ボクにもできた?iPhone SEのバッテリー交換(分解編)

アップルから4.7インチのiPhone SE(第二世代)と12 miniが去年発売され、お役御免となった4.0インチの骨董品iPhone SE(第一世代)。手が小さな人が持っても、すっぽり収まる4.0インチ。こんなコンパクトなiPhoneは、もう二度と発売されないかもしれません...。
20210404se09.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


そんなことでこの機種だけは手元に残しておこうと、寿命がきたバッテリーの交換作業を行っています。
20210404se002_20210405162301fcf.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


前回はアイホンの下(底)にある小さな星型のネジ(2ヶ所)を外すところまででした。今回はバッテリーを取出すために本格的な分解作業を行いたいと思います。
20210404se08.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


星型のネジを外したら液晶タッチパネルと本体フレームを分離します。アマゾンで1,880円で買った商品(DIGIFORCE LPB-DIGISE)付属の吸盤をホームボタンの少し上にしっかりと貼り付けます。
20210404se10.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


吸盤の取っ手を持って引っ張るとホームボタンの下側が少し開きますので付属の薄いヘラを差し込みます。
20210404se11.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


厚いほうのヘラを差し込み隙間を大きくしながら上のほうに引っ張るとパカッと外れます。この時あまり力を入れて引っ張ると、ケーブル類が千切れてしまいますよ。
20210404se12.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


この状態ではまだホームボタンケーブルが繋がっていますので完全には開きません。
20210404se13.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


ホームボタン接続コネクタのカバーをヘラとかピンセットを使い跳ね上げるようにして外します。
20210404se14.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


ふぅ~疲れた、細かい作業なんで目は見えないし肩がこる...ここでちょっとコーヒータイム、コーヒーと言っても120円のあったか~い缶コーヒーですが...
20210404se15.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


ホームボタン接続コネクタを外すと液晶タッチパネルが直角に開くようになります。先ほどのあったか~い缶コーヒーで固定します。缶コーヒーはアマゾンで購入した商品には付属されていませんので各自用意してください。ただし、輪ゴムは付属 (∵)
20210404se16.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


バッテリー全体が見えたところでバッテリー接続用のコネクタを外します。コネクタは保護カバーがありますので2ヶ所のネジを外します。
20210404se17.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

20210404se18.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

20210404se19.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


先の尖ったヘラでコネクタを外します。
20210404se20.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


いよいよバッテリーの取り外しを行います。


バッテリーは両面テープで張り付けられています。バッテリーのホームボタン側にある両面テープの黒い部分をピンセットで引き出します。
20210404se26.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


両面テープは2ヶ所張り付けられていますので真ん中付近で切ってしまいます。
20210404se27.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


そして黒い部分をもってゆっくりゆっくり丁寧に引き出します...ガッ!!
20210404se28.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


千切れた!!(゚◇゚;)
20210404se29.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


これじゃぁバッテリーは取り出せません...どうしよう もうSE捨てようか (_ _lll)


商品の説明書をよく読むと、「尽くで取りだせ!!」と書いてあります。


では、その「尽く」をやってみたいと思います d( ̄  ̄)。


その前に、作業がやりやすいように液晶タッチパネルと本体フレームを完全分離します。


液晶タッチパネルコネクタを外します。コネクタは保護プレートの下にありますのでプレートの4ヶ所のネジを外します。写真左上のネジがもの凄く小さい...
20210404se21.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

20210404se22.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

20210404se23.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


黒いのがコネクタです。ヘラでこねるようにして丁寧に引き抜きます。
20210404se24.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


分離完了 v( ̄ー ̄)v
20210404se25.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


ここからが「尽く」となります。幅の広いヘラをバッテリーと本体フレームの隙間に差し込んでテコの要領で少しずつ持ち上げます。
20210404se30.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


もうバッテリーが真っ二つに割れるくらい力を込めて一生懸命やりました。


やっとのことで取り外すことができました。だいぶ変形しました...ふう~(´_`)=3
20210404se31.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


説明書によりますと「あまり強引に持ち上げるとバッテリーが変形し発火する恐れがございます」とのこと。また、音量ボタン付近では絶対にやらないこと、音量ボタン接続ケーブルが切れることがあるようです。


さぁ~あとは新しいバッテリーを装着するだけ d( ̄  ̄)
20210404se32.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


力仕事で疲れたので今回はこれまで、次回は「取付編」をお伝えしようかなと思います。
20210404se003.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


バッテリーを取り出すとき両面テープが千切れたじゃないですか。これって10人に9人は失敗するようです。ドライヤーなんかで温めて粘着力を弱くしてやれば成功することが稀にあるそうです。


おわり。


関連記事↓


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2021年04月06日 00:01 ] パソコン・スマホ・アプリ | TB(0) | CM(2)