日は昇り日は沈む

早いもので今日で10月も終りとなります。残すところ僅か2ヶ月、平成最後の大晦日がすぐそこまでやって来ています。

良く晴れた日曜日の早朝、いつもの海岸へやって来ました。只今の気温10℃、寒い ((=_=))

こんな良く晴れた寒い朝は、お天道様が「だるま」になる確率が高いんですって d( ̄  ̄)

2018年10月28日6時19分16秒、「だるま」開始 !
20181029daruma01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

2018年10月28日6時19分44秒、「だるま」に変身 !
20181029daruma02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

今朝も見れました「だるま朝日」何か良いことあるかしら ( ̄◇ ̄)v
20181029daruma03.jpg
iPhoneSE

頭の後ろにはポカリとお月様が。
2018年10月28日6時29分の更待月(月齢18.74)
20181029saramati04.jpg


だるま朝日が撮れたので、ルンルン気分で自宅に帰り一休み、トンボ公園にでも行こうかなと思いましたが、前々から嫁さんに言われていた荒れ放題の庭のお手入れなんかをしなくてはなりません...。

作業も一通り片付いた午後4時過ぎ、レクサス(軽トラ)を30分ほど走らせて夕日の見える公園へと出発

この公園は以前「ぱしふぃっくびーなす」の入港の様子を撮ったところで、とても「びゅーてぃほー」な「だるま夕日」に逢えることで有名です。この日もカメラマンの方が10人ほどいらっしゃいました。みんな良いカメラ持ってる、ハズカシイ >艸<

2018年10月28日17時12分、だるまに逢えるかしら (*゚▽゚*)ワクワク
20181029daruma05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

2018年10月28日17時15分、逢えません....雲が (--)
20181029daruma06.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

2018年10月28日17時19分、あ~沈んでしまいました....。
20181029daruma07.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

だるま夕日を見るのにはまだ時期的に少し早かったですかね、 11月からだるまの本格的なシーズンになるということなので、また挑戦してみたいと思います ( ̄ー ̄)v

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

津賀(つが)ダム

久しぶりのダム探訪となります。ちょっと長くなりなすが、少しだけお付き合いいただければ、M字が喜ぶかもしれません <(_ _)>

四国きっての「酷道」として有名な国道439号線(通称:ヨサク)を四万十川の支流「梼原川(ゆすはらがわ)」の合流点付近からさかのぼること車で約20分 、ここは四国カルストへと続く道。津賀(つが)地区というところで突然左手にダムが現れます。
20181013tugadamu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

津賀(つが)ダムです。残念なことに酷道国道からはあまり良く見えません (--)。
20181013tugadamu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムの天端(てんば)は通行可能ですが、道幅が狭くすれ違いできません、それに重量制限となっていますので注意が必要です。
20181013tugadamu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

その狭い天端の道路を歩いて渡って行ってダム全体が見渡せる場所からの眺めです。タイミングよかったです、放水しています、ラッキー ( ^^)ノ。
20181013tugadamu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

津賀ダムは、高知県で造られた重力式コンクリートダムで3番目に造られた古いダムだそうです。第2次世界大戦末期である昭和19(1944)年に本土決戦のための電源確保のため造られたようです。いままで訪れたダムは洪水調節とかの目的で造られたものが多かったですが、「本土決戦のための電源確保」とは驚きますね w(゚o゚)w。
20181013tugadamu05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

四国電力(株)が所有し津賀発電所では、最大出力17,000kwの発電を行っているようです。
20181013tugadamu06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ここで、良く分かりませんがダムの主な諸元なんかを書いておきますd( ̄  ̄)。

位 置:高知県高岡郡四万十町津賀地先
河 川:渡川(四万十川)水系梼原川
型 式:越流型直線重力式コンクリートダム
堤 高:45.5m
堤頂長:145.0m
堤体積:約75,000㎥
流域面積:381㎢
総貯水容量:19,300,000㎥
有効貯水容量:14,000,000㎥

洪水吐の鋼製ラジアルゲートが10門ずらりと並んでいます。これはオリジナルではなく、大規模な改修が施されている様です。
20181013tugadamu08.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ゲートの巻揚機をフェンスごしに。
20181013tugadamu09.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このダムは導流壁が特徴的です。導流壁とは読んで字の如し、流れを導く壁です。下の写真の右側の水面付近のところのコンクリートの形状を見てください、きれいに湾曲しているのが分かりますか、洪水吐から流れ出した大量の水が四方八方に飛び散らないように中央に導くよう工夫されたものです。まるですり鉢みたいですね v(¯0¯)v。
20181013tugadamu07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上流からです。それにしても年期の入ったコンクリートです。70年過ぎてますからね、当然と言えば当然ですね (∵)。
20181013tugadamu10.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダム湖です。名前は特に付けられてなく、普通に「津賀ダム湖」らしいです。
20181013tugadamu14.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムカードは多分無いと思います、 ダムの入口?(国道側)に四国電力さんが作った「さわやかトイレ」があります、その入口にハンコが置かれてますので自由に押せます。
20181013tugadamu11.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

パソコンの右側の画面にあるのが「さわやかトイレ」です。
20181013tugadamu12.jpg
iPhoneSE(自宅の研究室?)

ついでに、ダムをバックに記念撮影 d( ̄◇ ̄)b。ヒメアカネ君でしょうか?
20181013tugadamu13.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

いかがでしたでしょうか、四万十川にはダムが無いといわれていますが、それは本流に限ってのことです。実は支流にはこのような目的のダムがあったのです d( ̄  ̄)。
このダムのさらに上流に、「近代土木遺産」に登録されている「橋」があるようなので行ってみたいと思います、それはまた次回  (^_^)/。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月30日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

「ぱしふぃっくびいなす」出港の様子

乗員、乗客840人を乗せて20日「秋の日本一周クルーズ」の途中、高知県宿毛市の宿毛湾港新港岸壁に8時ジャストに接岸した「ぱしふぃっくびいなす」が同日の16時に出港いたしましたのでその時の様子をご覧くださいませ <(_ _)>

入港の様子はこちら→ 「ぱしふぃっくびいなす」入港の様子[2018年10月26日]

出港準備の様子(10月20日15時45分)
20181020pbout01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

こんな風景見るの何十年ぶりかしら?
20181020pbout02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

お見送りのセレモニーが終り、岸壁から離れました(10月20日15時57分)
20181020pbout03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

タグボート「「けんざん丸」に押され港を出て行きます。
20181020pbout04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

外海へと向かいます。(10月20日16時11分)
20181020pbout05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

これから足摺沖、室戸沖を通過し紀伊水道を経て次の寄港地、堺泉北港大浜埠頭に入港予定だそうです。
20181020pbout06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

死ぬまでに一度でいいからこんな旅をしてみたい....と思いながらため息が漏れた....。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月29日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(0)

リュウグウの史上最高解像度画像

久しぶりに「はやぶさ2」からお便りが届きました。

遠い遠いお空の上では、はやぶさ2が「小惑星リュウグウ」へのタッチダウンに向け2回目のタッチダウンリハーサル(TD1-R1-A)を10月14日〜16日に行いました。

最低高度の22.3mに達した10月15日22:44(日本時間)の直前に、望遠の光学航法カメラでのリュウグウ表面撮影に成功しました(下の画像)。これは、これまでで最も高解像度の画像になります。

リュウグウの地表面、直径2〜3cmの非常に細かい岩石まではっきりと視認できています。
pub-v2_hyb2_onc_20181015_134041_tvf_l2a_scale_red.jpg

高度約49mにおいてONC-W1で撮影されたリュウグウ表面(2018年10月15日22:39(日本時間))黄色い枠で囲んだ範囲が上の画像の撮影領域です。自分の姿も写ってます v(^_^)v
20181015_133937_w1.jpg

高度約47mにおいてONC-W1で撮影されたリュウグウ表面(2018年10月15日22:45(日本時間))。赤い丸がタッチダウンの候補地点のL08-Bの領域です。L08-Bには、確かに大きな岩塊(ボルダー)は存在しないことは分かります。よかったですね d( ̄◇ ̄)b
20181015hayabusa2003.jpg


本番のタッチダウンに向け着々と準備が整っているようです。今後、3回目のリハーサルを行い、本番は11月下旬から12月になる予定だそうです。

ガンバレ「はやぶさ2」(^o^)/ 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月28日 04:01 ] 追跡[はやぶさ2] | TB(0) | CM(0)

やっと撮れたきれいな「ダルマ朝日」でも...

しつこいぞ!と言われそうですが今日も「ダルマ朝日」の記事となります <(_ _)>

ここは高知県の四万十市にある「土佐西南大規模公園内の下田(しもだ)地区」というところ、地元では太平洋から昇るきれいな朝日が見られると言うことでちょっとした人気ポイントとなっています。
20181022simoda001.jpg
PENTAX K-30+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

今日(10月21日)の日の出は6時14分、さてダルマ朝日は見られるのでしょうか?
20181021darumaasahi01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

良いですね~!きれいなダルマさんの出来上がりです  d( ̄◇ ̄)b
20181021darumaasahi02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

でも面白くない...なんか物足りません (∵)
20181021darumaasahi03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

ダルマさんの手前に何か写り込むものがあれば良いのに...岩とか漁船とか鳥とか灯台とか何かが....。

新しい撮影ポイントを探さなくてはなりません、次回はそれまでお待ちください m(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

「ぱしふぃっくびいなす」入港の様子

就航20周年をむかえる豪華クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が、「秋の日本一周クルーズ」の途中、高知県宿毛市の宿毛湾港新港岸壁に20日寄港しました。同港へ20回目となる寄港だそうです。20繋がりというところがなんか良いですね v( ̄ー ̄)v
20181020pb01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

船首が見えました。
20181020pb02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

全体の姿です。デカイですね w(゚o゚)w オオー!
20181020pb03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

運航:日本クルーズ客船株式会社
就航年月:1998年4月
総トン数:26,594トン
全長:183.4m , 幅: 25.0m , 喫水:6.5m
巡航速力:18.0ノット
甲板数:12層 , 旅客数:620名 , 乗組員:220名

タグボートがやって来ました。
20181020pb04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

これからこの小さいタグボートが、でかい「ぱしふぃっくびいなす」をグイグイ押しながら180度回転させて接岸させるようです ( ̄◇ ̄)。
20181020pb05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

半回転しましたかね?
20181020pb06.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

もうすこし、ガンバレ (^o^)/
20181020pb07.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

接岸完了!良い仕事してますね~  d( ̄◇ ̄)b 
20181020pb08.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

カッコイイ ( ^^)ノノ
20181020pb09.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

引き揚げるタグボート「けんざん丸」
20181020pb10.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

午前8時ジャスト接岸、 午後4時出港だそうです。クルーズはまだまだ続くようで、次の寄港地は堺泉北港大浜埠頭だそうです。
20181020pb11.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

宿毛湾港全景に農道のレクサス(軽トラ)を添えて...。
20181020pb12.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

「秋の日本一周クルーズ」いいな~羨ましい (*´ο`*)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月26日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(0)

ビーズ細工のトンボブローチ

早朝の散歩道、道脇の雑草の葉っぱの裏につかまり、まだ寝ているトンボさんを発見 v(^_^)v

ヒメアカネ君でしょうか?朝露が体中に降りてますが....ヾ(--;)
20181013himeakane01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

爆睡中でございます。寒くないのかしら (・_・?)
20181013himeakane02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

朝露が付いているのが全然分かりません、どうしましょう~ (--,)

これと似たような物をどっかで見たことがあるようなないような (・。・;)?
20181013himeakane03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

これでした!ビーズ細工のトンボブローチ (^o^)/
20181013himeakane04.jpg
iPhoneSE

写真のセンスと腕がアレなもんで、露のビーズ感がイマイチ伝わりません (_ _lll)
20181013himeakane05.jpg
iPhoneSE

ちなみに、ビーズトンボは「ネキトンボ(リンクします)」です。

おわり。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月25日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(2)

あたま半分の「だるま朝日」

今朝も来ています。でも...水平線の近くにはドンヨリとした分厚そうな雲が出ています....。

そんな訳で「だるま朝日」に似たようなものを撮ることができました。

だるまの頭が半分雲に隠れています (_ _lll) 2018年10月20日 6時12分42秒
20181020hinode01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

だるま朝日とは、晩秋から冬にかけての寒い時期に見られる自然現象です。冷え込みがきつく、太陽が海から昇るとき「だるま」のように歪んで見える現象で、空気の気温差により蜃気楼ができるのだろうと考えられています。形がギリシャ文字の「Ω」に似ていることから「オメガサン」とも呼ばれているようです。

そんな「だるま朝日」の日の出直後から「だるま」の完成、そして頭と胴体が離れる様子です。長くなりますのでコーヒーでも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ <(_ _)>

日の出直後(2018年10月20日 6時10分10秒)
20181020hinode02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

今日は「だるま」になるかしら?(2018年10月20日 6時10分40秒)
20181020hinode03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

あ~頭の天辺が隠れた(2018年10月20日 6時11分20秒)
20181020hinode04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

いびつな形になりました、だるまの始まりです。(2018年10月20日 6時11分48秒)
20181020hinode05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

くびれがはっきりとしてきました。(2018年10月20日 6時12分18秒)
20181020hinode06.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

完成かも?(2018年10月20日 6時12分42秒)
20181020hinode07.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

頭と胴体が離れる瞬間(2018年10月20日 6時12分48秒)
20181020hinode08.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

完全に離れました(2018年10月20日 6時12分58秒)
20181020hinode09.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

胴体が消える瞬間(2018年10月20日 6時13分02秒)
20181020hinode10.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

頭ももうすぐ見えなくなります(2018年10月20日 6時13分10秒)
20181020hinode11.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

雲に隠れて見えなくなりました。 (2018年10月20日 6時19分08秒)
20181020hinode12.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

再び登場!(2018年10月20日 6時21分00秒)
20181020hinode13.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

まぶしい w(><)w(2018年10月20日 6時21分16秒)
20181020hinode14.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

以上です。お疲れ様でした <(_ _)>

日頃の行いが悪いのか、運が悪いのか?頭半分の「だるま朝日」でした....また挑戦したいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

杜鵑草(ホトトギス)の花

ホトトギスという「テッペンハゲタカ(天辺禿たか)」とか鳴く非常に失礼な鳥がおりますが、今回はそんな人を小バカにした鳥のお話ではなく、植物のほうの「ホトトギス」のお話になります。

ホトトギスの花を撮っていたら、突然突進してきて花をかき乱した行った虫、名前は分かりません。
20181006hototogisu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ブレてます...気を取り直して撮ったのが下の絵 (--,)

杜鵑草(ホトトギス)はユリ科ホトトギス属の多年草。日本固有の花で、夏の終わりから秋にかけて斑点模様の花を咲かせます。
20181006hototogisu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ホトトギスという名前は、鳥のホトトギスから付けられています。その理由は、鳥のホトトギスの胸元の模様と、花のホトトギスの紫の斑点が似ているためだと言われています d( ̄  ̄)。
20181006hototogisu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちなみに、ホトトギスとはこんな鳥だそうです。(ボクはじっくりと見たことありません。)
20181006hototogisu05.jpg
画像なwebよりお借りしてちょっぴり手を加えました。ゴメンなさい m(_ _)m  
 
ホトトギスは、夏から秋の終わりまでのとても長い期間、花を咲かせ続けます。
20181006hototogisu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そんなホトトギスのひたむきな姿から、花言葉は「永遠にあなたのもの」とか「永遠の若さ」とか「秘めた思い」とか付いたといわれています d( ̄◇ ̄)b。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月23日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

早起きして日の出を撮りに来たものの

この日の日の出は6時8分、4時頃起きて空を見上げれば星が出てます。コーヒーを飲みながら今日のブログを確認します。今日は天気がよさそう、ひょっとして久しぶりに日の出が見えるかも?とか思いながらいつもの海岸へといざ出発  ┏( ・_・)┛

到着、カメラをセットしてその時を待つ様子の絵....
20181014hinode01.jpg
iPhoneSE (2018年10月14日06:01)

日の出です...なんか今日はお日様が丸く写りません (∵)
20181014hinode02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE (2018年10月14日06:10)

ズームして撮ってみましたが....暗い (--)
20181014hinode03.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE (2018年10月14日06:12)

漁船が通り過ぎて行きます。
20181014hinode04.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE (2018年10月14日06:15)

オレンジに染まる朝焼けはキレイなんですが、肝心のお日様が....。
20181014hinode05.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE (2018年10月14日06:17)

雲があるからでしょうか、カメラの設定ミスなんでしょうか、はたまた腕がイマイチなのか、どの絵もお日様は丸く写りませんでした (-""-;)ムム...

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

無精ひげボーボーの姫茜

ヒメアカネという「赤とんぼ」はこのブログに何度も登場していますが覚えていますか?

今まで撮ってきたヒメアカネはお顔がツルツルしてノッペラボウみたいな感じでしたが、今回のヒメアカネはとてもダンディなお顔をしておりますのでご覧ください  v( ̄ー ̄)v 

無精ひげボーボーのヒメアカネ(♂)
20181012himeakane05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちなみにこちらがノッペラボウ?みたいな感じのお顔です。ですが、よくみるとこちらも薄っすらとヒゲはえてますね ヾ(--;) 
20180907himeakane111.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

控えめの眉状斑(黒い点2つ)が渋いと思いませんか?
20181012himeakane02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

もう見飽きたかも分かりませんが、念のために横から...。
20181012himeakane03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そして背中からとなります。
20181012himeakane04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

赤とんぼの記事が多くなっておりますが、もうしばらくお付き合いお願いいたします m(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月21日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

十日夜(とうかんや)月と火星が大接近

10月18日の夕方から深夜にかけて、南から南西の空で上弦過ぎのお月様と火星が大接近しました。

見ましたか?ボクは見ましたよ↓(10月18日20時36分)
20181018moon01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

7月31日の火星の地球最接近から2か月半。火星は少し暗くなってきましたが、マイナス1等級の赤い輝きは、月がすぐそばにあってもよく目立ちます。

と言っても、全然まったくどこに火星があるか分かりませんね、ですからマークしてました。

ちっちゃ ( ̄◇ ̄)  ゴミではないですよ (--,)
20181018moon02.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

そしてこれが十日夜(とうかんや)月です。旧暦で10日頃のお月様の名前です。旧暦10月10日の夜には秋の収穫を祝い各地で行事が行われます。
10月18日20時36分(月齢:9.33 輝面比:66.06% 方位:200.9°南 高度:36.7° )
20181018moon03.jpg

月と火星の接近、次回は11月16日(金)です。日付が変わるころには沈むため、なるべく早い時間にご覧ください。

お忘れなく d( ̄  ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

山吹色した黄トンボ

(赤とんぼ撮影:強化月間)

良く晴れた午前中、いつものトンボ公園で池の周りをうろついていると、目立つ色したトンボが目に入ってきました。池の水に青空が映りこみとてもきれい v(^_^)v

キトンボ(黄蜻蛉)
このトンボも「赤とんぼ」と呼ばれる「アカネ属」の仲間になります。名前のとおり翅の半分近くが黄色味?を帯びています。
20181005kitonnbo01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(今回の写真は荒いです。池の真ん中にとまって休んでいますので、ちょと遠いから100ミリマクロでは無理でした。)

いつもこのトンボを見ると思うのですが、ボクには黄色ではなくオレンジ色とか山吹色に見えてしかたありません、目が悪いのかしら....皆さんは何色に見えますか (‥ )?

↓参考までにカラーコードを書いておきます、クリックしてどの色に近いか確認してください d( ̄  ̄)

*日本の伝統色の「やまぶきいろ(山吹色)」に一番近いですかね? 、ヤマブキトンボ(山吹蜻蛉)でいいんじゃないかしら...と思ったりします (・∧・)
20181005kitonnbo02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

12月の下旬まで見られるこのキトンボはとても寒さに強く、まれに年をまたぐ個体もいるようです。まだまだこれから楽しませてくれる「赤とんぼ」さんですね d( ̄◇ ̄)b

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月19日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

朝露とアスターそしてさようなら

朝晩めっきりと秋らしくなってきた今日この頃、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

さて、我家の玄関先には鉢植えの「アスター」という紫色の花が葉の先に朝露をのせ輝いています。

アスターの花を真上から撮ってみました。何がなんだか分かりませんね...それに、なんだか硬そうなイメージとなりました (--,)
20181015asuta01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

横からです。
20181015asuta05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

どんな花か全然分かりませんから全体を撮ってみました。
20181015asuta06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

アスターとはキク科カリステフス属(エゾギク属)の植物です。
20181015asuta03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

春まきの一年草で、小菊に似ていることから「エゾギク」とも呼ばれているようです。
20181015asuta02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そんなアスターの花言葉のひとつに「さようなら」というものがあるようです。

二日くらい前からこの花に「ウリハムシ」がいます。どうやら花びらを食べているようです...。

相当な害虫らしいので早く抹殺しなければ....

ウリハムシさん「さようなら...」
20181015asuta07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

おわり。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月18日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

背中から見るとよくわかるネキトンボ

(赤とんぼ撮影:強化月間)

西日の射す午後3時過ぎのトンボ公園の小さな池では、一匹の赤いトンボが哀愁を漂わせポツンとたたずんでいる姿がありました。
20181003neki001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ネキトンボ(根黄蜻蛉)
春から夏にかけ、これでもか!と真っ赤っ赤になるショウジョウトンボに良く似てますが、このトンボはアカネ属の仲間となります。ショウジョウトンボのケバイ赤とは一味違い、「赤とんぼ」らしい赤色です。(ショウジョウトンボは普通のトンボ科のトンボです。リンク→何でそんなに赤いの?
20181003neki002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

翅の付け根が橙色をしていることから根黄トンボと名がつきました。全身が真っ赤で胸に一本の太い黒条があるのが特徴なんですがこの写真では分かりません (--;)
20181003neki003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

背中から見ると、 翅の付け根の橙色がよく分かります。とてもきれい d( ̄◇ ̄)b
20181003neki004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

5月中旬ころ羽化した若いころは生まれたところの周辺の林などで生活します。大人になると生まれた池や沼に戻って生活をするようになります。全盛期は過ぎてしまいましたが、11月初めころまで見られますのでお早めに d( ̄  ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月17日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

地球照(ちきゅうしょう)をキレイに撮りたい

夕方の西の空にポカリと浮かんだお月様をみてみると、きれいな三日月なんですが、その三日月の周りがぼんやりと見えることがありますよね。これは「地球照(ちきゅうしょう)」という現象らしいです。つまり、地球に照らされて光っているのです。太陽の光が一度地球に達し、地球からの照り返しを月の影の部分をほんのりと浮かび上がらせているのですd( ̄  ̄) 。

肉眼ではぼんやりと見えますが、撮ってみると写っていません....きっとカメラの設定が間違っているのでしょう (--;)
20181013yuuzuki01.jpg

すこし設定をいじくって....ザラザラで酷い  ( ̄ロ ̄lll)
20181013yuuzuki02.jpg

そんな訳で地球照はあきらめて、普通に撮ってみました....下手ですが (_ _lll)

旧暦9月5日の夕月
10月13日18時14分(月齢:4.23 輝面比:19.56% 方位:225.1°東 高度:24.2° )
20181013yuuzuki03.jpg


昔々その昔は地球照で光っている部分は、月でも地球でもない別な世界であると考えられたこともあるそうです。きっと、かぐや姫さまのお家があってウサギさんと仲良く暮らしていると考えられていたと思います。v( ̄ー ̄)v。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

熟年カップルまだまだ頑張る

我が国では、少子高齢化が叫ばれて久しいですが、トンボ界においては話が違うようです。「産めよ、増やせよ」の精神?で老若男女問わず子孫繁栄のために日々励んでおります。

西日の射す池の畔では、 熟年カップルと思われる「アオイトトンボ」がハート(交尾)の態勢に入ろうとしています。
20181003aoito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

5から6月頃羽化した成虫は、池の周辺の林に移動し、林内の草地で暮らしています。9月頃になると池に戻り、生殖活動を行うようになります。
20181003aoito02.jpg

(♂)は老熟すると金属光沢に輝いていた胸は白い粉をふきあの輝きを失ってしまいます。
20181003aoito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


(♀)は白粉をおびないのがほとんどですが、まれに白粉をおびるものもいるようです。
20181003aoito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

そんなアオイトトンボさんですが12月中旬頃にはひっそりとその姿を消してしまいます.....。

所得格差がはげしく、結婚すらできない若者が多いなか、子どもを産まなくなるのも当然な事情であります。いったいこの国はどうなるのでしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月15日 04:01 ] トンボ アオイトトンボ科 | TB(0) | CM(4)

海上自衛隊訓練支援艦「くろべ」来る

先日(10月6日)「宿毛(すくも)湾」という所で夕日を眺めているときに、地元の漁師のオジサンから教えて頂いた(その時の記事はこちら→ 宿毛(すくも)湾の夕日(リンク))、海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」が「宿毛(すくも)新港」に寄港したようなのでドライブがてら見に行って来ました。

沖合いに停泊中の「くろべ」(2018年10月6日:宿毛湾) 
20181006sukumoyuuhi03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

見えて来ました。岸壁に接岸する「くろべ」、なにぶん自衛隊の船を撮るのは初めてなんで、何をどう撮っていいのか良く分かりませんので、自衛隊大好き関係のカテの皆様におまかせしたいと思います。
20181007kurobe001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

練習支援艦「くろべ」の概要→Wikipedia(リンク)

とりあえず船全体が入るように...こういうものをフィッシュアイ(魚眼)レンズで撮るのは如何なものかと思います。
20181007kurobe002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

62口径76ミリ速射砲というものでしょうか?
20181007kurobe003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

ところで、この船が寄港した「宿毛(すくも)湾」て誰も知らないと思いますので少し紹介いたします。と思いましたがめんどくさいのでWikiを参考としてください。

宿毛湾(すくもわん)の情報はこちら→Wikipedia(リンク)

場所だけお伝えいたします。下の2枚の絵は「ライブ船舶マップ-AIS-船舶動静ならびに船舶位置」というリアルタイムで位置情報などが提供されるネットサービスがありますので、そこを参考としました。

分かりにくいですが、黄色い○で囲まれた場所が宿毛湾です。この中に「くろべ」は停泊しています。赤やら緑の矢印みたいなマークが全て船舶らしいです。ものすご数ですね。
20181007kurobe008.jpg

少し大きくしてみました。上から2枚目と3枚目の絵は岸壁から、下の斜め後方からの2枚は対岸から(白丸でここから撮ったと書いてあるところ)の眺めです。
20181007kurobe007.jpg

対岸からの眺めです。
20181007kurobe005.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

あらっ漁船が....。
20181007kurobe006.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

何の目的で今回寄港したのか分かりません....。
20181007kurobe004.jpg 
ちなみに、この艦の艦長は女性の隊員さんで「相馬美佳艦長(2等海佐)」という方らしいです。お目にかかりたかったわ~。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月14日 04:01 ] ある日の出来事 行ってみた | TB(0) | CM(0)

ネコが「ゴロゴロ、ドゥルルル」と言うものですから

トンボのことばっかり書いていますと「ここは昆虫カテじゃないぞ!」と怒られそうなので、今回は久しぶりに「ネコ」を撮ってみましたのでご覧くださいませ <(_ _)>

おでこが禿かけている?多分4歳くらいの黒いネコが、ボクの股の間でうつろな目をしています。
20181004jiji01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ゴロゴロ、ゴロゴロ、ドゥルルル、ドゥルルルと言ったので.......
20181004jiji03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

のどを撫でてあげたら........
20181004jiji02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

スヤスヤと眠り始めました.....。
20181004jiji04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

動けません、どうしましょう~ (_ _。)・・・

ただそれだけのお話です、おわり m(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月13日 04:01 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

舞妓茜(マイコアカネ)

(赤とんぼ撮影:強化月間)

ボクはお酒をいただくと顔が赤くなるほうですが皆さんはどうなりますか?

オデコの辺りからエメラルドグリーン?のような色が浮かび上がっていて、顔の白さとその色が「舞妓さんのおしろい」をイメージさせたことからこの名前がついたようです。なんか心が和むような純和風の名前ですね。名前付けた人センス抜群 d( ̄◇ ̄)b グッ

ボクみたいに二日酔いで顔色が悪いのではないようですヾ(--;)。

マイコアカネ(♂)
20181003maiko01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

こんな顔色になるのは(♂)だけで(♀)はマユタテアカネにそっくりです。
20181003maiko02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

しかし、その顔面を正面から撮ることができませんでした (-""-;)ムム・・・
20181003maiko03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

意味も無く背中を撮ってみました....正面を向いてくれると有りがたいのですが ヾ(--;)
20181003maiko04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

11月上旬ころまでは見られますのでまたチャレンジしたいと思います v( ̄ー ̄)v

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月12日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(5)

ノシメの小型コノシメトンボもお忘れなく

(赤とんぼ撮影:強化月間)

先日(10月4日)「夕暮れに見た赤とんぼ」と題しまして、翅の先端が黒いのが特長的な「ノシメトンボ」という赤とんぼの記事を書いたところですが、今回はそのトンボの小型?となる「コノシメトンボ」の紹介となります <(_ _)>

コノシメトンボ(♂)
20181003konosime01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

毎度おなじみのハート(交尾)です。この角度でしか撮れなかったのが残念でなりません (_ _lll)
20181003konosime02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ノシメトンボは赤ではなく赤こげ茶色?になりますが、コノシメトンボはほぼ全身赤くなりますので見分け方は簡単ですね d( ̄  ̄) 
20181003konosime03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このトンボ、どうも暑いところは好みではないようで、日陰の涼しい林の中なんかでよく見かけます。9月になって涼しくなると、日陰から日向に出てきて少しは観察出来るようになります。暑すぎるのは苦手、寒すぎるのも苦手なわがままなトンボです。と言う訳で、このトンボの観察は今がベストだと思いますよ d( ̄◇ ̄)b
 
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月11日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(2)

新月2日前のお月様と太平洋からの日の出

10月に入って最初のお月様の撮影となった3連休中日の7日の早朝、お天気は良かったのですが....。

この日の月の出は3時39分、遅いと言うか早いと言うか?そして日の出が6時3分(足摺岬)この2時間30分の間にお月様を撮らなくてはなりません。自宅の周りは山がありますので月の出の時刻にはどう頑張っても見えません.....。どうせなら日の出も一緒に撮れる場所は無いものかと軽トラを走らせます。やってきたのがいつも日の出を撮る展望台のある所。

旧暦8月28日、新月の2日前の有明月となります。
10月7日午前5時23分(月齢:27.10 輝面比:7.06% 方位:91.9°東)
20181007ariake01.jpg

新月が近いからお日様とほぼ同じ方向から出てくるのね d( ̄  ̄)

この手のお月様はどーも上手く撮れません....(_ _lll)

いろいろと悩んでいるうちに東の空が薄っすらと明るくなった。もーお月様はあきらめた  (--,)


只今の時刻、午前6時3分、日の出です。それにしても赤い....。
0020181007hiode01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

残念!もう少しで「だるま朝日」となるところ、惜しい w(゚o゚)w
0020181007hinode02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


波打ち際からの1枚。
0020181007hinode04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

気持ちの良い朝です、太平洋からは穏やかな波が打ち寄せています....。おわり <(_ _)>

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

宿毛(すくも)湾の夕日

連休初日の夕方5時すぎ、ドライブがてらお隣の市、「宿毛市」というところにやって来ました。宿毛市といっても誰も知らないと思いますので、Wiki(リンク)を見てくださればありがたいです。

海岸沿いの国道を走っておりますと、ちょうど日没の時間帯でしょうか「宿毛(すくも)湾」に沈む夕日を見ることができました。少し脇道に入り撮ってみることに。

まぶしい w(><)w 海がオレンジ色に輝いています w(゚o゚)w 
20181006sukumoyuuhi01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

水平線のところには雲が出ています....もうすぐ沈んでしまいます。
20181006sukumoyuuhi02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上2枚の写真の左側に、ほんとちっさくゴミにたいに船らしきものが写っているのが分かりますか?ズームしてみますね  (∵) 。
20181006sukumoyuuhi03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この船は明日(10月7日)「宿毛新港」というところに入港予定の、海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」という船らしいです。本当は今日(10月6日)に入港するはずでしたが、台風25号の吹返しが強く海はまだ荒れているので接岸できないようで沖合いにアンカーを打って停泊しているようですd( ̄  ̄)。

と近くで夕日を眺めていた漁師のオジサンが言っていました (∵)

そんなことを聞いていると、お日様は完全に沈んでしまいました。不気味な色に染まる雲...怖い ( ̄ロ ̄lll)
20181006sukumoyuuhi04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

夕日を見たところは、「だるま夕日」と呼ばれるかわいらしい姿の夕日が出現する時があるようです。見渡す限りの大海原が印象的な宿毛湾の、冬の風物詩であるこの夕日は、「日本夕陽百選」に選定されているほどの絶景らしいです。

ぜひとも写真に納めて見たいものです....腕が (_ _lll)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

ぶら下がるオニヤンマ

台風25号の影響でしたでしょうか、午前中は雨が降ったり止んだりのぐずついたお天気、午後からは久しぶりに青空が見え、きつい陽射しが照りつける蒸し暑い日となりました。

西日が照りつける午後3時すぎ、別名「農道のレクサス」と呼ばれる愛車「ダイハツHIJET TRUCK(軽トラ)」を走らせ山奥の林道へとやって来ました。
20181006oniyanma01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

しばらく走っておりますと、目の前の高い木の枝になにやら「ヤンマ」らしいトンボが、ブラ~ンとぶら下がっておりました。


別名、空飛ぶ昆虫の王者こと「オニヤンマ(♂)」だと思います。
20181006oniyanma02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

頭の上の高い所にぶら下がってますので軽トラの荷台に乗っかっての撮影となりました (--,)。
20181006oniyanma03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

エメラルドグリーンの複眼は吸いこまれるような美しさを持っています。胴体ははっきりした黄色と黒色でまるで、シマシマパンツをはいているようです v( ̄ー ̄)v。
20181006oniyanma04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちなみに、オニヤンマはヤンマ科ではありません、オニヤンマ科なのです d( ̄  ̄)。


そんなオニヤンマさんは6月頃に羽化し10月には姿を消してしまいます。今シーズンはこれが最初の出会いです、飛んでる姿も撮りたいのですが、まだ間に合うかしら ( ̄‐ ̄*)。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月08日 04:01 ] トンボ オニヤンマ科 | TB(0) | CM(2)

アキアカネ?ナツアカネ?識別のお話

(赤とんぼ撮影:強化月間)

♪夕焼け~小焼けの赤とんぼ・・・♪ の歌詞でおなじみの童謡『赤とんぼ』に出てくる『赤とんぼ』は『アキアカネ』だという説(異説あり)がありますが、ではこの『アキアカネ』というトンボはどんな姿をしているのでしょうか v( ̄ー ̄)v

選曲ミスったかも知れません.....。


先日(10月5日)の記事にも書きましたが、赤とんぼの代表格のアキアカネに酷似するナツアカネがいますよね、いま時分は両方とも茜色に染まったキレイな姿をしていますが、若い頃(色が付いていない頃)の識別はちょっと困難かも知れません(特に(♀)は)。

では下の絵のトンボはどちらが「アキアカネ」だと思いますか (∵)
20181004akiakane01.jpg


ボクは右の方がなんとなく『アキアカネ』ぽく見えるのですが....「そんなことは言われなくても知っている!」という方は適当に流してくださいな m(_ _)m

ちょっと調べてみましょう d( ̄  ̄)
20181004akiakane02.jpg
iPhoneSE(自宅の研究室?)

紙の図鑑やらネットの情報などいろいろ調べてみますと、なんと、両方とも『ナツアカネ』だよ!という結論が出たんですが....  (--,) 

識別について詳しい事はこちらのこちらのサイトを参考にさせていただきました <(_ _)> 詳しく解説していますので興味のある方は是非ご覧ください。↓

なんで?

同じ赤いトンボでも、赤くなっている部分に違いがあります。ナツアカネは胸までも赤くなっています。アキアカネはそこまで赤くはなりません。ただし、羽化直後からしばらくはどちらも赤くなく、次第に赤くなっていきます。色だけで判別するのは危険です。最も決定的な違い、それは胸の模様なのです d( ̄  ̄)

下の絵は上の「ナツアカネ(右)」を少し拡大したものです。胸のあたりの青い矢印のところを良く見てください、胸にある3本の黒い線の中央先端の形が『角張って』いるのが分かりますか  (∵)?
20181004akiakane03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

下の絵はちょっとわかりづらいですが「アキアカネ」です(こんな画像しかなかった)。これも胸のあたりの青い矢印のところを良く見てください、胸にある3本の黒い線の中央先端の形が『とがって』います。これが最も確実な判別方法ですのでぜひ覚えておいてください d( ̄◇ ̄)b グッ
20181004akiakane04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

分かりましたか?「全然まったくわからない、そんな模様なんて飛んでいると見えるわけがないじゃん!v(¯0¯)v」とおしゃる方は、網なんかで捕まえて手で持って、しげしげと観察をすることを強くお勧めいたします ( ̄◇ ̄)

アキアカネのカップルなんですが、ピント合ってません....。
20181004akiakane05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

アキアカネのカップル
20181004akiakane06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

以上、(赤とんぼ撮影:強化月間)につき、ちょっとした識別のお話でした。(こんなことを知っていても何の得にもなりません....)

長文、駄文、失礼致しました、おわり m(_ _)m。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月07日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(2)

今朝の赤鉄橋(四万十川橋)

何も変らないいつもの通勤風景です。
毎日この四万十川に架かる(通称)赤鉄橋を渡り職場へと向かいます。まだ7時前なんで交通量は少ないですね。まぁ田舎だからこんなもんでしょ。
20180926akatekkyou01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

途中ちょっと車を止めて四万十川の右岸下流から眺めてみました、下を流れるのが四万十川です。今朝は少しモヤがかかっているのか霞んで見えます。
20180926akatekkyou02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

以上、何気ない日常の風景を高知県四万十市からお届けしました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月06日 04:01 ] 四万十川関連 | TB(0) | CM(0)

これがホントの茜色、ナツアカネ

(赤とんぼ撮影:強化月間)

この時期になると「赤トンボ」の記事が多くなります、需要ありますか?無くても書きます v( ̄ー ̄)v

下の写真の赤トンボは、6月ごろ羽化し、お亡くなりになるまで生まれたところで生活し遠くへは移動しません。普通、赤トンボと呼ばれる代表格の「アキアカネ」なんかは羽化してすぐ山なんかの涼しいところに移動します。そして涼しくなった秋になると生まれた所に帰ってきます。

ナツアカネ(♂)が真っ赤っ赤?というか良い感じに「茜色?」に染まりました d( ̄◇ ̄)b
20181002natuakane01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

アキアカネに大変良く似ていますので同定には注意が必要です。アキアカネに比べ少しズングリしてますでしょうか。
20181002natuakane02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

成熟した(♂)は顔から尻尾の先っぽまで全身が真っ赤?になります。同じように全身が色づくショウジョウトンボの朱色より深く、これがまさしく「茜色」ですね d( ̄  ̄)
20181002natuakane03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上のほうにも書きましたが、ナツアカネは生まれたところでずっと生活しますので真夏にも見かけることが多いです、夏に見ることのできる赤トンボ(トンボ科アカネ属)ですので「ナツアカネ」と呼ばれます 。茜色になったアキアカネは秋にしか見ることができません。

そんなナツアカネさんは寒くなる12月上旬頃まで観察できますよ d( ̄  ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月05日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(4)

夕暮れに見た赤とんぼは赤じゃなかった

(赤とんぼ撮影:強化月間)

カナカナカナ♪とヒグラシが歌いだした頃、少し薄暗くなって肌寒く感じる池の畔。

トンボさんもそろそろ寝床に帰る時間ではないでしょうか?

ノシメトンボ(♀)
20181002nosime01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

普通に見られる赤トンボの中では最も大きな種類です。和風でシブい d( ̄◇ ̄)b
20181005noshime11.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
 
ノシメトンボは赤くなりません(♀)はいくら頑張ってもこの程度の褐色になるだけです d( ̄  ̄)
20181002nosime03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

(♂)は少し赤みを帯びますが、いわゆる「茜色」にはなりません。(♂)はもう寝床に帰ったらしくいませんでした ( _ _ )

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月04日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

秋は赤トンボだけじゃない、このトンボもお忘れなく

歳のせいでしょうか?最近忘れ物が多くなりまして、今日もトンボを撮りにルンルン気分(死語)で出かけたのは良いのですが、肝心のマクロレンズを忘れてしまいました。仕方なく標準ズームレンズで撮ったのが今回のトンボの写真となります (_ _lll)。

人気のない山奥の池にやって来ました。まだお昼過ぎだというのに池の周りはちょっと薄暗い、うっそうと茂る草薮でくつろいでいる一匹のイトトンボ発見。
20181001ooaoitotonnbo01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

オオアオイトトンボ(♂)
日本に生息するアオイトトンボ属の中で最大のイトトンボ。 体全体が金緑色をしていてとてもきれい、翅を広げて止まるのが特長ですね d( ̄  ̄)。
20181001ooaoitotonnbo02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

6月中旬から7月初旬に羽化し、8月は低い木の枝などに止まって体づくりをします。そして、9月中旬になると待ってましたとばかりに秋のハート造り(産卵最盛期)に突入します。いわゆる「赤とんぼの季節」と重なるわけですな~。
20181001ooaoitotonnbo03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

毎度おなじみの逆ハート(交尾)です  (^^)bGood!
20181001ooaoitotonnbo04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

赤とんぼの仲間は湿地や池などに産卵しますが、このトンボは何と「樹木の枝に産卵」するという変わった特性を持っています。昭和20年代の頃ですが、お札(さつ)の原料になる楮(こうぞ)や三椏(みつまた)に多数が産卵し、その枝を枯らしてしまう事態が起き多大な被害を与えたとして、新聞で「千円紙幣を食う虫」と報道されたこともあったようです d( ̄  ̄)
20181001ooaoitotonnbo05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

赤とんぼと並んで活動期間は晩秋まで、12月初めになっても天気のいい日には姿を見せてくれるようなので、まだしばらく楽しませてくれそうです d( ̄◇ ̄)b

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月03日 04:01 ] トンボ アオイトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

チャーミーは行った、台風一過

 台風24号チャーミーに横目で睨みつけられた高知県四万十市ですが、特に大きな被害はありませんでした。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。

9月30日の日曜日は仕事が入っておりまして、いやいや事務所に出かけたところです。チャーミーが四万十市に最も接近した午後3時頃の様子です。風が非常に強くドシャ降りの雨です。
20180930typhoon001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

夕方6時前、仕事が終り自宅へと帰る途中の様子です。雨は小ぶりになりましたが風が強い!西の空には夕焼けが、チャーミー行っちゃったのね~(^_^)/~~サヨナラ
20180930typhoon002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

なんと南の空には虹が!虹なんて見るの久しぶりじゃないかしら....。(車の中から撮ってます)
20180930typhoon003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

川は増水しています、川面に映った夕焼け雲がとても綺麗 v( ̄ー ̄)v
20180930typhoon004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この様子ですと、今夜はお月様が見られるかも、今夜の月の出は10時33分ですから日付けが変るころ起きれば綺麗なお月様が撮れるかも v(^_^)v

残念無念!寝過ごした!目が覚めたのが5時過ぎ、お月様は頭の上、お空のテッペンにポッカリと浮いてます。これじゃ~ファインダーもライブビューも覗けません ( ̄ロ ̄lll)

あきらめて....、日の出を撮りに行くことに、この日の日の出は6時1分、まだ間に合うかも (--,)
20181001sun001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

チャーミーは遥か彼方に行っちゃいましたが、まだまだ風は強い吹き飛ばされるかと思った w(゚o゚)w

空が明るくなった頃に撮ってみました、まだ高い首が痛い (--,)
20181001moon002.jpg


なんか全体的に写真がボロイようなきがする (_ _lll)


チャーミーを追いかけるようにして台風25号コンレイ(なんかおめでたい名前ですが)が....
20181002typhoon25001.jpg


週末からの3連休はどうなることでしょう (_ _lll)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月02日 04:01 ] ある日の出来事 あれこれ | TB(0) | CM(0)

超~ビビったぜぇ~!!

変なものが写ってますので心臓の悪い方や、長いものが大嫌いという方は見ないほうがいいと思います、どうしても見てみたいという方は心して御覧ください (--)  


この金色(こんじき)に輝く夕焼け雲を撮った後、自宅に帰ってみると、薄暗い玄関ポーチでお出迎えしてくれたものは....。
20180922yuuyake001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR



ヒモのようなゴミが落ちてるのかな?と思って近くによって見てみますと.....。

.........w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!! へっヘビィ~ ( ̄ロ ̄lll)
20180922hebi01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

15センチほどでしょうか?細いような気がする....どうしてこんなところに ;゚Д゚)  ヒイイイイィィィィ!!
20180922hebi02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

こいつってもしかして「ヤバイやつ」?? <(ll゚◇゚ll)>
20180922hebi03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この後、この「ヤバイやつ?」がどうなったのかは、ご想像にお任せいたします (-""-;)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月01日 04:01 ] ある日の出来事 あれこれ | TB(0) | CM(2)