2019年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年09月














逆立ちすれば涼しくなるの?

トンボは、「暑ければ暑いほど過ごしやすいに違いない!」って思っている人も多いと思いますが、トンボだって暑い時は暑いのですd( ̄  ̄)


皆さんも1度や2度、トンボが”逆立ち”している姿を見たことありますよね ( ¨)?


マユタテアカネのまだ若い(♂)だと思います。 逆立ちと言うか、少し尻尾を揚げた程度ですが...。
20190808mayutate01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ところで、なぜ逆立ちをするの (*′☉.̫☉)
20190808mayutate02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


[マユ]
普通に止まっているときよりも、逆立ちしているときの方が太陽が当たる場所(面積)が少ないでしょ。そうするとちょっとは涼しいじゃん v(^^)v

[M字]
だったら最初から日陰に止まればいいと思いますけど... 違うの (・_・?)

[マユ]
.......アッ、その手があったか w(><)w

20190808mayutate03.jpg


〇トンボ科 アカネ属 マユタテアカネ(Sympetrum eroticum eroticum)
アカネ属ですから、いわゆる”赤とんぼ”と呼ばれる一種です。顔面に鼻の穴をでかくしたような黒い眉斑があることからマユタテアカネと名がつきました。マイコアカネヒメアカネに似ていますが、顔面の眉斑で区別がつきます。(♂)は成熟すると枝先に止まり縄張りをはります。腹部は成熟するにつれ、真っ赤になります。(♀)は腹部が真っ赤になるものと、橙色をしたものとに、そして羽の先に褐色斑があるものと、ないものとのにわかれます。
北海道から南西諸島の一部の島まで生息しており、6月中旬から12月初めころまで見られます。おもに平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する池沼や湿地、溝川などに生息します。
20190808mayutate05.jpgPENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


昔撮ったものになりますが、もう少し大人になって本気を出せばこうなります。
20190808mayutate04.jpg
PENTAX K30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR (2015/9/13撮影)


トンボはどういう訳か、近くに日陰があるのに直射日光がガンガン射す日向に止まって休んでいることが多いですね。日陰でゆっくり涼しく休めばいいのにと思いますが....その理由はトンボさんに聞いてみないと分からないそうです d( ̄  ̄)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年08月11日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(2)

風子さん

トンボの翅の幾何学模様(多角形の集合)をボロノイと言います。キリンの模様なんかもそうです。
このボロノイ構造は翅の強度を上げたり体液を効率よく翅全体に張り巡らせる役割があるそうです。
4枚の翅を駆使して、急上昇、急降下、ホバリング、ちょっとだけならバックも出来るのは、この、実に美しい数学的模様のボロノイ構造があるからだと研究者は考えています。
キリンの模様は何故でしょう?

大人の粘土遊び?クレイアート、もう何十年も粘土は触ったことありません。手先が器用なんですね。ぜひ作品をアップしてください( ^^)ノ
[ 2019/08/12 05:33 ] [ 編集 ]

美しい❢

へぇ……『本気の赤』は異種のトンボに観えますよねぇ。
トンボは前半分に重量があるから、逆立ちスタイルの方が
エネルギーのエコになるとか‥‥な、わけないかぁ?(笑)
なんとも羽の美しいこと。

クマゼミの亡骸から羽をいただき、
クレイアート(樹脂粘土創作)で妖精の翼に利用しました。
透明で精密な羽はクレイでは制作不可能ですから、
とっても良かったです。
[ 2019/08/11 06:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/458-57de9a6f