2021年04月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年06月














恋愛成就のパワースポット[長沢の滝]高知県高岡郡津野町

自宅から車で2時間、そこはもう「四国カルスト天狗高原」まで20キロメートルの地点、高知県高岡郡津野町と言う小さな町の山奥まで来ています。津野町と言えば、「四万十川源流点」がある町で有名ですね。

今回は、四万十川源流点ではなくて、支流の梼原川の支流北川川そのまた支流長谷川川に懸かるちょっと珍しい「」を一人で見に来ました。
20210506nagasawa01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


案内看板には「恋のパワースポット」とか書いてありますが何故?60過ぎのジジに恋など関係ない話ですが、とりあえずその滝まで行ってみます。(上の方にチラッと見えてます)
20210506nagasawa02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


長沢の滝。落差約34メートルの直瀑。周辺を深い緑に覆われ、手前に架かる橋とあわせて見ると、1枚の絵画のよう...(写真下手でスンマセン)
20210506nagasawa03.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


この滝の一番の特徴は滝口で、ハート型にくり抜かれた空洞を通って滝の水が落ちる姿である。高知県指定の天然記念物でもあります d( ̄  ̄)。


まぁ、♡に見えなくもない...この♡に手を合わせ願いをこめると恋が叶うとか・・・?
20210506nagasawa04.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


水量はものすごく豊富、ドドドドドッと言う感じで長靴履いても滝壺の近くには行けません、水飛沫がかかり撮影することもできません。蛇(じゃ)の伝説があり、「滝壺に金属でできたものを投げ込むと次の日は雨になる。」という言い伝えがあるようです。


橋の下流から
20210506nagasawa06.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


コンクリートで作られた苔むした太鼓橋が良い感じですね。
20210506nagasawa07.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


紅葉のシーズンに来ればさぞかし綺麗なことでしょう~。
20210506nagasawa08.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


撮影中、三組の若いカップルが訪れました。「あれが♡?ただの穴じゃん」とか言って一応スマホで自撮りなんかして手を合わさずにすぐに帰って行きました。と言うことは、このカップルたちは...


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月09日 04:05 ] | TB(0) | CM(1)

ひこばえのサクランボ

我が家の庭の隅っこには、高さ2.5m程の「サクランボの木」が1本だけありました。 数年前1度だけですが少しだけ(料理用ボウル1杯)収穫することが出来ました。最近は、花が咲き実を付けるのですが、熟する前に全て落ちてしまいます

そんなことで、「大きくなりすぎたし収穫できないのなら切ってしまえ」と思いまして、バッサリ切ったのが2年前の事。今では切り株や根元から「ひこばえ」が沢山出ています。3日前、何気なくその「サクランボの木」に目をやると...

ん?赤いものが...(手前にあるのはクチナシ)
20210430 sakuranbo01
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


おぉ~サクランボが2個!!
20210430sakuranbo02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


熟しています、落ちる寸前だったかもしれない。
20210430sakuranbo03.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


初夏のサクランボはたまらなく旨い!とか言いますが、甘くもなく酸っぱくもなく「味が無い」...
20210430sakuranbo04.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


この「ひこばえのサクランボ」、どうしたものでしょう、切ったほうが良いですかね?邪魔になるし...


おまけ(赤くもないし若い娘でもありません)


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月08日 04:15 ] 植物 | TB(0) | CM(4)

メタリックグリーンに輝くカワトンボ[無色翅型白縁紋]

ゴールデンウィーク中は「人込みを避け、大人しくしていてね」と言うもんですから、だーれもいない山奥の池に来ています。トンボ池(高知県三原村)、看板にはきれいなトンボが描かれていますが、ここにはそんなトンボはいませんしスイレンも咲いていません。
20210504kawatonbo01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


池の周りをグルグル回ってやっと見つけたのがこれ↓、アサヒナカワトンボの(雌)だと思いますが間違っていたらゴメンなさい...
20210504kawatonbo02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


メタリックグリーンに輝く胴体が印象的で翅は透明、翅の先端に付いている模様(点)のようなもの(縁紋:エンモン)は白。これを「無色翅型白縁紋」と呼ぶのだそうです d( ̄  ̄)。
20210504kawatonbo03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ちなみに、翅が茶色で縁紋も茶色のタイプは「橙色翅型赤縁紋」と呼ぶそうです。

関連記事↓


名前はややこしいですが、どこにでもいるカワトンボの仲間でした。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月07日 04:01 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(2)

太陽が造った光の道を飛んでみた...がっ!

ゴールデンウィ-ク最終日の5月5日、ボーイズフェスティバルは全国的に雨模様だったようですね。沖縄と奄美が早くも梅雨入りし鬱陶しいシーズンが近づいて来ています...嫌ですね。


雨の四万十川赤鉄橋
20210505ame01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


先日、日の出を見たついでにドローンの練習(空撮)をちょっとだけしたことを記事にしました。

見せるほどの動画じゃありませんが、とりあえずyoutubeにアップしてみました。タイトルは大袈裟ですが全然大したことないです...


海岸から333m地点で「強風警告!」高度を下げてって言われても、これ以上下げたら(8.7m)太平洋にダイブしそうなんでビビリのボクはそのまんま引っ返しました (--;)
20210503mavicmini02.png

DJI Mavic Mini
高知県四万十市名鹿ビーチ


この日のフライト
飛行距離:719m 最高高度:31.0m 時間:4min(トータル:1.25h)


風に強くて4K撮影できる大型で高級なドローンを購入しなくては...(そんなことより腕を磨け)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月06日 03:20 ] ドローン | TB(0) | CM(2)

気持ちリセット下弦の月[弓張月]

5月4日は下弦の月でした。満月が沸騰した状態なら、下弦の月はだんだん熱が冷めていく状態(満月→下弦の月→新月)。ですので、これまでの行動を振り返るとか、整理や準備の時期などと言われます。
20210504kagen02.jpg
iPhoneSE1


○2021年5月4日(旧暦3月23日)04時49分、ジャスト下弦の月(弓張月)
月齢21.72 輝面比50.00% 高度30.7° 方位152.3°(南東)
20210504kagen01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


GWで遊び過ぎて仕事するのが嫌になったとか、何処にも行けなくて退屈だった...とか思っている人は、気持ちをリセットするのに適した時期なのですよ d( ̄  ̄)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)

べた凪の太平洋、土佐湾から「だるま朝陽」が昇る

全国的に大荒れの天気が続くGW、高知県の西部には「霜注意報」が出たり全域に「竜巻注意報」、東部では「雹」が降ったとか...


そんな中、天気が回復した5月3日、久しぶりに日の出を見に来ています。


高知県四万十市名鹿ビーチ、この日の日の出は5時19分、随分と早くなりなした。前回だるま朝陽を撮ったのが2月23日、さて今日はだるまさんに会えるでしょうか...


べた凪の太平洋(土佐湾) 
20210503nasisi01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


頭が白いですね、でも良い感じ (^^)v
20210503nasisi02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


胴体?が離れます、この瞬間が大好きなんです d(゚-^*)
20210503nasisi03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


分離
20210503nasisi04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


この後、光の道を造りながら白くなって普通のお天道様に、今日は良い天気になりそう。


西の空を見上げれば月齢20.74のお月様、明日は下弦だそうです。
20210503nasisi05.jpgPENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


この後すこしドローンの練習をしましたが、上空は風があるようで「強風警告」が (゚_゚i)
20210503nasisi06.png
DJI Mavic Mini


その様子はまた今度お伝えしたいと思います。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)

ドローンの心臓部、保険的防塵保護キャップ

前々から気になっていたドローン(DJI Mavic Mini)のプロペラ下にあるモーター、コイル剝き出しなんです。ここに砂とかゴミなんかが入れば故障の原因になるのは誰が見ても分ると思います。
20210430mavicmini01.jpg
iPhoneSE1


そこで、何かそれを対処する方法、部品は無いものかと調べていたら、


amazonにありました、「Anbeeモーターカバー 軽量防塵保護キャップ アルミ合金製」
20210430mavicmini02.jpg
iPhoneSE1


装着
20210430mavicmini03.jpg
iPhoneSE1


純正ではないですが大丈夫でしょうかね?放熱とかが悪くならないかなあ...まぁ¥899で心臓部のモーターにゴミが入りにくくなるので保険のような物だと思っています。ちなみに、China Post(チャイナポスト)→日本郵政で届くのに2週間かかりました。
20210430mavicmini04.jpg
iPhoneSE1


まったく興味を示さない嫁さんが、指でツンツンして落そうとしている画。
20210430mavicmini06.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


不安定な天気が続くGW、風が強くてフライト(練習)することが出来ません...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月03日 03:01 ] ドローン | TB(0) | CM(2)

八十八夜の雨上がり、雫をのせた庭の花々

ゴロゴロゴロ...雷の音で目が覚めた八十八夜の朝(5月1日)、庭に出てみると昨夜から降り続いた久しぶりの雨に打たれ、潤った植物はたいそう喜んでいるように見えました。


雫を大量にのせたチューリップ?
20210429ameagari01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


こんな所にチューリップはありました。(ビニールのガーデンテーブルクロス)
20210429ameagari02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


こちらは本物のポピー
20210429ameagari03.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


こちらも本物のガーベラ
20210429ameagari04.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


八十八夜を過ぎればもう霜の心配はいりませんね。


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月02日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(4)

悩む...イトトンボの同定

5月、トンボ撮りには良いシーズンになりました。トンボ公園の小さな池の畔では、小さなイトトンボのハート(交尾)が多く見られるようになりました。


アオモンイトトンボだと思いますが、間違っているかも知れません <(_ _)>
20210430aomon01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


カメラの設定をキラキラした"玉(丸)ボケ"が出るように設定してたから、雄の頭周辺だけピントが合ってしまい、雌のお顔がハッキリ写ってません...


こちらが雌です。まだ若いからでしょうか、オレンジ色しています。
20210430aomon02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇イトトンボ科 アオモンイトトンボ属 アオモンイトトンボ(Ischnura senegalensis) 
体長は30~35㎜で4~11月にかけて発生します。平地の池や沼等、主に流れが無いか緩やかな水辺でよく見られ、環境の攪乱や塩分を含んだ水域、汚れた水辺にも生息しますが手つかずの森林などには見られません。(♂)は胸部側面が美しい淡緑色で腹面が青色をしています。(♀)には赤橙色の胸側に腹部側面が緑色の色彩のもの、胸側が黄褐色で腹部側面が緑褐色の色彩のもの、(♂)と同様の色彩の物があります。赤橙色の胸側の個体は未熟個体であるともいわれていて、実際には2種類だという説もあるようです。


毎年のようにトンボの同定で悩みます、カメラの設定さえちゃんとすれば細かいところまで分かるから問題ないのですがね...
20210430aomon03.jpg
iPhoneSE1


そして、何時までたっても上手く撮れません...


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年05月01日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)