2020年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年01月














臼碆埼灯台と臼碆埼沖臼照射灯

四国最南端の地、足摺岬から西に約8.5km、臼碆(ウスバエ)埼の突端に立つ「白亜の小型灯台」に行ってきたので報告いたします。

先日記事にしました↓神社のすぐ近くです。
黒潮渦巻く太平洋、『龍(竜)宮神社』に行ってみた(前編)[2020年05月17日]


文章と写真が下手なくせに長い記事となりました...ですので、どうか広い心でお読みください <(_ _)>



右側の花崗岩が切り立った崖の上に見えるのが「臼碆(ウスバエ)埼灯台」。中央やや下に見える赤い鳥居が「龍(竜)宮神社」。
20200502usubaetoudai15.jpgPENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


高知県道27号(通称、ジョン万・黒潮ロード)沿いにちょっとした広場あり看板があります。そこが灯台へ向かう通路の入り口となります。 
20200502usubaetoudai02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


コンクリートで整備された通路はウバメガシ、ヤブツバキの樹海トンネル。マイナスイオンを浴びながら5分ほど歩きます。こういうところ大好き v(^^)v
20200502usubaetoudai03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


視界が開け突如姿を現した白亜の「臼碆埼灯台」と「臼碆埼沖臼照射灯
20200502usubaetoudai04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


右の塔が「臼碆埼灯台」、左の四角い建物が機械室?と「臼碆埼沖臼照射灯
20200502usubaetoudai05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


☆臼碆埼灯台 Usubaesaki (高知県) 32°43.9′N 132°57.9′E
 塗色構造:白塔形
 灯  質:群閃白光毎10秒に2閃光(Fl(2) W 10s)
 光達距離:12海里(22.2km)
 塔  高:9.6m(地上より)
 灯  高:51m(海面より)
 初 点 灯:昭和36年3月31日(1961年)

管轄:海上保安庁 第五管区海上保安本部 高知海上保安部 土佐清水海上保安署
20200502usubaetoudai13.jpgPENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


当然ですが中には入れません。
20200502usubaetoudai06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


なんかもの凄く歪んで見えるのは気のせいかしら...(普通のレンズで普通に撮ればよかった)


外壁は23mm角?のホワイトモザイクタイル。
20200502usubaetoudai07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


初点記念銘板
東京タワーより3年程遅いですかね。
20200502usubaetoudai08.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


灯器は不動レンズ
不動レンズは回転しないで、ランプを点けたり消したりして閃光などを作り、水平方向に光を出します。
ここで発せられた閃光が22.2km沖合の船舶から確認できる。
20200502usubaetoudai09.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)



☆臼碆埼沖臼照射灯 Usubaesaki (高知県)
四角い建物(2F部分)
非常に残念なことに、照射窓が写ってませんし灯器も見えません (_ _lll)
20200502usubaetoudai10.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


照射灯は、暗礁や防波堤の先などを強い光で照らして、船に危険な場所を知らせます。

臼碆埼沖臼照射灯は、210m沖にある海流が渦巻く様子が観察できるという沖臼を照らします。

灯台(照射灯)と沖臼
ちょうど渡船が着こうとしているのが「沖臼」だと思います。
20200502usubaetoudai14.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


左の岩が沖臼。小さくて良く分かりませんが釣り客が何人かいます。
20200502usubaetoudai11.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)


長い記事のわりには、なんか「普通の灯台」でした.....(--,)



以上、黒潮よせる四国最南端、足摺半島の西「臼碆埼灯台・照射灯」よりお伝えしました。
20200502usubaetoudai01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF (HDR撮影)

参考サイト↓


おわり。

   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年05月22日 04:00 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(2)

ピーちゃんこさん

こんにちは。
四国遍路の記事拝見いたしました。
羨ましいかぎりですね。

室戸の最御崎寺のあるところは嫁さんの出里のすぐ近くなんですよ。
こんど行く事があれば写真撮ってきますね。

明日の記事は足摺岬の金剛福寺でちょっとした出来事があったので
それをお伝えしたいと思います。
[ 2020/05/22 17:54 ] [ 編集 ]

おはようございます。
今年、四国巡礼の旅に出て、室戸岬と足摺岬へ行きました。
場所は、違っても高知の灯台となると懐かしく思います。
[ 2020/05/22 05:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/562-b8372716