2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














いつもと変わらない夏に...ウスバキトンボ

とても湿度の高い雨上がりの夕方4時過ぎ、これから虫を探しにこの草むらに入って行きたいと思います。
20200711usubaki03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


いました、1匹のトンボが羽を休めています。


〇トンボ科 ウスバキトンボ属 ウスバキトンボ(Pantala flavescens)
アカトンボに似ていますが、やや大きくて、翅の幅が広めのくすんだ黄色~赤褐色のトンボとなります。
全世界の熱帯・亜熱帯で見られ、日本には初夏の頃に南国からやって来てどんどん北に向かって分布を広げます、冬は越せずに死んでしまいます。ただし、沖縄の八重山諸島では幼虫での越冬が確認されています。
旧盆のころに目立って増えることから俗に「盆とんぼ」とか、死者の生まれ変わりの「精霊とんぼ」などとも呼ばれています。
20200711usubaki01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


高校野球の夏の甲子園大会で、おびただしい数の「赤とんぼ」の乱舞が話題になったことがあります。アナウンサーが「アキアカネが飛んでいます」という実況が時々ありますが、赤トンボじゃなくて、たいていはこの「ウスバキトンボ」です。
20200711usubaki02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


今年は夏の甲子園も「新型コロナウイルス」の影響で中止となりましたが、「2020年甲子園高校野球交流試合」と名前を変えて各校1試合ずつ行うようですね。(8月10日~8月17日)


栄冠は君に輝く


球児の汗と涙と笑顔と青空を飛ぶウスバキトンボ、いつもと変わらない夏になってもらいたいものです。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年07月18日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/617-0eab979b