中筋川(なかすじがわ)ダム vol.6

高知県西部の宿毛市の8月の降水量は16.5mm、9月に入っても11.5mmと非常に少なく、連日続く猛暑と小雨により、農作物にも被害が出ているところです。


仕事の途中、宿毛市にある国土交通省四国地方整備局が管理運用する「中筋川ダム」のそばを通りましたので水位の状況を見てみました。

ダムの上流から見たところです。蛍湖(貯水池)は、思った通り随分と水位が低く貯水量が減っています。茶色く山肌が見えてるところまでが、いつも水が溜まっている高さです、これを「平常時最高貯水位」と言うそうです。
20200904nakasujidamu01.jpg
iPhoneSE1




ダムの上から水位を見てみました。
青:今現在の水位(9月4日13時)=55.74m もう少しで最低水位=49.0mとなります。
黄:平常時最高貯水位=74.10m
赤:洪水時最高水位=93.60m この水位を超えてしまいますと、越流してしまいます。
20200904nakasujidamu04.jpg
iPhoneSE1


ダム正面(下流)からです。貯水量が多かろうが少なかろうがいつもと変わらない風景です。
20200904nakasujidamu03.jpg
iPhoneSE1


ダム管理庁舎です。ここがダムの頭脳と呼ばれ、「洪水調節」を行うところです。
20200904nakasujidamu02.jpg
iPhoneSE1


非常に危険な台風10号が接近中ですので、万全を期してもらいたいものです! 


大雨が降ればえらいことになりますし、降らなければ降らないで困ったことになりますし、どうしようもありません...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月05日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)