はやぶさ2、さらに10年程かけ小惑星探査へ!候補は「地球と火星」間の高速自転の小惑星

つい先日このブログでも記事にしたところですが、地球帰還の日程が決定したお思いきや、早くも次にめざす小惑星の候補が発表されました。



小惑星探査機「はやぶさ2」は、12月6日に小惑星リュウグウで採取した岩石などが入ったとみられるカプセルを地球に投下したあと、再び別の天体の探査に向かうことが決まっています。
20200722hayabusa2001.jpg
Credit:JAXA


JAXAによりますと、目的地は「地球と火星」の間を高速で自転しながら公転する直径約30~40mの小型小惑星で、「2001AV43」と「1998KY26」の2つの候補を検討中とのこと。
20200722hayabusa2002.jpg
Credit:JAXA

小惑星名でアルファベットの前の数字は発見された西暦だそうです。


2001AV43を目指す場合、金星の引力を利用して進路を変更し加速する「スイングバイ」を実施し、2029年11月に到着する予定。

1998KY26を目指す場合は、地球の引力による「スイングバイ」を行い、2031年7月に到着。途中で別の小惑星に接近するため、目的地への到着は遅くなるが観測の機会は増える。

拡張ミッション案
20200722hayabusa2201.jpg


どちらにせよ10年はかかりますね (∵)。
20200722hayabusa2003.png
Credit:JAXA


試料を収納するカプセルは12月の帰還時に地上へ投下するため、今回向かう小惑星では物質の採取しません。イオンエンジンの推進力が尽きることから地球には帰還せず、片道だけの航路となるようです。
20200722hayabusa2004.jpg
Credit:JAXA


もう、ふるさと地球には帰ってこれないのね、可愛そう...。
20200722hayabusa2005.jpg
Credit:JAXA


2014年12月3日、種子島宇宙センターからH-IIAロケット26号機により打ち上げられたはやぶさ2

打ち上げは56分頃からです。


いままで順調すぎるほど順調な「はやぶさ2」の航海、次の長い長い航海も何事も無ければ良いのですが...


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年07月23日 04:01 ] 追跡[はやぶさ2] | TB(0) | CM(0)