黄色いトンボ

背の低い水生植物がたくさん茂った池の周りを散策しておりますと、足元に茂る草の中から一頭のトンボがこちらの様子を伺っています。

20180527kiito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このトンボは先日紹介いたしましたベニイトトンボの黄色版です。色が違うだけで顔なんかはそっくりです。ベニイトトンボは絶滅危惧種Ⅱ類に指定されていますが、キイトトンボは何処でも見れます。この池にはどちらもうじゃうじゃおります。
20180527kiito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

キイトトンボは5月中下旬に姿を現し、夏が終わるころには姿も見えなくなります。背の低い植物の間をツイツイという感じで飛びまわります。 
20180527kiito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちょっとわかりづらいですが、産卵の様子です。(♂)が、邪魔するな!と言わんばかりにこちらを睨みつけております。
20180527kiito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵は連結したまま(♂)が直立し(♀)が植物組織内へ産卵します。(♂)が(♀)の後頭部をガッツリ捕まえています。これは、産卵中の(♀)が外敵に襲われそうになったとき、すぐに(♀)と一緒に脱出できるように上から監視しているとのことです。
20180527kiito05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

キイトトンボは水生植物がたくさん茂った池であればたいがいみられますよ。成熟するまでは池の周りの草むらなんかで群がって生活しています。草と同じような色をしていますので、良く見てないと踏ん付けちゃいますよ。注意してくださいね d(・・〃)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月29日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)