2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














早朝のトンボ撮り

歳をとると何故か朝早くに目が覚めてしまいます...この日も午前3時起床、コーヒーを飲みながら皆様のブログを一通り拝見いたします。

東の空が白むころ、背伸びをすると.....

天井にブラ~ンとぶら下がっているヤンマ?がいるではありませんか w(゚o゚)w
20190603koyama01.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 

何故こんなところに?昨夜は小雨が降っていたので窓は閉めっぱなし...

とりあえず、捕まえてモデルになってもらいましょう d( ̄  ̄)

コヤマトンボ(♀)だと思います。
20190603koyama02.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 

○エゾトンボ科  コヤマトンボ属  コヤマトンボ(Macromia amphigena)
体長70~77mm、あざやかな緑色の複眼が印象的なトンボ。(♂)は腹部の先が少しふくれており、黄色のしま模様は(♀)の方がよりはっきりしています。1匹でいることが多く小川や農道を低空飛行で行ったり来たりしている姿をよく見かけます。 
20190603koyama03.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 

おもに平地の低山地の流水域に生息し、成虫は4月下旬から出現し7月末ころまで見られます。本州・四国・九州・南西諸島の一部に分布しています。
20190603koyama04.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 


グリーンに輝く複眼がとてもいい感じ、直射日光のもとで見るともっときれいでしょうね。
20190603koyama05.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 

そろそろお別れの時間となりました。
20190603koyama06.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 

翅をブルブル震わせ、勢いよく青空に向かって飛び立ちました。またフィールドで会いましょう ( ^^)ノノ
20190603koyama07.jpg
OLYMPUS TOUGH TG-620 


一晩中ここで寝てたのかしら、不思議...(◎_◎)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月04日 04:01 ] トンボ エゾトンボ科 | TB(0) | CM(4)

リキさん

初めましてこんにちは。
エメラルドグリーンに輝く複眼、はっきりとした黄色と黒色の縞模様を持つヤンマ系のトンボ。
小さいころお母ちゃんが取り逃がしたオニヤンマがどうしても欲しくて網を持ったのが50年前のお話...
未だにトンボの追っかけをしています。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2019/06/05 17:36 ] [ 編集 ]

初コメントです。
いつも楽しく拝見しています。
子どものころから,ヤンマの仲間の緑の目が大好きでした。
世の中に,こんな美しい色があるのかと,いつも見入っていました。
でも,死んでしまうと目の色が変わってしまうのが残念でなりませんでした。
あの,子どものころの感覚を思い出しました。
[ 2019/06/04 21:58 ] [ 編集 ]

ピーちゃんこさん

こんにちは。
トンボが空中でホバリングするのと、ヘリコプターが空中でホバリングするのは、原理的に同じだそうです、動き似てますもんね。
ヘリコプターの研究は遠く紀元前の中国の”竹トンボ”から始まったと言われています。
だからヘリコプターを連想する人が多いのでしょうd( ̄  ̄)
[ 2019/06/04 11:49 ] [ 編集 ]

おはようございます。
大きなトンボですね。
トンボを見るとヘリコプターを思い出すのは、私だけでしょうか?
[ 2019/06/04 05:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/395-7612cc49