2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














半鐘

太平洋から今日も穏やかに打ち寄せる波...
20190602hannsyou01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

いつも日の出を見る四万十川河口にある小さな港町にはちょっと変わった建物があります。四方を見渡せるその屋上階には「半鐘」が設置されています。
20190602hannsyou02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

半鐘(ハンショウ)とは
青銅、鉄などでできた小型の釣り鐘。火の見やぐらや、はしご付きの高い柱の上に設置され、火事などの際に槌(つち)でたたいて音を出し、住民に危険を知らせたり、消防団を招集したりした。江戸時代から昭和初期にかけて集落ごとに設けられたが、サイレンや防災無線の整備に伴い、役目を終えて姿を消しつつある。東日本大震災などをきっかけに防災への関心が高まる中、半鐘を復活させたり、モニュメントとして保存したりする動きもある。
20190602hannsyou08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF
 

ちょっと変わった建物とは「津波避難タワー」です。
20190602hannsyou03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

平成24年3月31日に内閣府が公表した「南海トラフの巨大地震による震度分布・津波高について」によりますと、この地区では最大震度7が発生した場合、最大津波高10~15mと想定されています。
20190602hannsyou04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

鉄骨構造3階建(溶融亜鉛鍍金仕上) 屋上床面積 119.6m2(収容120人)
20190602hannsyou05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

海抜(屋上部)TP=15.9m 地上高 7.7m タワー高 8.2m 
20190602hannsyou06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

火事の鎮火の際、半鐘が2点連打されますが、この2点連打を「おじゃん」といいます。転じて今までやって来た事が全て無駄になることを指し「おじゃんになる」というようになったという説もあるようです。


気象庁の定める予報警報標識規則における津波注意報及び津波警報標識は次のとおり。
20190602hannsyou07.jpg


消防車が通るとき、サイレンといっしょに「ウ~カンカンカン」という音を聞きますが、この「カンカンカン」という音が半鐘です。なるべく耳にしたくありません...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月03日 04:01 ] ある日の出来事 あれこれ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/394-c5a4f560