2020年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年01月














道の駅に突っ込んだ!?軽トラ

国道441号は、愛媛県大洲市から高知県四万十市に至る四国縦断酷道である。その酷道の中間付近の山奥(四万十市西土佐江川崎)に、2016(平成28)年4月10日に開駅した道の駅「よって西土佐」がある。
20201130keitora04.jpg
iPhoneSE1


ちょっと疲れたので一休み。トイレを済ませ、コーヒーでも飲もうかと駅の中に入ると・・・


えっ!!あ~どっかのジイサンかバアサンがブレーキとアクセルを間違えて突っ込んだかぁ ( ̄ロ ̄lll)
20201130keitora03.jpg
iPhoneSE1


・・・?誰も騒いでいない?軽トラの荷台には野菜やらなにやらが整然と沢山載っている?
20201130keitora01.jpg
iPhoneSE1


実はこの軽トラ、商品の陳列台だったのです d( ̄  ̄)。見れば分かると思う...
20201130keitora02.jpg
iPhoneSE1


もみじマーク(高齢運転者標章)を付けた年代物の「DAIHATSU HIJET」、ナンバープレートは
4010(シマント)・・・読めなくはない
41-03(にシトサ)・・・これも読めなくはない
20201120keitora06.jpg
iPhoneSE1


駅長さんによりますと

お店の中にある軽トラは、四万十川のシンボルでもあります。四万十川の「沈下橋」の幅は軽トラが通るのがやっと。お互いに譲り合いながら行き交う、この地域の優しさとつながりの象徴。

だそうです。


すぐ近くにある「沈下橋」、名前は「中半家(なかはげ)沈下橋」下を流れるのが四万十川
全長:125.9m  幅員:4.3m 
20201120keitora05.jpg
iPhoneSE1


デジイチを持ってこなかったのが残念でなりません・・・


この橋についてもっと知りたい方は↓こちらから(当ブログ)


以上、高知県四万十市西土佐江川崎にある道の駅「よって西土佐」からお伝えしました。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年12月10日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(0)