残念な9月の満月ハーベストムーンからのメイサーク

真っ黒い雲がゆっくりと東から西へと流れて行きます...雨もポロポロ降り始めました。

今日は満月、今夜は台風9号(メイサーク)の影響で雨の予報が出ていますので、日付が変わった1時過ぎ、撮ってはみたものの...

○2020年9月2日(旧暦7月15日)01時37分の満月(望月・十五夜・ハーベストムーン)
月齢13.58 輝面比99.72% 高度36.4° 方位212.0°(南西)
20200902harvest01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


ハーベストムーン(英:Harvest Moon)とは
ネイティブアメリカンによる9月の満月の別名(ニックネーム)です。9月は、人間が生きるために、最も重要な収穫期。作物を収穫する秋分後の時期を、収穫月と呼ぶようになりました。
この季節の満月は、日没の直後に月の出が起こり、まだ農民が作物を収穫している、夕方の早い時間に、月明かりが見られるために、満月の別名としても、ハーベストムーンと呼ばれ親しまれるようになりました。
20200902harvest02.jpg
webより拝借


ハーベストムーンじゃないですが、仕方ないので今ボクはこんなものを見ています。
20200902harvest03.png
CESIUM(かぐやのデータを使用した赤色立体図)

にアクセスして、マウスをお月様の上に乗せ左のボタンを押しながらグリグリ回してみてください、全方向見ることが出来ますよ。拡大することもできますが、ウサギはいません。

このサービスは、宇宙航空研究開発機構の月周回衛星「かぐや」のレーザ高度計の観測データを、国立天文台が処理・解析し、国土地理院が月の地形図を作成しました。


........................................


ところで、非常に強い勢力の台風9号(メイサーク)は勢力を維持して、東シナ海を北上しています。沖縄地方では2日昼過ぎにかけて、うねりを伴った高波に警戒し、九州南部や九州北部地方では2日から3日にかけて、暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。ちなみに、名前「メイサーク(Maysak)」とはカンボジアが提案した名称で、木の名前が由来だそうです。

ひまわりリアルタイムweb https://himawari.asia/


上の動画で台風9号の位置が分かりますか?その9号の斜め右下にあるのが9月1日午後9時に、小笠原近海で発生した台風10号(ハイシェン)です。中心気圧は1000ヘクトパスカルで、10Km/hの速さで南西方向に進んでいます。今後台風10号は、発達しながら北西方向に進み、週末にかけて南西諸島や西日本に接近するおそれがあります。今後の情報にご注意ください。ちなみにハイシェン(Haishen)とは、中国が用意した名前で意味は「海神」です。


ひまわりリアルタイムweb https://himawari.asia/


目がハッキリとわかりますね。

ひまわりリアルタイムweb https://himawari.asia/


この様子ですと、お月様も日の出も当分の間、見ることができません...


以上、長々と失礼しました <(_ _)> 


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)