2021年04月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年06月














トンボ公園春の風物詩、オオイトトンボの産卵風景

青空が広がった日曜日の午後、自宅から車で10分の所にある「トンボ公園」に来ています。休日とあって親子連れが多く「まだあんまりトンボ飛んでないね」とかいいながら散策を楽しんでいます。
20210411ooitotonbo01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


公園内の真ん中を流れるこの小さな水路は先日「タベサナエの羽化」を観察したところです。今時分になりますと、「トンボ公園春の風物詩」と言われる「オオイトトンボの産卵風景」が見られるようになります。
20210411ooitotonbo02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


このカラフルでオシャレなトンボがオオイトトンボ(♂)です。
20210411ooitotonbo03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


○イトトンボ科クロイトトンボ属オオイトトンボ(Cercion sieboldii)
名前を聞くと、かなりでかいイトトンボかと思いますが実はそんなに大きくありません、4cm程でしょうか。ただ、よく同じ池に生息するクロイトトンボなどと比較すると大きく感じます。
平地から山間の水草の多い池沼のほか水田や休耕田で4月頃から見られます。♂は鮮やかな淡青色の地に黒条があり、水面上の植物にとまりながら縄張り活動をします。♀の地色は普通、黄緑色ですが、淡青色の個体も見られるようです。


産卵の準備です。(左が♀で右が♂)
20210411ooitotonbo04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


このトンボは水生植物の葉っぱの裏や茎に卵を産み付けます。
20210411ooitotonbo05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


♀は水面下にしっぽを差し込みます。その間♂は♀の頭をしっかりと押さえ、♀が溺れないように?と手助けをしているように見えます。愛を感じますね d( ̄  ̄)
20210411ooitotonbo06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


それを横で見守るクロイトトンボ(左)
20210411ooitotonbo07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


産卵を終え、くつろぐオオイトトンボ(♂)
20210411ooitotonbo09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


1匹のトンボは一般的に一生で3,000個から5,000個のタマゴを生むようです。タマゴは他の生き物に食べられたり、都合の悪い場所に流されたりして孵化(ふか)するのは数%だけです。孵化したあとも補食されたり事故死したりして羽化出来るのはその数%だけ。さらに羽化して成熟出来るのはその数%になります。例えば3,000個のタマゴから成熟し交尾・産卵が出来る状態になるのは10匹以下だそうです。
20210411ooitotonbo08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この産卵風景は5月にピークを向かえます。




   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年04月13日 17:50 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/805-9b2d5ea4