[2020]夏至の日の太陽

2020年6月21は二十四節気の一つ「夏至」でした。


夏至とは一般的に「昼の時間が一番長い」「日の出が一番早い」「日が暮れるのが一番遅い」と理解されていますが、「日の出が最も早い日」は夏至の1週間くらい前、「日の入りが最も遅い日」は夏至の1週間くらい後らしいです d( ̄  ̄)。


まだ薄暗く誰もいない双海サーフビーチ、波は非常に穏やか、時より海から吹いてくる風が気持ちいい....どころか少し肌寒い。

只今の時刻4時36分、日の出の時刻は5時ジャスト。水平線上に薄っすらとかぶさった雲をもう赤く染め上げています。沖に見える半島の右側からお天道様は姿を見せるはず、期待できそう (^。^")ワクワク
20200621gesi01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


5時01分、姿を見せたのは...微妙
20200621gesi02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


分厚い雲は鉛色、薄い雲は赤銅色...毒々しい黄色の太陽がお目見え。
20200621gesi09.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


いつの間にか空は黄金色。水平線近くで撮影できたのは6月4日以来のこと。
20200621gesi04.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


喜んでいたのもつかの間、上空には黒い帯が...
20200621gesi05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


あっという間にお隠れになりました。今隠れなくても夕方お月様の影になるのに...。
20200621gesi06.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


この日は、夏至に合わせて全国で「部分日食」が観測できるということ。高知での食の始まりは16時04分からと言う事なので、西の空が広く見渡せる公園に行ってみた。


ガッ ( ̄ロ ̄lll)


16時30分の西の空
20200621gesi08.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


雲に覆われ何処にお日様があるのか分かりません...


そんなことで帰って国立天文台のライブ配信をyoutubeで見てみた...。
国立天文台 https://www.nao.ac.jp/


という夏至の日の長い1日でした。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)