2020年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年09月














メタリックグリーンな背中

トンボの記事が多くなってきてますが、虫が苦手な方には大変ご迷惑をおかけしております <(_ _)>

さて、このトンボ、イトトンボとしては珍しく、翅を広げて休みます。

水草の葉っぱにつかまって休んでいるのは、まだ若いアオイトトンボ(♂)のようです。メタリックグリーンの背中が素敵ですね d(゚-^*)
20190513aoito101.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


全身金緑色で、(♂)は成熟するにつれ胸部に青白い粉がふいてきます。未成熟の時は濁った薄茶色の複眼ですが、しだいにブルーとなりとてもきれいな瞳になります。5~6月頃羽化した成虫は、池の周辺の林に移動し、林内の草地で暮らしています。9月頃になると生まれた池に戻り、生殖活動を行います。
北海道から九州まで広く生息しているトンボで、おもに平地や低山地の挺水植物が繁茂する池・沼・湿原の滞水などに生息しております。


まだ若いアオイトトンボ(♂)
20190513aoito102.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

こちらは↓まだ若い(♀)となります。(♂)にくらべ尻尾も太くがっしりしている印象です、きっと安産タイプなんでしょう d( ̄  ̄)
20190513aoito103.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


瞳がブルーに輝きだしたころまた、記事にしたいと思います。ちなみに、このアオイトトンボも"潜水産卵"が得意なようです。  


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年05月24日 04:01 ] トンボ アオイトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/377-dee1f1e8