2019年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年11月














局地戦闘機「紫電改」

こう毎日雨が続きますと、何処にも行けません、行く気にもなりません。日の出の写真もトンボの写真も何んにもありません...。


なので、今回は以前撮影したものを掲載いたします。長くなりますので暇なら見てね <(_ _)>


この日ボクは、四国の「ビックリゾート」と呼ばれる「南予レクリエーション都市」の一つ、愛媛県南宇和郡愛南町御荘というところに来ています。ここには旧大日本帝国海軍の戦闘機が展示されている「紫電改展示館」があります d( ̄  ̄)


それでは早速ご覧ください<(_ _)>


局地戦闘機「紫電改」....?
20190907sidenkai01.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


間違えた (^_^;)アセアセ...


こちらが本物の「紫電改」です。入場料無料v(^^)v
20190907sidenkai02.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


この「紫電改」は(本物の方)昭和53年11月、愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底40mに原型のまま沈んでいるのが地元ダイバーによって発見され、翌年7月14日実に34年ぶりに引き揚げられました。
20190907sidenkai04.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍のもっとも優れた戦闘機だったと言われています。現存する、日本で唯一の機です。
20190907sidenkai05.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この機は、松山に基地があった343航空隊に所属し、昭和20年7月24日に大村基地を飛び立ち、豊後水道上空で発生した米軍機との戦闘で未帰還機6機のうちの1機といわれています。
20190907sidenkai06.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

土佐沖に進攻してきた米機動部隊から戦爆連合約500機が呉・広島方面に来襲、これを迎撃するため鴛淵大尉率いる紫電改21機が大村基地から発進しました。宇和島上空で三倍の敵と交戦し、わずか10分足らずで16機を撃墜しましたが、紫電改も6機が未帰還となったそうです。
20190907sidenkai11.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

コックピット...
20190907sidenkai03.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


また間違えた (--,) 100円入れたら乗れるそうですd( ̄  ̄)


機体には弾痕があるそうです。弾は操縦席斜め左前下方から入り、操縦席あたりを貫通して右斜め後方へ抜けているそうです。
20190907sidenkai07.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

発動機 名称:誉21型(離昇2000HP) 形式:空複星18
20190907sidenkai08.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

推力式単排気管
20190907sidenkai09.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


紫電改の生産機数は415機、実動期間は昭和20年3月から8月までのわずか4ヶ月間でした。製造は「川西航空機(現在の新明和工業)」
20190907sidenkai10.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


どうしてもこれが気になる...「ファントム改?」
20190907sidenkai12.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ファントム改は正面入り口右側に展示しています。(自販機の横)
20190907sidenkai15.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


紫電改の碑。ここから、紫電改が見つかった久良湾を望むことができます。
20190907sidenkai13.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


以上です <(_ _)>


雨なんで、紫電改について少しお勉強してみました。
20190907sidenkai14.jpg
iPhoneSE


よっぽど暇なんですね...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年09月08日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(4)

yokoblueplanetさん

詳細な情報ありがとうございました。
飛行隊員の姿なんですね、わりと近場なんでまた今度行ってみたいと思います。
[ 2019/09/09 14:25 ] [ 編集 ]

飛行隊員の格好をしてます!

こんばんは。
お孫さんのいる若いおじいさんです、そして飛行隊員の制服を身につけて勤務されてますよ。
零戦は複製も含めてかなりありますね>>https://en.wikipedia.org/wiki/Mitsubishi_A6M_Zero#Surviving_aircraft
鹿児島には複製ですが、飛べる機体があるようですよ。>>Replica – Owned by businessman Masahide Ishizuka in Kanoya, Kagoshima. Airworthy, with a Pratt & Whitney R-1830 engine
2016年にも飛行しているようですね。
紫電改は3機がアメリカですね>>https://en.wikipedia.org/wiki/Kawanishi_N1K#Surviving_aircraft
でも "airworthy" とは明記されていないので、飛行可能なのかどうかはウィキからは分かりません。四国の1機が一番のオリジナルのようです。
[ 2019/09/09 12:58 ] [ 編集 ]

yokoblueplanetさん

こんにちは。
ボクが行ったときには、30代位の若い方がおいでになりました。
この方ではないようですね。
アメリカには現存する唯一飛行可能なゼロ戦が展示してあるようですね。
映画パールハーバー、トラ・トラ・トラでは見ましたが
実物を見てみたいものです。
[ 2019/09/08 21:25 ] [ 編集 ]

名物管長さんは?!

こんにちは。
管長はおられませんでしたか?
そろそろプールの仕事も終わり、紫電改の方に詰められる頃だと思いますが。。。
まだ訪問した事はありませんが、ブログでこの紫電改、良く拝見してました。
アメリカにも一機、あるそうです。(友人からの情報)
[ 2019/09/08 09:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/484-620dabb0