2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














朝の準備運動

スイレンの花が見頃を迎えつつあるトンボ公園の朝9時前、非常に小さなイトトンボがピンクのスイレンの花びら?に止まり、くつろいでいるのかまだ寝てるのか?そんな姿がありました。


コフキヒメイトトンボ(♂)でしょうか、名前のとおり背中に白っぽい粉を吹いています。
20190608kofuki01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


○イトトンボ科 ヒメイトトンボ属 コフキヒメイトトンボ(Agriocnemis femina oryzae)
体長約2cmの日本最小クラスのイトトンボ。(♂)は成熟すると白い粉をまとうので“粉吹き(コフキ)”と命名されました。体色変化が大きく成熟と未成熟では違う種類のトンボかと思うほどです。背丈の低い水生植物が繁茂する日当たりのよい湿地、小川、水路等で見かけます。本州(山口県)、四国南部、九州で確認されています。


そんなコフキヒメイトトンボ君が「今日も1日頑張ろう~!」と元気に朝の”準備運動”?を始めました。
20190608kofuki02gif.gif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


朝ということもあって準備運動のように見えますが、いったい彼は何をしているのでしょうか (∵)?


おわり。


コフキヒメイトトンボの関連記事はこちら↓(当ブログ)

   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月10日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/401-37cf2f6f