2020年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年11月














のしを付けてお届けいたします。

朝晩だいぶ過ごしやすくなり、いよいよ赤トンボ(トンボ科アカネ属)の本格的な季節到来という感じがしてきた今日この頃。


赤というか赤焦げ茶色に近いこの赤トンボはノシメトンボ(♂)だと思います。
20200913nosime01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇トンボ科 アカネ属 ノシメトンボ(Sympetrum infuscatum)
全国どこでも見られる赤トンボ。アカネ属の中では一番個体数が多い種かもしれません。秋にアキアカネが平地に戻ってくると、勢力を2分する感じで池や田畑でたくさん見られます。腹部の黒斑が熨斗目(のしめ)模様に似ていることから、この名がつきました。翅の黒斑が独特です。赤トンボと呼ばれますが、何時までたっても赤くはなりません、どちらかと言えば、”赤焦げ茶色”になります。6月頃から羽化し、11月後半まで見られますよ。
20200913nosime02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ということで、今回は特別に熨斗(のし)をつけてお届けしたいと思います。
20200913nosime04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


涼しくなり、さわやかな秋の始まりですが、風邪など召されませぬようご自愛ください。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月18日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/680-d42f5c2f