1月の満月はミニマムなウルフムーン

M字
お天道様・お星様・お月様
このカテゴリ一覧を見る
0
コメントの投稿
今日は(1月18日)満月です。とは言っても、本当の満月は8時47分、月の入りが7時28分なんで残念ながら見ることが出来ません。仕方がないので夕方の月の出の時刻(17時34分)を待って見ることにしました。
20220118mangetu14.jpg
Sun Surveyor v2.7.1(4)

いつもお月様の撮影は自宅の庭からのんびりと行ってますが、今日は気合を入れて海岸に来てみました。この海岸は名鹿ビーチと言ってよく日の出を撮りに来ている場所です。
20220118mangetu02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

海岸沿いを走る道路からの撮影風景。沖の半島の右側からお月様は昇ってくる予定、2台のカメラでいろいろと設定を変えながら撮ってみたいと思います。(カーブミラーに幽霊みたいなものが写っていますが気にしないでください。)
20220118mangetu01.jpg
iPhoneSE2

水平線上には雲があるようで、月の出の時刻を少し過ぎた頃姿を現したお月様
20220118mangetu08.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

赤い!(日の出の写真ではありません)
20220118mangetu04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

あら、ここにも雲がある・・・
20220118mangetu07.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

やっと全身を見ることが出来ました。この満月は、2022年の中で地球から最も遠い(最も小さく見える)満月で「ミニマムムーン(Minimum Moon)」と呼ばれています。
ちなみに、1月の満月は英語圏では「ウルフムーン(Wolf Moon)」と呼ばれるそうですよ。
20220118mangetu03.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

昇るにつれ赤から黄色っぽく変化していきます。
○2022年1月18日(旧暦12月16日)17時42分の十六夜月(ほぼ満月) 
月齢15.59 輝面比99.87% 高度1.1° 方位62.2°(北東)
20220118mangetu05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

月の出から14分経過した18時前、お月様の色もいつものように白っぽく輝きだした頃、波も無く穏やかな海面に薄っすらと光の帯が見えてきました。
20220118mangetu06.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

この帯を、月とボクらをつなぐ道「ムーンロード(Moon Road)」とか言いますね。

それは次回の記事でお伝えしたいと思います。

今回の写真、全体的に暗いですかね...?

おわり。

関連記事

コメント 0

コメントは現在ありません。
お天道様・お星様・お月様