2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














深山の渓流で”せせらぎ”を聞きながら

未だ”梅雨入り宣言”されていない高知県四万十地方は不安定なお天気で蒸し暑い日が続いています。そんな中、1年ぶりに山奥の渓流にトンボの姿を見に来ています。山奥なんで涼しいかな?と思ってましたが、やっぱり湿度が高く蒸し暑い...。
20190623miyamakawa01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


渓流の浅瀬の石の上では、せせらぎを聞きながら1匹のカワトンボが涼しげにのんびりと翅を休めている姿がありました。

ミヤマ(深山)カワトンボ(♂)
20190623miyamakawa02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

〇カワトンボ科 アオハダトンボ属 ミヤマカワトンボ(Calopteryx cornelia)
世界でも屈指の大きさを誇るカワトンボ、日本のカワトンボの中では最大の大きさで体長は6~8cm程度あり飛んでいる姿はダイナミックさを感じさせます。(♂)は翅が全体的に淡褐色に透けており、後翅の先の方にやや濃い褐色帯があります。腹部が青味がかった金属光沢色をしていてとてもキレイですよ。
丘陵地や山地の渓流に生息してます。他のカワトンボも生息しているところでは、かなり威圧感がある大きさのトンボです。北海道から九州まで広く分布しており、5月上旬から9月末ころまで見られます。
20190623miyamakawa03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

葉っぱの上で、網の目のような翅脈(シミャク)がとても奇麗です d( ̄◇ ̄)b
20190623miyamakawa04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


こんな蒸し暑い日は、水分補給をお忘れなく d( ̄  ̄)
20190623miyamakawa05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


それにしても四国地方の梅雨入りはいつ....?


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月23日 12:00 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/410-c58acbdc