川辺の住人

(昨日の続きとなります)

山奥にあるトンボ池でクロイトトンボの産卵を観察したあと、もうそろそろあのトンボが見られるんじゃないかと、少し脇道に入り渓流に向いますと、いました「川辺の住人」が。住人と言ってもトンボですがね。

日本のカワトンボの中では最大の大きさです。雄の翅は濃い褐色をしており、腹部は青味がかった金属光沢色をしていて、丘陵地や山地の渓流に生息してます。
20180429miyama02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

雌は雄ほど翅は濃くなく、薄い褐色に濃い褐色の帯が目立ちます。白い偽縁紋があります。腹部は雄ほど金属光沢は強くでてないです。
20180429miyama03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

生息環境
20180429miyama01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

川辺の住人は渓流の石の上で翅を休めているところを狙うのがポイントらしいですよ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月05日 04:01 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/24-cf18f8e6