時30分頃、水没しちゃってます。(左が上流)
20180704tinkabasi011.jpgPENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

何処に橋があるかわかりますか?いつもはこの上を車、バイク、自転車などが行きかう地域の生活道となっています。また、一年通して観光客も訪れてサイクリングなんかを楽しんでいます。
20180704tinka02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上の画像とほぼ同じ場所から2014年3月、菜の花の時期に撮影したものです。普段の四万十川はこんなにおだやかに流れています。
20180704tinka03.jpg
OLYMPUS SZ-31MR

これも同じく3月に撮影したものになります。
20180704tinka04.jpg
OLYMPUS SZ-31MR

これは今年の1月に対岸から撮影したものです。観光客に人気の屋形船なんかもあります。
20180704tinnka08.jpg
OLYMPUS SZ-31MR

こんな状況で渡る人はいません、ですから通行止めの看板などなくガードマンもいません。
20180704tinka05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

こんな看板が...「増水時の遊泳は非常に危険!!」こんなとき泳ぐバカはいないと思います。
20180704tinka06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

濁流の四万十川、この地点から約3km上流に「佐田沈下橋(今成)橋」はあります。(山の奥)
20180704tinka07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

台風7号は温帯低気圧となりましたが、日本列島全体はまだまだ大荒れの天候となっています、被害に遭われた地域の皆様方にはお見舞い申し上げます。暴風域は無くなりましたが、湿った空気の影響で雨や雷雨となり、非常に激しく降る所があるようですので注意が必要です、気を付けてください。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年07月05日 04:01 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(8)

さゆうさんさん

こんにちは。
沈下橋は、四万十川の景観を代表する施設であり、流域には47橋存在します。その流域は沈下橋を含め、国の「重要文化的景観」に選定されています。

沈下橋には欄干がありません。これは洪水で橋が水中に没する(沈下する)ことを想定し、水の抵抗を受けにくくし、欄干があることで流木がひっかかり水の流れが悪くなることを防ぐためです。
つまり沈下橋は、洪水は頻繁に起こるものの自然を押さえつけるのではなく、あるがままの自然を受け入れ、折り合って生きていこうとする四万十川流域の人々の生活様式を象徴するものといえます。

今回の台風7号は北海道でも大雨をもたらしたと聞きます。釧路地方は大丈夫でしたか?
[ 2018/07/05 11:03 ] [ 編集 ]

訪問履歴から伺いましたさん

初めましてこんにちは。
昔は「台風銀座」とも呼ばれた高知県ですが、最近は台風の進路も少し違ってきているようです。
それでもやっぱり、毎年のように被害が出ています。

この橋は高知県のPRとして良く映像で流れています。ドラマですと、フジテレビ系列で2012年10月から放送された「遅咲きのヒマワリ」があります。この橋ではないですけど少し上流に「勝間沈下橋」があります、「釣りバカ日誌14・お遍路大パニック」のロケ地で、間寛平さん(高知県出身)がタクシー運転手として沈下橋と一緒に登場しています。
[ 2018/07/05 10:52 ] [ 編集 ]

さかやんさん

こんにちは。
普段であれば橋の上から水面まで4m程度でしょうか、夏になるとこどもたちが飛び込みますよ。
最近は年に3~4回程度このような状況となります。ですから、洪水のたびに流されてしまうような「手摺り」とか取っ払ってしまい、川の流れの勢いを受けないように工夫?されたものです。
でも、普段「手摺り」がないと渡るの怖いですよね。ちなみに、自動車教習所の生徒さんも路上教習でこの橋を渡ります。
[ 2018/07/05 10:46 ] [ 編集 ]

ピーちゃんこさん

こんにちは。
たしか高知県の年間降水量は全国トップクラスだったと思います。全国平均が約1700mmに対し倍以上の3600mmは降っています。
ですから、このように頻繁に四万十川が増水します。
だったら、「大きい沈下しない橋を造ればいいのに?」と思われると思いますが、いかんせん莫大な費用と期間がかかりますから、それと残念なことに高知県にはお金があまりありません。
ですので逆転の発想で、「沈めちゃえ」ということになりました。お金もあまりかかりませんので。

沈下橋は見に来れれるのであれば、GW中はお勧めしません、人いっぱいですので。
それと、この沈下橋は、ドラマ「遅咲きのヒマワリ」のロケ地となっていますよ。
[ 2018/07/05 10:43 ] [ 編集 ]

おはようございます。
沈下橋が沈下した様子を初めて見せて頂きその様子を知ることが出来ました。
これは先人の知恵ですねー。
という事は、毎年のように増水するんでしょうねー。
驚きました。半端でない増水なものでね。
紹介ありがとうございます。
[ 2018/07/05 09:44 ] [ 編集 ]

はじめまして

おはようございます
訪問履歴から伺いました

高知県は台風シーズンになると
ほぼ毎回のように暴風域に突入して
被害もかなり出ますよね。。

この沈下橋・・・
以前にテレビで見た記憶が…
場所は違っているかもしれませんが
増水した際に水の流れを関止めしない策からでしょうか・・?
[ 2018/07/05 08:52 ] [ 編集 ]

沈下橋の沈下を初めて見ました

こんにちは。
沈下するとこうなるんですね。初めて見ました。ありがとうごさいます。
あれだけ、余裕のある高さなのに橋が沈下するというのは滅多にないのでしょうか。それとも結構な回数があるからこのような形状の橋になっているのか興味があるところです。
[ 2018/07/05 08:39 ] [ 編集 ]

おはようございます。
沈下橋を見た事がありません。
高知県は、雨が多いので沈下橋があるのでしょうか?
それにしても不思議な橋ですね。
[ 2018/07/05 04:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/85-c327b677