老人泣かせのクリスマスローズ

ただでさえ俯きかげんに花を咲かせるクリスマスローズ....

今日はやけに下を向いてるな?と思ったら....
20190330kurisumasu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

午前中降った雨粒を花びらにのせています。
20190330kurisumasu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

クリスマスの頃に咲いているところを見たことありません...

咲く時期を間違えて、恥ずかしいから下を向いて咲くのだそうです d( ̄  ̄)
20190330kurisumasu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

花を撮るときは、”しべ”にピントを合わすのが基本らしいですが、この花の場合、低い姿勢で下から覗き込まなくてはなりません....。
20190330kurisumasu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


腰が痛いこと痛いこと、老人素人カメラマン泣かせの花ですねこの花は....(--;)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月31日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

旨いものが食べたい...

昨日の我家の晩御飯はといいますと...

20190328gohan01.jpg
iPhoneSE

キュウリのブツ切り....をポン酢でいただきました ( ̄_ ̄)v
20190328gohan02.jpg
iPhoneSE


二品とも非常にシンプルで体に優しそうなお料理でございますね、それに安上がり...d( ̄  ̄)


もっと旨いものが食べとうございます (-_-;)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m


FC2ブログの機能”拍手コメント”くださる読者様、いつも大変有難うございます。なかなかお礼の返事が書けなくて本当にゴメンなさい。お返事ちゃんと書くようにしますので、これからもよろしくお願いいたします。
[ 2019年03月30日 04:01 ] ある日の出来事 食べてみた | TB(0) | CM(4)

今から34年前の銀塩カメラ

いよいよ4月1日には新元号が発表され、平成も終わりを告げようとしています。そんな中、嫁さんに命令され、ちょっと探し物をしておりますと押入れの中から大変懐かしいものが出てきました。


今から34年前の1985(昭和60)年ミノルタから衝撃的なカメラが発売されました。それは日本のカメラ界、いや世界のカメラ界を震撼させたカメラでした。このカメラが与えた影響は大きく「αショック」という言葉がうまれました。今なら流行語大賞を受賞することは確実なくらい良く耳にする言葉でした。
20190328minolta01.jpg
iPhoneSE

MINOLTA α-7000
20190328minolta02.jpg
iPhoneSE

如何にも80年代らしい角ばったデザインが無骨でカッコイイですね。当時の金額で12万程したような記憶があります、今だといくら位でしょうかね?

もちろんフィルムカメラです。
20190328minolta03.jpg
iPhoneSE

何がそんなにショックだったかと申しますと、レンズが小さくAFが早くて良く合いプロ並み?の自動撮影ができたのでした。それに、お値段も比較的リーズナブルな設定ということでした。(文章下手ですからショック感があまり伝わりません...)
iPhoneSE

このカメラ特有のグリップ白化がおきておりまして握ったらボロボロ剥がれちゃいました、電池を入れ替えてもウンともスンとも動きません...
20190328minolta04.jpg
iPhoneSE

嫁さんに見せたら...

嫁「わぁ~随分懐かしいカメラね、これ古いから高く売れるんじゃない?30万位で ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶」

20190328minolta05.jpg
iPhoneSE

何処から30万という金額が出てきたか知りませんが....
20190328minolta06.jpg
iPhoneSE

メジャーAF機第1号ということで、記念碑的存在。悪く言うとAF機の化石。ヤフオクなんかで100円位で売れるかしら? 

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月29日 04:01 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

下弦前の宵月

そう言えば、3月に入ってまだ一度もお月様の撮影をしていないことに布団の中で気づきました....

最近の”月の出”は日付けが変わるころとなっていますから”日の出”前の5時頃起きればきれいなお月様が見られます。

3月27日(旧暦2月21日)4時53分のお月様となります。
20190327moon01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

上の写真の左下に白い点があると思いますがゴミではありません、木星らしいです d( ̄  ̄)。


下弦1日前の宵月(月齢20.16 輝面比63.26% 高度36.5° 方位174.5°南)
20190327moon02.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


お月様もお星様もきれいに見えるので日の出はどうかな?と思いまして、いつもの海岸へと向かいます。

水平線上は鉛色...でもなんとか見えます、今日は何故かしら赤いお日様が撮れました v(^_^)v
20190327moon03.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

これだけ暖かくなれば"だるま朝陽"はもう見ることは出来ませんね...。
20190327moon04.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

ちょうど漁船がやってきました。
20190327moon07.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

日の出直後の6時15分、明るくなった南の空を見上げれば...。
20190327moon06.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


いつもの通勤風景です。トンボ公園に行くのではありません。
20190327moon08.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

仕事に行くのです、あ~忙しい ヘ(;--)ノ

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

今年は二番手だったタベサナエの羽化本格化

(昨日の続きとなります)

3月24日、花冷えの中、今シーズン初のトンボの羽化を確認することができましたが.....

PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

実はそれよりも20日早く3月4日にトップバッターを飾ったのは、ほぼ例年トップの座に君臨する「タベサナエ」ではなく「シオヤトンボ」だった!と熱く語るのは、有名な昆虫学者でありトンボ生態写真家の「杉村光俊」先生です。

写真中央で水路にドップリとはまりギャラリーに説明するが杉村先生です。
20190324tabe111.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

シオヤトンボというトンボを見たい方はこちらでどうぞう↓(当ブログ)



それでは早速、タベサナエ羽化の様子をご覧ください <(_ _)>

これが「ヤゴ」です。気温が上がった11時頃、羽化場所を求め水の中から這い上がってきます。ベストな羽化場所を見つけるため30分ほどゴソゴソと這い回ります。
tabe001IMGP3567.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

背中がパックリと割れ、いよいよ羽化の始まりです。(水面に顔をだしてから40分経過)
tabe004IMGP3581.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

顔と翅らしきものが見えてきました、この体勢を「直立型羽化」と言うそうです。サナエトンボ科はほとんどこの体勢で羽化するようです。
tabe005IMGP3589.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


こうやって1枚ずつ下手な説明をあれこれとしていますと膨大な量の写真枚数となりますのでGIFアニメでご覧ください m(_ _)m
Mounting created Bloggif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


直立型羽化の姿勢をとって少し前傾姿勢となり尻尾?を抜きます。(水面に顔をだしてから40分経過)
tabe009IMGP3613.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

翅に血液が送り込まれグングン伸びて行きます。翅脈(シミャク)も見えてきました。  
tabe013IMGP3643.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

尻尾の先端から水滴が出ているのが分かりますか?分かりませんよね、写ってないですもん (-_-;)
tabe014IMGP3679.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

これを肛門水とか蛹便(ようべん)といいます。余分になった体内の水分を排出していよいよ旅立ちの時が近づきました。

肛門水、蛹便をどうしても見たい方はこちらでどうぞ↓(当ブログ)


GIFアニメの続きをご覧ください。
Mounting created Bloggif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

水面に顔を出してから98分、羽化成功です!おめでとうございます d( ̄◇ ̄)b。
tabe016IMGP3753.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この直後、元気良く旅立って行きました (^_^)/~~サヨナラ


今年は二番手だった「タベサナエ」さん....ヤゴの生活で約2年、翅を持って約3ヶ月、6月終りにはひっそりとその姿を消してしまいます...。


以上、高知県四万十市からトンボの羽化の様子をお伝えいたしました。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月27日 04:01 ] トンボ サナエトンボ科 | TB(0) | CM(8)

【祝】2019年トンボシーズン開幕~♪

各地から桜(ソメイヨシノ)の開花便りが続々届く3月24日、花冷えと言うものでしょうか、日本列島は強い寒気におおわれまして今シーズン一番の冷え込みとなった所もあるようです。高知県四万十地方も天気は良いものの只今の気温は14℃、少し寒く感じます。


そんな中、桜の開花に合わせたように、「トンボの羽化が今年も始まりました。その様子をほんの少しだけ、高知県西部にあります「四万十市トンボ自然公園」よりお伝えいたします d( ̄  ̄)
20190324uka01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

里桜?でしょうか、満開に近いです。八重咲きのものが多いようですが、ここのは白い一重花です。
20190324uka02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

大島桜はまだチラホラと...(∵)。
20190324uka07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


トンボの羽化は公園の中を流れるこの小さな水路↓で始まります。水路といっても、れっきとした川で四万十川の支川となり「池田川」という名前の川なのです。
20190324uka03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

羽化の様子です。毎年トップをきって姿を現すタベサナエというサナエトンボ科の仲間です。羽化する体勢もいろいろあるようですが、サナエトンボはこのような「直立型」で羽化するのです d( ̄◇ ̄)b
20190324uka04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(撮影:2019年3月24日)

羽化成功です、もうすぐ飛び立ちます v(^^)v。
20190324uka05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 (撮影:2019年3月24日)


ということで、めでたく2019年のトンボシーズンが開幕したわけであります v(^_^)v


羽化の様子を時系列でお伝えしたいのですが、長くなりますのでまた今度紹介いたします (^_^)/。


撮影の様子です。手前がボクのカメラで奥のほうでお尻を向けている人がトンボのことなら何でも知っているという大変有名な先生です。
20190324uka06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


さてさて平成最後の「トンボの羽化」を確認できたわけですが、今年はどんなトンボに出会えることでしょう、ワクワクするわ~ (*^^*)v


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月26日 04:01 ] トンボ サナエトンボ科 | TB(0) | CM(0)

ネコに睨まれたお話

二階の窓のカーテンをめくってみますと、朝の風景を眺める黒いネコがおりました....
20190324jiji01.jpg
iPhoneSE


お~い”ジジ”今朝の天気はどうだぁ~(  ̄0 ̄)?と尋ねると....


振り向きざまに....
20190324jiji02.jpg
iPhoneSE


ジャマすんな!というような顔して睨まれた (゚_゚i)
20190324jiji04.jpg
iPhoneSE


というなんでもないお話でした、おわり<(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月25日 04:01 ] ねこ | TB(0) | CM(2)

浜大根の花

各地で桜の開花の便りが届く中、23日の日本列島は冬型の気圧配置に逆戻りしました。寒の戻りというものでしょうかね。ここ四万十地方でも曇りがちのお天気、朝から強い風が吹いて寒いこと寒いこと (=_=)

そんな中、日の出を見ようといつもの海岸へひとっ走り ヘ(--)ノ 

浜辺には「浜大根の花」が今花盛りです、あまり綺麗じゃありませんがとりあえず朝陽をバックに撮ってみる事にします ( ̄◇ ̄)
20190323hamadaikon01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

”白い菜の花”と言えばこの「浜大根の花」でも、どんな花か全然分かりませんね (_ _lll)
20190323hamadaikon02.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

こんな花です d( ̄  ̄) 暗いですね (--,)
20190323hamadaikon03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

浜大根は大根が畑から逃げ出して浜辺で野性化したもので、海岸の砂地なんかでよく見られます。根は太くならずに固いため食べれません、残念でした ( ̄◇ ̄)
20190323hamadaikon04.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

こういうものはお天気の良い日中に撮るものだと今気づきました、また今度挑戦してみたいと思います。
20190323hamadaikon05.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

ちなみに花言葉は「ずっと待ってます...」ですって (∵)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月24日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

宴会コンパニオン

人間の男性なら誰もが一度は憧れるこの遊び...あろうことか、四万十の山奥では一匹?の雄カッパが真昼間から「コンパニオン」を呼んで下町のナポレオンという焼酎を飲みながら宴会を開いています(◎_◎;)
20190322sake01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

美人なコンパニオンはやっぱりカッパですね d( ̄  ̄)
20190322sake02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

カッパでは飽き足らず人間会からもお色気タップリのコンパニオンさんを呼んでいるようです。

このコンパニオンは、さくら大戦所属の”神崎すみれ”さんらしいです。
20190322sake03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

いいなぁ~ (・。・;) 

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月23日 04:01 ] ある日の出来事 あれこれ | TB(0) | CM(4)

Ginger-flavored pork

嫁「カナダ産の安いの売ってたから ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶」

ポークジンジャ~!なんかカッコよく聞こえますが、ただの「のしょうが焼き」です。
20190320buta01.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

それも、ペラペラに薄いやつ ヾ(--;)
20190320buta02.jpg
PENTAX K-3+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL


厚いお肉が食べたいです  (-_-;*) 


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月21日 04:01 ] ある日の出来事 食べてみた | TB(0) | CM(4)

横瀬川(よこぜがわ)ダムvol.5 [本体コンクリート打設完了]

国土交通省が2020年の完成を目指し高知県宿毛市山奈町山田で建設を進めている「横瀬川ダム」の本体コンクリート打設が3月5日に完了したようです。
20190319yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このダムは2016年11月に着工し、2017年5月から本体コンクリート約17万m3の打設を開始していました。展望所の簡易トイレの横にこんなものが↓もう少し置き場所を考えてくれればいいのにね~。
20190319yokoze02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このタワークレーン(吊り上げ能力16.5t)で約17万m3のコンクリートを打設しました。
20190319yokoze03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムの頭脳、管理庁舎です。ほぼ完成してますね。
20190319yokoze04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

横瀬川ダムは中筋川流域の洪水調節や四万十市の水道利用などを目的とした重力式コンクリートダムで、堤の長さ188.5m、高さ72.1m。
20190319yokoze05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

横瀬川ダムの諸元等はこちら(当ブログ)↓


ちょっと分かりづらいですが、タワークレーンの前に「白青の看板」が見えると思います。いつもはこの看板の青い所の上まで水没(水が溜まる)します、洪水時には天端(てんば)付近の凸凹したところまで水位が上昇しそこからオーバーフローします。
20190319yokoze06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

総貯水量は730万m3で、総事業費400億円。今秋ごろから試験湛水(たんすい)を約1年かけて行い2020年完成を目指します。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月20日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

朝陽とサーファー

最近日の出を見てなかったので、少し早起きしてやって来たのが「双海サーフビーチ」というところ。

がっ、分厚い鉛色の壁....
20190318hinode01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

だいぶ暖かくなってきましたのでサーファーが何処からか湧いて出てきます。
20190318hinode02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

今日は波があまりないようですね...
20190318hinode03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

そんな日もあるでしょう...
20190318hinode04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

おわり。


   ↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

天皇陛下御在位三十年記念ダムカード

天皇陛下が御在位三十年を迎えられる(迎えた)ことを記念して、国土交通省と独立行政法人水資源機構では特殊デザインの記念ダムカードを配布しています d( ̄  ̄)。

もう入手された方も多いと思いますが、参考までに紹介いたします。

上2枚が記念ダムカード、バラバラに置いてあるのが通常のカードです。
20190316kinen01.jpg
iPhoneSE


ボクは近くにある2つのダムでいただきました v(^_^)v。

横瀬川(よこぜがわ)ダム(建設中)
国土交通省四国地方整備局(高知県宿毛市山奈町山田)
20190316kinen02.jpg
iPhoneSE

横瀬川(よこぜがわ)ダム(建設中)
このダムのカードをもらうには、このように現地で撮った写真を提示しなければなりせん (¯0¯)
20190316kinen03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


中筋川(なかすじがわ)ダム
国土交通省四国地方整備局(高知県宿毛市)
20190316kinen04.jpg
iPhoneSE

中筋川(なかすじがわ)ダム
このダムの管理庁舎で中筋川ダム横瀬川ダムのカードを配布しています。
20190316kinen05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


配布期間は平成31年2月24日から(?)元年5月31日までとなっていますのでお早めに d( ̄  ̄)

ですが、どこのダムに行っても貰えるわけではありませんので気を付けてくださいね。

配布対象ダム一覧(配布場所・デザイン等)とダムカードの詳細です。もよりも建設局を見てくださいね。



ダムファンにとってはプレミアムなカードですが、興味のない人にはだだの紙切れのようです。

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月17日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(2)

雫水仙

夜中すぎまでシトシトと降りつづいた雨...

その雨も朝方には上がり、今は少しだけ青空が見えていますがなんかスッキリとしないお天気です。

そんな中、玄関先の花壇では黄色い水仙が大粒のをのせています v(^_^)v。
20190315suisen01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

肉眼では見えませんでしたが、の中に気泡があります (◎_◎)。
20190315suisen02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

金色っぽく輝く、朝陽が射せばもっと輝いていたことでしょう~。
20190315suisen03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

今にも滑り落ちそうな、落ちる瞬間を撮ってみたいものです...。
01IMGP1687.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ばっかりに気をとられ、お花全体撮ることを忘れました ( ̄◇ ̄)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月16日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

ドジなボクとドジなてんとう虫

春の陽気に誘われて、虫たちが活発に動き始めました。

陽だまりの草の上で、のんびりくつろぐ一頭のてんとう虫がおりました。
20190314tentou01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

しばしの休憩を終え、ゴソゴソと動きだし、「やぁーこんにちは (^o^)/」と手?を上げながら”つくしんぼ”を元気良く登って行きます (^_^)v
20190314tentou02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

テッペンに辿り着きました。おッ背中が二つに割れました (◎_◎)。
20190314tentou03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

中の柔らかそうな翅が見えてきましたね、どうやら飛び立つようです。
20190314tentou04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

飛び立つ瞬間を撮ってやろうと思ってカメラの設定をアレコレいじくっていると、その間に飛んで行っちゃいました( ̄ロ ̄lll)。

あぁ~絶好のシャッターチャンスを逃しました...なんてドジなんでしょう (_ _lll)


飛んで行く方向が分かったんで追いかけていくと、タンポポの花の上で....

なんと言うことでしょう~w(゚o゚)w 着陸大失敗 ( ´艸`)ムププ! 
20190314tentou05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

あぁ~なんてドジな”てんとう虫”なんでしょう~ (-_-;)ホントカ?

というポカポカ陽気の昼下がりの出来事でした。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月15日 04:01 ] | TB(0) | CM(2)

怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた(番外編)

はるばる「馬之助神社」を見に来たのですから、そのまま帰るのはちょっとアレなんで、神社の入口周辺に変わったものがあったんで少しだけ紹介したいと思います。

クネクネ曲がった県道(険道)55号、奥に見えるのが「海洋堂かっぱ館」です。そのまた奥に馬之助神社はありました。
20190313kappa01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

上の写真ではちょっと分かりづらいですが、この道路には2つ連続して”橋”が架かっています。手前の橋は「あかいこ橋」というそうです。馬之助が山奥の沢で食べていた”沢カニ”のことだと思います。その橋の欄干を見てください。なんかいますね?

これ↓恐竜~w|;゚ロ゚|w
20190313kappa02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

なんで~( ̄ロ ̄lll) 

2つめの橋は「かっぱすいすい橋」というそうです。この橋にもなんかいます....。(1枚目の写真の反対方向から撮っています)
20190313kappa03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

↓恐竜~w|;゚ロ゚|w
20190313kappa04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

雨に打たれているせいか、ものすごくキレイでリアルにみえます。
20190313kappa05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

クネクネ道なんで運転に集中してたら突然こんなものが現れたら二度見三度見して事故ると思いますが....。

2つ目の橋を渡りますと「海洋堂かっぱ館」の入口があります。
20190313kappa06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


そこから5分ほどクネクネ走りますと、見えてくるのがド派手な建物!これが廃校を利用して作られた「海洋堂ホビー館四万十」です w(゚o゚)w。
20190313kappa07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

そこは、こんな人が玄関でお出迎えしてくれます。

ケンシロウ(身長185cm 体重100kg B132cm W90cm H105cm 肺活量8700cc )ご存知ですよね (∵)
20190313kappa08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


館内に入ってみます。


オォ~これは、「柚鬼媛(ゆきひめ)」の若いころではないですか~w(゚o゚)w
20190313kappa09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


似てますけどどうやら別人のようです。


また恐竜がいた!怖い (゚v゚;ノ)ヒエッ!! 
20190313kappa10.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

ケンシロウと婚約者のユリアさん(身長168cm 体重57kg B86cm W59cm H85cm)です。
20190313kappa11.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

何をしてるんでしょうね?ユリアさん、思ったより小さいですね (∵)

以上です、「海洋堂ホビー館四万十」については、また時間があればお伝えしたいと思います。

これで「怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた」は完結となります。

長々とお付き合い頂きまことにありがとうございました <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月14日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(4)

怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた(後編)

駄文駄写でお届けしてまいりました馬之助シリーズも今回で最終回となりました。


さて、高知県中西部の高岡郡四万十町打井川というところにある馬之助神社は下の怪しげな建物の奥4km先の山奥にありました。一番奥に見える山のそのまた奥になります。
20190310umanosuke01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


前回までの記事はこちら↓


この神社は親の都合で幼い時山奥に捨てられた「馬の助」という子供の霊を祀った神社でした。
20190310umanosuke02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

可愛そうな馬の助君?の姿を見ながら参道を進みますと....
20190310umanosuke03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

見えてきたのが拝殿です。
20190310umanosuke04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

沢山の絵馬が奉納されています。御利益が子宝、子供息災ということで安産祈願とか多かったように思います。中には千葉県からお越しの方もおいでました。
20190310umanosuke05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

中を覗いてみましょう。
20190310umanosuke06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

だれ?
20190310umanosuke07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


極貧の沢山の家に生まれた馬の助は、貧しいがゆえの空腹に耐えかねて、畑あらしや盗みを繰り返す相当な「ワルガキ」でした。困り果てた両親は馬の助を谷に捨てることを決意。いわゆる口減らしです、この時馬の助は若干7歳でした....。


打井川では馬の助の祟りと思わしき不幸な事態が次々に起こりはじめ、人々は馬の助の霊を鎮めようと、小さな祠を建てて安らかな眠りを祈願しました。毎年旧暦の三月七日、馬の助の祈念大祭が行われ、今では子供の息災、病気の平癒、子授け祈願、と地区外からも多くの人が訪れているようです 。
20190310umanosuke08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

馬之助神社は平成21年、祭神名を「馬之助大神」として宗教法人の認定を受けたようです。
20190302umanosuke17.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


以上長々と駄文駄写でお伝えしてまいりました馬之助シリーズは今回を持ちまして終りと致します。まことに有難うございました <(_ _)>

カッパは? (・_・?) カッパはどうした!カッパが馬の助君の生まれ変わりじゃないのかよ!なぜカッパがいるのか教えろよ (#`皿´) とかいう声が聞こえてきますが....気のせいかしら (∵)


(ここから長くなります、多分途中で飽きると思いますよ....)


下の鳥居を見てください。奥の方にボクの愛車「ダイハツレクサス」が見えますね....そんな事はどうでもよい話で、左側の柱に「宮脇修一」建立と書かれています。
20190310umanosuke09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

実はこの人こそカッパをここに住まわせた張本人なんです。というかこの人のお父様とかお祖父様ですね。


文才ゼロのボクがそれらしく書いてみたいと思います。(興味の無い方はスルーしてください)


お祖父様の本業は指し物大工でしたが、余技として神官のまねごとをしていました。ある日、打井川で炭焼きをしている親戚から知らせがありました。それは「打井川の一の又の谷あいに炭窯を構えて、炭焼きをすると得体の知れない高熱が出て困る。何か物の怪にでも憑かれたような恐ろしさを感じる」というものでした。親戚は炭焼きを生業にしている屈強な男です。そのような男が泣き言を並べるからには、それなりの理由があるだろうと考えたお祖父様はすぐに打井川に出向くことにしました。

打井川に行くのには、四万十川の支流である谷川沿いを五キロほど歩かねばなりません。行けども行けども谷川のせせらぎと緑の木々だけでの道です。
20190310umanosuke10.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
 
独りで歩いた経験はありませんので、不安になったというほどの静かな山の道で、わら草履で歩いていても、すたすたという足音が谷間に響きます。その足音を聞きつけて、何かが尾行しているような気配を感じました。 するとどうでしょう?着物というよりは、ぼろ切れをまとったような子供が立ち止まり、谷川の岩の上でかがむようにしてこちらを見ているのです。その子供は棒切れを右手に持ち、まるで侵入者を見張っているような構えをしています。 「お前はカッパか?!」と聞くと、その子供は消えてしまいます。
20190310umanosuke11.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

谷川の主である河童がいたずらを仕掛けているのかぐらいに考えて、それもよかろうとすたすたと歩き出します。すると子供は岩の上を跳ねるようについてきたり、父親を追い越したりするようにもなりました。
20190310umanosuke12.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

そんなこんなで炭焼き小屋に着いたお祖父様は、神官の装束に着替えて道具を準備して、急ごしらえの祭壇に向かって、祝詞を上げました。その祭壇のそばに子供が現れ、その顔は苦しみに歪んでいたのです。
(適当な写真がありませんでした)
20190310umanosuke13.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


こんなことがあったと親戚に話をすると「それは馬之助じゃ」と言って、口減らしで山奥に捨てられた馬の助の話を始めました....。

お祖父様は、沢ガニのいる谷川から形の良い石を探し出し、その石に「馬之助大明神」と筆を走らせて、それをご神体として安置しました。小さな祠を自分で作って、安らかに眠るように祈願したといいます。 


それができてからは、親戚が炭焼きをしても病気になることはなくなりました。それから朝晩手を合わせたり、お供え物を欠かさず祭ったそうです。
20190310umanosuke14.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

やはりカッパは「馬の助」の生まれ変わり?だったのですね。

今ごろ馬の助君はどこかの沢山の奥深くで育ての親カッパと穏やかに暮していることでしょう。
20190310umanosuke16.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


ところで鳥居に刻まれた「宮脇修一」さんというお名前、どっかで聞いたことあると思っていましたが、あの世界的フィギアメーカー海洋堂の社長さんだったんですね。お父様はこの地打井川出身の創業者「宮脇修」さん。お父様は馬之助神社の入口にある「海洋堂かっぱ館」の館長をしておられます。このお話は、その宮脇家に語り継がれるお話でした。

怪しげな建物が「海洋堂かっぱ館」です。
20190310umanosuke15.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

海洋堂さんであればカッパの一匹や二匹作るの”おちゃのこさいさい”ですね。

以上です、なんか中途半端な終わりかたになっちゃいました  ( ̄_ ̄ i)....



   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月13日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(8)

朝露をのせた真っ赤なポインセチア

グゥーンと冷え込んだ朝、庭にほったらかしの真っ赤な葉っぱのポインセチアが....
20190309poin01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

大量の朝露をのせ朝日を浴びピカピカと輝いています。
20190309poin02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

とてもキレイなんで撮ってみたわけですが....
20190309poin03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

いつまでたっても写真の腕前が上達しないボクは....
20190309poin04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

なかなか上手く撮れません (_ _lll)
20190309poin05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

こういう類の被写体はど~もボクには向いてないような気がします...( -.-)。
20190309poin06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

向いていないんじゃなくて、ただ下手なだけです (´_`)=3


おわりにします <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月12日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(4)

[閲覧注意]四万十川純正カッパの....

怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」という記事を書いていますが、いよいよ次回で最終回となります。


ということで最終回を前に皆様に是非見ていただきたいものがございます。

それではどうぞ d( ̄◇ ̄)b

河童骨格標本
20190310kappa01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

四万十川産河童のミイラ
20190310kappa02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

ネットなんかで調べて見ますと、こういう類のものは沢山出てきますがどれもこれも疑わしいものばかりです。ですけど今回紹介したこのカッパは正真正銘の四万十川純正のものになります d( ̄  ̄)

で、このカッパがどこにいたかと言うと....

↓このJK(女子高生)カッパと一緒にいました。
20190310kappa04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

前見た時よりなんか老けた気がするのは気のせいかしら (‥ )ン?
20190310kappa03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


馬之助神社とは全然関係ない内容になりました....。

それでは”怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた(後編)”をお楽しみに( ^^)ノノ

でも、いつになるか分かりません <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月11日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(8)

ゴミを見るのはもうイヤだ、ペンタ棒で挑戦

カメラのセンサーに付いたゴミのことが気になって悩み続け眠れない夜を過ごしたあげく、髪の毛がますます後退したM字です。

作例「でかいゴミが付いたゴミのような写真 (_ _lll)」
20190303gomitori01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

という事で、そのゴミを取り除いてみたいと思います d( ̄  ̄)
20190303gomitori02.jpg
iPhoneSE

ゴミが何処に付いているか良く分かるように青空を撮ってみましたが、イマイチ良く分かりません....。
20190303gomitori03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

いつもやってるレタッチソフトの消しゴムでやるのではありません。棒の先っぽにグミみたいなネバネバしたものが付いた通称「ペンタ棒」またの名を「ペッタン棒」というもので挑戦してみます。
20190303gomitori04.jpg
iPhoneSE

そぉーとセンセーに近づけて....手が震えます、恐る恐るペッタンコ (=_=)プルプル
20190303gomitori05.jpg
iPhoneSE


このネバネバにゴミをくっ付けて取り除く非常にシンプルなやりかたです、しかし、センサーを傷つけてしまったらカメラ使い物にならなくなりますから慎重に行わなければなりません d( ̄  ̄) 


1回目
1番目立つゴミは取れました、でもよ~く見ると薄っすらとしたデカイゴミが増えた!何故 w|;゚ロ゚|w
20190303gomitori06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

もう一度、慎重に慎重にペッタンコ (=_=)プルプル
20190303gomitori07.jpg
iPhoneSE

2回目
フゥ~...取れました (; ̄ー ̄川 アセアセ
20190303gomitori08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

PICOH イメージセンサークリーニングキット(PENTAX純正)
20190303gomitori09.jpg
iPhoneSE


これで写真の腕前も上達するかもしれませんね d(゚-^*)

そんなわけない (´_`)=3


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月10日 04:01 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた(中編)

前編では沢山のカッパにジロジロ見られながら大変怖い思いをして鳥居をくぐったところまでお伝えしました。今回中編では拝殿周りの散策、馬之助神社とはいったいなんなのか?、などについてお伝えしたいと思います <(_ _)>


この鳥居をくぐりました。扁額には「馬之助神社」と書かれています。
20190302umanosuke21.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

カッパたちを横目に奥へ奥へ向かいますと....
20190302umanosuke22.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

見えてきたのが赤い幟旗と小さな橋、その橋のたもとには狛犬ならる”狛カッパ”が....
20190302umanosuke23.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

ますます怪しい雰囲気となってまいりました.... (-_-;)

阿(あ)
20190302umanosuke24.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

吽(うん)
20190302umanosuke25.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

小さな橋を渡ると御由緒書き?があります。「馬之助神社伝承」
20190302umanosuke26.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


こう書かれています↓
馬の助は約二百年昔貧乏百姓に生まれた為両親が口減らしに心を鬼にし一の又山の現地より五十メートル下流に捨てる決心をした。一週間ほど経って父親が様子を見に来ると馬の助はアカイコを獲って食いよったという。その一ヶ月も経たぬうちに家族親族一同が死に絶えたという 馬の助が一の又山で死んでからは人に災いが頻繁に起きた為 馬の助の祈念祭を行った。それが旧暦の三月七日の大祭となって伝承されています。御利益は 病気平癒 子宝 子供息災 入学祈願 海上安全 


口減らし....
飢饉の際とか貧しい農家が、家の経済を維持するため、男の子は奉公に出したり、女の子は「間引く・間引いたり=殺したり」、遊郭に売り飛ばすなどしました。
 
男の子は労働向きなので殺さないことが多かったようですが、奉公にも出さず馬の助の両親は捨てました。これについてはもう少し詳しく調べる必要があります。


神社の横を流れる小さな沢、アカイコを食べる馬の助君の姿でしょうか?なんか悲しくなりました......。
20190302umanosuke27.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

馬の助君が食べていたというアカイコ(サワガニ)
20190302umanosuke28.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


カッパのことは何一つ書かれていません、もしかして、馬の助の生まれ変わりがカッパということ(__!)?


大きな杉の木の間の参道を進みます。
20190302umanosuke29.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

木で作られた鳥居があります。ここには狛犬が
20190302umanosuke30.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

阿(あ)
20190302umanosuke31.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

吽(うん)
20190302umanosuke32.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

手水
20190302umanosuke33.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


馬之助神社というのは、親の都合で幼い時山奥に捨てられた馬の助という子供の霊を祀った神社でした。このような神社は全国各地あると聞きます....。
20190302umanosuke38.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

「口減らし」とか今では考えられないことですが、現代では、少し意味が違いますが、子育てに苦悩し、解決策が見つからず、わが子に手を挙げてしまうような保護者が多いようです....。


ところで、カッパはどうなった?!という声が聞こえてきますが....
20190308umanosuke01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


それは後編でお伝えいたします。

大変長々と駄文駄写失礼致しました <(_ _)> おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月09日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(4)

次は、リュウグウ爆破!!

皆様も既にご存知かと思いますが、”はやぶさ2”が2月22日に小惑星リュウグウへのタッチダウンを見事に成功させました。

実はその時の様子を”はやぶさ2”本人?が自撮りしていたとJAXAが発表しました d( ̄  ̄)。

(この画像は見にくいですから下の動画を見てください)
20190306hayabusa201.jpg
画像クレジット:JAXA等

JAXAによりますと、自撮り画像は、はやぶさ2がタッチダウン前にリュウグウ上空でホバリングしているところから、タッチダウン後の上昇までおよそ5分40秒にわたり自撮りされていたということです d( ̄  ̄)。

その自撮り画像がこちら↓(233枚の画像を繋いで映像にしているようです。)
JAXA

着陸というよりは、地表を蹴って跳ね返っている感じですね。でもこの一瞬で弾丸(タンタル弾)を撃ち込んで、舞い上がった砂塵をサンプル・ホーンにすくい上げているのです。本当は探査機の中に誰かいるんじゃないの?と思うくらいすごい技術ですね d( ̄◇ ̄)b。


はやぶさ2は着々と任務を遂行していますが、次はいよいよ今回最難関の任務が4月上旬に行われるリュウグウ爆破計画”です。爆破装置をリュウグウに落とし小さなクレータを作ります、5月以降に粉塵が落ち着いことを確認したら、再度降下着陸しリュウグウ内部のサンプルを採取することになっていますd( ̄  ̄)。

ANN NEWS

ちなみに、今回着陸した地点のニックネームを”たまてばこ”と命名するとJAXAが発表しました。
20190306hayabusa02.jpg JAXA


”たまてばこ”を地球に持ち帰るのは2020年暮れになると言われています。ガンバレはやぶさ2 (^o^)/


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月08日 04:01 ] 追跡[はやぶさ2] | TB(0) | CM(2)

怪しい雰囲気ハンパない「馬之助神社」に行ってみた(前編)

高知県中西部の高岡郡四万十町打井川の山奥に怪しい神社があるそうなので、雨がシトシト降る日曜日、誰も相手をしてくれませんので一人で行って見る事にしました。

バラエティ番組”何だコレ!?ミステリー”風にお伝えしますと下の絵のようなところです。
20190302umanosuke01.jpg
白い○のところが問題の神社

その神社は県道(険道)55号の分岐より山路を登ること約4km、うっそうとした森の中にあります。

こちらが山路に入る出発点となります。まだ人家はポツポツあります。
20190302umanosuke02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ここで舗装した道は終りです、デコボコ道の始まりです。
20190302umanosuke03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

しばらく走ると看板発見!「馬之助神社」というのですね、あと3kmと書いてあります。
20190302umanosuke04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

あと1kmとなった時.....
20190302umanosuke05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

何かの目線を感じ、川のほうを見てみますと....

なんぞコレ (゚_゚i)?カッカッパ ?w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!ビックリした ゚Д゚)  ヒイイイイィィィィ!!  
20190302umanosuke07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

辺りを見回すと...ヒイェ~!チェンソー を持ったカッパが w(><)wヒイイイイィィィィ!!  
20190302umanosuke06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

怪しい雰囲気となってまいりました....ここで引返そうかと思いましたが、”怖いものほど見てみたい”という言葉があるように、もう少しですから行ってみます ε=┏(゚ロ゚;)┛


少し開けたところが見えて来ました。奥のほうには鳥居が見えます....。
20190302umanosuke08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

到着  (´_`)=3 ここまでは車でこれます、でもデコボコ道なんで普通の乗用車なんかで来るのは止めたほうがいいと思いますよ d( ̄  ̄)。
20190302umanosuke09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

鳥居のところまで歩いて行ってみます....

ヒイェェェ~!!  カッパが酒盛りをしています
20190302umanosuke10.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

呑みすぎて首が取れたカッパ、怖すぎる (゚v゚;ノ)ノ ヒエッ!! 
20190302umanosuke11.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

鳥居です。まだ新しいようです、「馬之助神社」と書かれています。
20190302umanosuke12.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

鳥居をくぐり来た方向を見てみます。ボクの愛車「ダイハツレクサス」が見えます...d( ̄◇ ̄)b
20190302umanosuke13.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


ここにはやけにカッパが多いです.....。
20190302umanosuke15.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

この神社カッパの何かを祀った神社なのでしょうか ( ̄_ ̄ i)
20190302umanosuke16.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)

嫁さんにも相手にされず友達もいないボクは1人で来ましたが、こういう所はせめて2~3人で来ることをお勧めします。怖いから.....。
20190302umanosuke14.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


ということで今回はこれまで、本殿周りの散策は後編に続きます <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月07日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(8)

桜の開花が待ち遠しい今日この頃

今年の開花予想は、全国トップをきって3月19日に福岡からスタートし、翌21日には熊本、佐賀、高知、22日東京で開花を向かえるようです。
20190305sakurakaika01.jpg
画像はwebより拝借(weather map)

今年のは、平年より早く咲く所が多くなりそうですが、かなり早かった昨年よりは少し遅くなる見込みのようです。

の開花と言えば虫好き待望の「トンボシーズン開幕!」と言うことになります。昨年高知では3月15日の午後全国トップを切って高知城のソメイヨシノの開花が宣言されました。その発表の正午過ぎ、ボクの住む四万十市のトンボ公園でトンボ(タベサナエ)の羽化が確認され、トンボシーズン開幕となったわけですが、今年は少し遅れて20日頃になるのではないでしょうか。

そんな訳で、毎年トンボの羽化の確認をしているトンボ公園に約3ヶ月ぶりにやって来ました。実はこの公園、1年中トンボが見れるのです、しかも相当デカイです d( ̄  ̄)。

そのトンボはここにいます。( 四万十川学遊館 あきついお
20190305sakurakaika02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

玄関横に鎮座する巨大なトンボ、体長80cmはあろうかと思います。
20190305sakurakaika03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

顔とか尻尾?の色の様子でマイコアカネ(赤とんぼ)ではないかと推測されますがよく分かりません(--,)。
20190305sakurakaika04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


の開花とトンボシーズン開幕まであと2週間あまり、今年はどんなトンボに出会えるでしょう、待ち遠しいですね~v(^_^)v 


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月06日 04:01 ] トンボ その他トンボ関連 | TB(0) | CM(2)

PENTAX KPというカメラで撮った朝陽が...

ボクは日の出などの撮影の時は”PENTAX KP”という一応ミドルクラス?のデジタル一眼レフ(APS-C)を使っています。

右のカメラがPENTAX KPです(KPというのは可愛いペンタックスという意味です)
20190226pentaxkp01.jpg
iPhoneSE


今日もそのカメラを持ち出し、車で20分程のところの名鹿(ナシシ)ビーチに日の出を見に来ています。
20190226nasisihinode01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

残念なことに、水平線上には分厚い鉛色した雲が....(_ _lll)
20190226nasisihinode02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

それに....撮影している時は気が付かなかったのですが、自宅に帰って画像を見てみると、ゴミがくっ付いてるではありませんか (-""-;)ムム
20190226nasisihinode03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

ということは、この後に撮ったものは全部ゴミ付きの画像と言うことになります...何も 気づかずただのゴミを量産していたことになります ( ̄ロ ̄lll)

(ゴミが付いてなくてもゴミみたいな写真ですけど......) 


まぁ~こんな時のために”レタッチソフト”というものがある訳です。一生懸命ゴシゴシ消したのが下の絵となります。消えているのがわかりますか?
20190226nasisihinode040.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

この絵もゴシゴシしてます。
20190226nasisihinode050.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

お日様の下に黒い点が2つほどありますが、これは鳥です鳥が飛んでるのです。話は変わりますが、やっぱりこの日のお日様も赤く写りません....(-.-)
20190226nasisihinode060.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

そんなことを考えていると、日の出を終わっちゃいました。
20190226nasisihinode070.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


それにしてもこの”PENTAX KP”というカメラ、「どこかにデカイアナとか隙間があるんじゃないの?」と思うくらい良くゴミが入ります...。
20190226pentaxkp02.jpg
iPhoneSE


下の写真は1番上の写真の左側にあるカメラ(PENTAX K-3)で撮ったものです。このカメラは、もうかれこれ5年使ってますがこのようなことは1度くらいしかありません、何故でしょうね”KP”は (-_-;*) ウゥム…。
20190226nasisihinode080.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


このゴミのことが気になって夜も眠れません....。

ゴミのような写真ばっかりお見せしてゴメンなさい m(_ _)m

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月05日 04:01 ] カメラ | TB(0) | CM(2)

ネコににらまれる

気持ちよさそうにお腹をさすってもらってるモロ(♂)というネコがいます(∵)。
20190303moro02.jpg
iPhoneSE

写真を撮ろうと思ったらにらまれた(◎_◎;)。
20190303moro01.jpg
iPhoneSE

何故にらむ (-_-;*)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月04日 04:01 ] ねこ | TB(0) | CM(4)

こんなお内裏(だいり)様は絶対嫌だ!

皆様のブログを拝見いたしますと、桃の節句とありまして、それはそれは優雅でステキなお雛人形のお写真をアップされてますね ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶。

なので、ボクも負けずにアップしてみたいと思います d( ̄  ̄)。


ひじょうにエロい目線でお雛様を見つめる外人?のお内裏(だいり)様 (--)!
20190302hinamaturi01.jpg
PENTAX KP+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL(ボケボケ) 

どの角度から見てもスケベったらしい顔してます (-_-;*) ウゥム… 
20190302hinamaturi02.jpg
PENTAX KP+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL(ボケボケ) 

3月3日は女の子の健やかな成長を願う伝統行事「ひな祭り」。こんなものを飾ったらせっかくの大事なお祭りもブチ壊しになりかねません....。


せめてこのくらいの物を飾ってあげたらいかがでしょうか d( ̄◇ ̄)b
20190302hinamaturi005.jpg
PENTAX KP+PENTAX-DA 35mm F2.4 AL(ためしにHDR撮影してみた...ボケボケ) 

はて...これはだれ (‥ )ン?(ヒント:お前はもう死んでいる)


女の子がいるご家庭のお父様お母様、大変失礼致しました <(_ _)>


このお雛様についての詳細は需要があればアップいたします。だだし、ボケてます...。
   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月03日 04:01 ] ある日の出来事 あれこれ | TB(0) | CM(4)

四万十川河川敷きの菜の花満開

(2月28日の続きとなります)

沈下橋を後にして赤鉄橋を渡り、やってきたのは四万十川の河川敷にある自然林「入田やなぎ林」というところ。やなぎの足元一面に1,000万本あると言われる菜の花が敷き詰められています。

菜の花特有?の匂いがプンプンします、もう満開近いでしょうかね?
20190226nanohanamankai01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

ここは2月9日に1度訪れています、その時はまだ五部咲きもいっていなかったような気がしました。

20190209nanohana001.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF


そんな菜の花ですが、食べるのには少し遅すぎたように思います。(別に食べようと思いませんが、ツボミの時が苦味が少ないようです。)
20190226nanohanamankai02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

四万十川の堤防に沿って「やなぎ林」は約2km続きます、散策道も整備されていますので絶好のお散歩コースとなっています d( ̄◇ ̄)b
20190226nanohanamankai03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

菜の花もキレイですが、やなぎの”クネクネ”した感じもす素晴らしいと思うのはボクだけでしょうか?
20190226nanohanamankai04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

後に見えるのが毎度おなじみの赤鉄橋です。
20190226nanohanamankai05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

ここでは毎年3月の初め、”菜の花まつり”が約1ヶ月間開催され色んなイベントが行われます。(今年は今日3月2日からのようです)
20190226nanohanamankai06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF


お近くに方は是非どうぞ、今が見ごろと思いますよd( ̄◇ ̄)b 

ボクはこの花の匂いがどうもダメなんで行きませんがね  (_ _)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月02日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(6)

赤い太陽が撮りたい!

自宅を6時前に出発し、なにか良い事があるかもしれないと、久しぶりに日の出を拝みに来ています。

今朝の日の出は6時41分、風が少し強く波がうねっています、少し気嵐も出ています...寒い (+.+)
20190225futami01.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

キレイなお日様の登場です。だるま朝日の予感 (*゚▽゚*)わくわく
20190225futami02.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

あらぁ~千切れた!だるま完成ならず (_ _lll)
20190225futami03.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


いつも思うのですが、肉眼で見た太陽は赤とか黄色い時が多いです、それを写真に撮れば真っ白けに写るのは何故でしょう?露出をマイナス側にしてホワイトバランスなんかをあれこれと調整してますが、多少赤っぽくなるだけで太陽以外は真っ黒になっちゃいます。下手くそだからかしら...。
20190225futami04.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

そんなことを考えてブツブツ言っていると、いつのまにか日の出は終わっていました。
20190225futami05.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

帰り道、近くの公園にあるモニュメントを撮ってみました、特に理由はありません....。
20190225futami06.jpg
PENTAX KP+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE


1月は行く、2月は逃げる、そして今日から去るといわれる3月となりました。この1月から3月にかけての年初はなぜかしら毎年気ぜわしく、とりわけ早く感じる月日の流れ...いつしかめっきり春めいて、水温み、春一番が吹き、今年の桜はいつ咲くか気になりはじめるころとなりました...。

では、さようなら (^_^)/~~


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m