収穫最盛期、清流「四万十川」の青のり(アオサノリ)


ボクは今、日本最後の清流と呼ばれる「四万十川」の河口付近に来ています。何故ここに来ているかと言いますと、ドローン空撮の朝練を行うためです。この場所は電線とか障害物がありませんので、離着陸もままならない初心者のボクに打ってつけの場所なんです。もちろん規制区域外の場所です。


四万十川河口の0K/400地点
20210410aonori01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


ドローン(DJI Mavic Mini)
20210410aonori02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


高度30mより空撮。左が四万十川、右は支流の竹島川
20210410aonori03.jpg
DJI Mavic Mini


話は変わりますが、堤防を挟んだ支流の竹島川になんか緑色の網みたいなのもが敷き詰められています、これなんだか分かりますか?
20210410aonori04.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


これって四万十川名産「青のり(アオサノリ)」の養殖をしているのですよ。よくお好み焼きやたこ焼きにパラパラと振りかける青い(緑)海苔ですね。
20210410aonori05.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


収穫最盛期を迎えている汽水域で育つ「青のり」。川漁師さんたちは潮の満ち引きを見ながら川へ入り、養殖網からノリをそぎ落とします。それを河原に持って行き天日干しをするのです。天日干をすることであの独特の香と香ばしさが増すということです。そんな作業が5月上旬まで続きます。
20210410aonori06.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


四万十川下流漁協によりますと、1990年代には年間約30トンが採れていたが、収穫量は年々減少している。昨年は約4トンにとどまっており、「今年は昨年よりも減りそう。厳しい状況」と言うことです。
20210410aonori07.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


空撮はこんな感じで...
20210410aonori08.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


なんか「青のり」の記事なのか「ドローン」の記事なのか分からなくなりましたが、四万十川河口の空撮は後日記事にしたいと思います。(上手く撮れていればの話ですが...)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年04月12日 18:15 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(2)