2021年04月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年06月














四万十川の風景...岩間沈下橋が全面復旧

空の青を映しながら滔々と流れ下る日本最後の清流と呼ばれる四万十川...その四万十川には地域の生活を支える重要な道路に架かる沈下橋があります。
20210410iwama01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


その沈下橋は四万十川の本川、支流を合わせ47橋あると言われます。
20210410iwama03.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


高知新聞(2021年4月14日付け)によりますと【四万十川2沈下橋全面復旧】
老朽化で長く通行止めが続いていた四万十市西土佐地域の四万十川沈下橋、岩間沈下橋(同市西土佐岩間)は3年5カ月ぶりにゴールデンウイーク(GW)初日の29日に全面復旧する。同日開通式が行われ、一般車両が通行可能となる。
1966年建設の岩間沈下橋は、長さ120メートル、幅3.5メートル。17年11月に橋脚の1本が1メートルほど沈み、橋桁がV字形に折れ曲がった。橋桁修繕後の20年3月、新たに橋脚の損傷が見つかり、補強していた。総事業費は約2億5千万円
20210410iwama02.jpg
iPhoneSE1


この岩間(いわま)沈下橋のことについては当ブログで幾度か記事にしました。3年5カ月ぶりに全面復旧とはえらく時間が掛かりました...


橋げたがV字形にペッキッと折れているのが分かりますか(2018年1月9日撮影)
20210410iwama04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


同(2017年11月20日撮影)
20210410iwama09.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


工事中、橋げた撤去(2018年8月webより拝借)
20210410iwama10.jpg


橋げたと橋脚撤去完了(2018年10月13日撮影)
20210410iwama05.jpgPENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

新しい橋桁の架設(2020年2月webより拝借)
20210410iwama12.jpg


完成(2021年4月10日撮影)
20210410iwama06.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

(3番目は旧ブログの記事となります。見たい方はパスワードを入力してください。PS→hage1117)


この沈下橋に限ったことではありません、 四万十川や仁淀川などに架かる沈下橋はそのほとんどが老朽化が進み、橋脚が腐食したり、大雨による増水で橋桁が流されたりするケースが多々あります。橋を管理する市町村は財政難の中、修復等どうするか頭を悩ませているところです。


橋を見渡せる休憩所「四万十茶屋」の駐車場には三山ひろしさんの「四万十川」という曲の歌碑が。
20210410iwama07.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

♪曲がりくねった 四万十だから 生きる姿をおしえてる

♪渕があろうと 早瀬があろと 夢をみちづれ 木の葉船

♪波に濡らされ しぶきに打たれ 海をめざして 明日へ漕ぐ

20210410iwama08.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


まっ何はともあれ全面復旧おめでとうございます<(_ _)>。
何年後かにはまた同じような事が起きると思いますけどね...


★四万十川の沈下橋について★
高知県と四万十川総合保全機構では、沈下橋が生活・文化・景観・親水等に重要な役割を担っていることから、平成10年7月に「防災上、維持管理上支障のない沈下橋は保全を基本とし、生活道に加え生活文化遺産として後世に引き継ぐ」とした、「四万十川沈下橋保全方針(平成10年7月16日から平成18年3月)」を策定し、四万十川本流の21橋、支流の26橋、合計47橋を重点的に保存・維持管理してきました。
さらに、平成21年2月に四万十川流域全体が国の重要文化的景観に選定され、多くの沈下橋が景観をかたちづくるうえで、重要なものと位置図けられています。


  
↑↑とりあえず参加中
[ 2021年04月17日 11:00 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(6)

呑兵衛あなさん

そのうち橋脚がぺキぺキ折れてしまい、「こうなったらデカい新しい橋を架けるぞ!」ということにはなりませんね。
特に必要もないし...
[ 2021/04/20 10:30 ] [ 編集 ]

いぬふりゃ☆さん

こんにちは。
アカメはこの沈下橋のずーと下流の河口付近に生息しているようです。
ボクは”生”を見たことありません...

東備地方なら目と鼻の先じゃありませんか、高速乗って5時間位でしょうかね?
是非一度お越しくださいませ( ^^)ノノ
[ 2021/04/20 10:22 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

工事そのものは大した事なかったと聞きました。
でも、資金繰りが...
[ 2021/04/20 10:10 ] [ 編集 ]

相変わらず良い景色ですね。
こればかりは、復旧で十分ですね。
復興なんてことでプレミア付けられたら困ります
[ 2021/04/17 16:09 ] [ 編集 ]

こんにちは。

いやぁ~これは…拝見していてしみじみ思うのですけれど四万十川はほんと綺麗ですね。
四国って対岸のこちら(東備地方)から眺める事は出来ますがその土を踏んだことが有りません。
自分の釣りの先輩がアカメを釣るために高知県まで遠征し、
TVの取材も受けていましたが僕は連れて行ってもらえなかったという(笑)
(ちゃんと彼は本命のアカメを釣り上げた様です)
そういう事も有りまして其方の地方は是非一度訪れたく思っています。
僕はただ風景を愛でるだけでしょうけれど…。

沈下橋も復旧された様で何よりです。良い風景ですよね。
以前住んでいた奈良と京都の県境近くを流れる木津川にも同じ様な橋がありましたが、
何だか格が違う様に感じます。四万十川は別格に見えます。(#^^#)

[ 2021/04/17 15:41 ] [ 編集 ]

これは修復するの大変だったと思います。
沈下橋の景色は素晴らしいですもんね(^^)/
[ 2021/04/17 12:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/809-a14e306c