2020年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年11月














長生沈下橋(ながおいちんかばし)

山また山に囲まれた高知県四万十市西土佐村の半家(ハゲ)と言う所の国道381号線を四万十川沿いに高知方面に走っておりますと、右手に見えてきたのが四万十川名物?「沈下橋

空が青い、四万十川も青い。
20181013nagaoi01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

カヌーやってます。いいな~気持ちよさそう。 
20181013nagaoi02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ちょっと車を止めて歩いて橋の近くまで行ってみます。20181013nagaoi04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

長生沈下橋(ながおいちんかばし)
建設年:昭和35(1960)年 橋長:120.0m 幅員:3.1m
20181013nagaoi03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

すれ違いはできませんが、もちろん車は通れます。生活道ですから。
20181013nagaoi05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ウエットスーツを着た男性3名、漁師さんには見えませんがいったい何をする人たちでしょうか (‥ )?
20181013nagaoi06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

聞いてみたら、何処かの大学の研究室の方々で「四万十川に住む生物の生息環境調査」をしているということでした。ご苦労様です <(_ _)>

車に戻り少し上流から。山が深い....。
20181013nagaoi07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

四万十川に架かる「沈下橋」は本流支流合わせて47橋あるそうです、長生沈下橋(ながおいちんかばし)は四万十川本流の河口から数えて7番目にある沈下橋です。
20181013nagaoi08.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

四万十川の沈下橋について d( ̄  ̄) 
高知県と四万十川総合保全機構では、沈下橋が生活・文化・景観・親水等に重要な役割を担っていることから、平成10年7月に「防災上、維持管理上支障のない沈下橋は保全を基本とし、生活道に加え生活文化遺産として後世に引き継ぐ」とした、「四万十川沈下橋保全方針(平成10年7月16日から平成18年3月)」を策定し、四万十川本流の21橋、支流の26橋、合計47橋を重点的に保存・維持管理してきました。
さらに、平成21年2月に四万十川流域全体が国の重要文化的景観に選定され、多くの沈下橋が景観をかたちづくるうえで、重要なものと位置図けられています。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年11月06日 04:01 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(6)

八咫烏(全力稼働中)さん

こんにちは。
ほんとになんにもありませんね。
この橋ではありませんが、もう少し下流に似たような沈下橋がありまして、恐ろしいことに自動車学校の路上教習のルートとなっていたことがあります。
幸い事故は無かったようですが...
参考→https://matome.naver.jp/odai/2142469299546404401
でも、年に何回かは県外の一般ドライバーの方が転落したという話は聞きます....。
[ 2018/11/06 18:25 ] [ 編集 ]

さゆうさんさん

こんにちは。
聞きなれた”沈下橋”という呼び名、地方によると”地獄橋”とか呼ばれているようです。欄干など何も無いので転落事故なんかが多かったのでしょう。
高知県の調べによりますと、全国の一級河川及びその支流には合計410橋あるようです。都道府県別で高知県が最も多く69橋、その中で四万十川流域にあるものが47橋となっています。
架設から半世紀以上経過したものが多く、関係自治体は維持修繕などに費用が嵩むため、悩まされているのが現状らしいです。
[ 2018/11/06 18:22 ] [ 編集 ]

旅姿さん

こんにちは、大変ご無沙汰いたしております。
5月頃がベストだと思いますので、ぜひお越しくださいませ v(^_^)v
トンボだけじゃなく”虫”も沢山おりますので。
地酒も旨いですよ、お待ちしています ( ^^)ノノ
[ 2018/11/06 18:19 ] [ 編集 ]

No title

沈下橋ですか。つい最近も、何かの本で読んだばかりだったので、見られて嬉しいです。しかし見事に何もない橋ですよね~。でもこれが考えられた末の姿だったと思うと、自然と人間との共生の形みたいなものを見た気分になります。
[ 2018/11/06 12:56 ] [ 編集 ]

おはようございます。
沈下橋、先人たちが考慮して作られた橋ですね。
良く考えついたものだと感心しきりです。
四万十川にかかる沈下橋が47橋ですか、
そんなにあるとは思いませんでした。
[ 2018/11/06 09:49 ] [ 編集 ]

しまんと。

お久しぶりです。
四万十、綺麗な川ですね。
水の透明感を見ると、何故かワクワクしてしまいます。
五枚目の写真なんてまさにそれで、また四国に行ってみたくなりました。
伺った際には、是非トンボツアーに連れて行って下さい!

ではでは。。。。。。や
[ 2018/11/06 08:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/209-3f7fab4f