2019年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年11月














放置が続く沈下橋

四国最長河川であり日本最後の清流と呼ばれる「四万十川」には支流を含め47の「沈下橋」があると言います。その中の一つに「岩間大橋(通称:岩間沈下橋)」という大変人気のあった沈下橋があります。

沈下橋...分かりますか?なんか変ですね??
20190903tinkahasi01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


平成29年11月、橋の老朽化に伴い、橋桁を支える橋脚が部分的に”座屈による沈下”を起こし橋の機能を維持できなくなりました。


国の重要文化的景観(建設年月日:昭和41年 全長:120.0m 幅員:3.5m)
20190903tinkahasi02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR




これでは通りたくても通れません...。
20190904tinkahasi03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


この沈下橋に限ったことではありません、 四万十川や仁淀川などに架かる沈下橋はそのほとんどが老朽化が進み、橋脚が腐食したり、大雨による増水で橋桁が流されたりするケースが多々あります。橋を管理する市町村は財政難の中、修復等どうするか頭を悩ませているところです。
20190903tinkahasi04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


四万十川の景観も大事だと思いますが、地域の生活を支える重要な道路インフラでもあります、これほど長く(1年10ヶ月)放置するとは.....。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年09月07日 04:01 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(10)

ひまわりさん

こんにちは。
クラウドファンディングによる資金集めは既に実施中。
今まさに「沈下橋を守れ」と官民足並みそろえ奮闘中!
です。
[ 2019/09/09 14:18 ] [ 編集 ]

おはようございます。

予算不足ならクラウドファンディングとか利用すればいいのですけどね。

無理なのかな?劣化で再生が難しいのかな?

地元民はもちろん、この景観を残したいと思う人は全国にたくさんいると思うので、個人&民間会社などの出資者を募ればそこそこの資金は集まるとは思いますけどね。

そうすることによって出資した人が見に来たり、出資した会社のPR&宣伝にもなるし、うまくゆけば観光財源にもなりうるとは思うのは素人考えではですかね~。
[ 2019/09/09 09:23 ] [ 編集 ]

カワイさん

こんにちは。
1年と10ヶ月放置しています。
この橋に限ったことではありませんが、必要だから沈下橋があるわけで、機能しなくなったら周辺地域のライフラインは崩壊してしまいます...。
早く何とかしてもらいたいですね。
[ 2019/09/08 06:46 ] [ 編集 ]

@我楽多さん

初めまして、こんにちは。
国の重要文化的景観ということで、国、県から多少の補助金があるようですが、実際事業を行うのは管理者である自治体となります。財政難の故、どうにもならないのが現実ではないでしょうか...。
[ 2019/09/08 06:44 ] [ 編集 ]

呑兵衛あなさん

おっしゃる通りだと思います。
今回の件は、洪水や地震で起きたものではなく、ある日突然ペキッと折れました。
災害枠の補正予算に組み入れなかったのではないでしょうか。
それにしても.....ですね。
[ 2019/09/08 06:43 ] [ 編集 ]

風子さん

橋梁等河川構造物を設計する場合、「河川法」というものを遵守しなければなりません。
そうなると、現在の沈下橋の橋桁より10m~20m高い位置に橋桁を設置することとなり、莫大な費用が必要となります。

これは、比較的規模の大きい河川の場合、50年から100年に1度起こる洪水を想定しています。この時の計画高水位以上に橋桁を設置し、その下を水が流れる”抜水橋”として計画するのが河川法に定められた橋の設置基準です。ちなみに、堤防は1/100年で設計されています。


本来、「沈下橋」というものは、「洪水が起きたとき沈んでしまっても構わない、その代わり、頑丈に造って流されないような橋にする」という発想から生まれた”潜水橋”です。明治5年に制定された「旧河川法」で特例として定められていました。

しかし、長年潜水を繰り返していたら壊れるのは当たり前、壊れても低予算で直せるのが沈下橋なのです。


法には抜け道?というものがありまして、新河川法(昭和39年制定)には「防災上、維持管理上支障のない沈下橋は保全を基本とし、生活道に加え生活文化遺産として後世に引き継ぐこと」と書かれています。

このことで、沈下橋は今まで生き延びて来た訳ですが、50年後にはその殆どの姿が見えなくなるかもわかりません...。
[ 2019/09/08 06:41 ] [ 編集 ]

こんばんは。
最近情報を目にしていませんでしたが、まだ復旧していなかった
のですね。驚きました。
壊れても低予算で直せるのが沈下橋の良さだったはずですが、過疎が
進むと簡単ではなくなるというのがよく分かりました。
[ 2019/09/07 21:58 ] [ 編集 ]

初めまして・・・
岩間の沈下橋は10年ほど前に四国南西部の林道ツーリングへ行った際に、五十崎のキャンプ場で泊まった帰りに寄りました・・・
国の重要文化的景観に成って居るのに壊れてもそのままと言うのは国も無責任ですねぇ~・・・
こう言う景観を後世に伝える為に指定されたはず何ですが・・・
[ 2019/09/07 16:33 ] [ 編集 ]

北海道の被災地などでも、サッパリ復旧作業が進んでいない事を昨日のテレビで知りました。
軍備に掛ける税金はあっても、インフラには回らないのでしょうね。
消費税率が上がったところで、無駄に使うのでしょうね。
使い道に苦慮するのなら、借金を返せばよかろうと思うのですが
[ 2019/09/07 11:07 ] [ 編集 ]

なんとも残念

(((ʘ ʘ;)))「四万十川」には支流を含め47の「沈下橋」ですかぁ❢
美しい、最後の清流なのに……。
なんとか予算を確保して欲しいものです。
で……M字さんの出番。
頑強な橋梁を設計して、その名を世に残して下されぇ!(笑)
[ 2019/09/07 10:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/482-db4ae336