なんでそんなに赤の?

顔、胴体、足が、これでもか!と言わんばかりに「真っ赤っ赤」なこのトンボはショウジョウトンボ(♂)と言います。赤くないのは翅だけでしょうかね?
20180527syoujyouosu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ショウジョウトンボの猩々(ショウジョウ)とは、古典書物に記された架空の動物?妖怪であります。この妖怪はそうとうな「飲んだくれ」らしく、いつも顔が赤く眼は充血しているようです。(人間界にはこういうオヤジがそこらじゅうにいるような気がしますが)そこの辺りから連想して猩々トンボと名付けられたようです。
20180527syoujyouosu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

それにしても、ちょっと赤すぎじゃーないですか!
20180527syoujyouosu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR
 
このくらいのオレンジがちょうど良いかと思われます。未成熟の(♂)
20180527syoujyouosu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

早いもので明日から6月です、本格的な雨季の到来となり、トンボの観察があまり出来ないと思います。どうしよう...。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月31日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

黄金色に輝く背中

曇り空の隙間から時々射す太陽の光を受けて黄金色に輝く背中をしたトンボが翅を休めています。そーとっ後から近づいてその背中を撮ってみました。
20180527syou01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

この背中の持ち主はショウジョウトンボの未成熟(♀)と思われます。成熟した(♂)は真っ赤っ赤になることで有名ですね。
20180527syou02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

見る人によっては「ただの茶色じゃねーか」と思われる方も多いようですが、写真では伝わらない部分が多々ありますので、天気の良い日、公園なんかにいって直接見てくださいな m(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月30日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

黄色いトンボ

背の低い水生植物がたくさん茂った池の周りを散策しておりますと、足元に茂る草の中から一頭のトンボがこちらの様子を伺っています。

キイトトンボ(♂)
20180527kiito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このトンボは先日紹介いたしましたベニイトトンボの黄色版です。色が違うだけで顔なんかはそっくりです。ベニイトトンボは絶滅危惧種Ⅱ類に指定されていますが、キイトトンボは何処でも見れます。この池にはどちらもうじゃうじゃおります。
20180527kiito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

キイトトンボは5月中下旬に姿を現し、夏が終わるころには姿も見えなくなります。背の低い植物の間をツイツイという感じで飛びまわります。 
20180527kiito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちょっとわかりづらいですが、産卵の様子です。(♂)が、邪魔するな!と言わんばかりにこちらを睨みつけております。
20180527kiito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵は連結したまま(♂)が直立し(♀)が植物組織内へ産卵します。(♂)が(♀)の後頭部をガッツリ捕まえています。これは、産卵中の(♀)が外敵に襲われそうになったとき、すぐに(♀)と一緒に脱出できるように上から監視しているとのことです。
20180527kiito05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

キイトトンボは水生植物がたくさん茂った池であればたいがいみられますよ。成熟するまでは池の周りの草むらなんかで群がって生活しています。草と同じような色をしていますので、良く見てないと踏ん付けちゃいますよ。注意してくださいね d(・・〃)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月29日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)

十三夜月

久しぶりのお月様の撮影となります。この日の月の出は午後4時頃で、まだ青い空にポカリと浮かんでいます(写真はありません)。

夕食をとり、暗くなるのを待ってからの撮影となります 。

十三夜月(じゅうさんや)の前の宵月です。
2018年5月26日午後7時11分(月齢10.93)
20180526yoi01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

宵月(よいづき)とは?
見える時間帯による名称。夕月・宵月・有明月・暁月などがこれに当たるようです。
その名前を見れば見当がつきますが、夕方見える月、夜(宵)更けに見える月といった意味。このためある日1日だけの呼び名というわけではなく、幅があります。また、いつからいつが「夕」で「宵」かといった区別は困難ですよね。

日付が変わり十三夜月となりました。
2018年5月27日午前0時6分(月齢11.14)十三夜月(じゅうさんや)
20180526jyuusann01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

十三夜月とは?
古来、満月に次いで美しい月とされたらしく、月見の宴などが行われていたようです。美しさについては個人の好みの問題でしょうかね。

【速報】
九州北部と四国、5月28日ごろ梅雨入りしたとみられる(5月は5年ぶり)by気象庁

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月28日 04:01 ] 気象・天文 お月様・お天道様 | TB(0) | CM(0)

レンズずぶぬれ紫陽花マクロ

雨がシトシトと降る出勤前の朝の庭。ピンクに色づきかけた紫陽花が「ガク」に少しだけ雨粒を乗せていたので傘を差しながらマクロ撮影をしてみました。

額紫陽花(ガクアジサイ)でしょうか?
20180524aji01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

花の部分のマクロです。
20180524aji02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

綺麗な紫陽花を撮るもの良いのですが、レンズがずぶ濡れ・・・
20180524aji03.jpg
iPhoneSE
 
もう間もなく梅雨入りとなります。撮影機材はちゃんとお手入れしなくちゃね d( ̄  ̄)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月27日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

雨粒をのせたマーガレット

夜中降り続いた雨も朝方にはあがり、少し陽のあたるようなお天気となりました。早速カメラを持ち出し庭の隅っこに咲いたマーガレットを撮ってみました。

花びらに雨粒をのせた紫のマーガレット。
20180524ma01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

陽の光を待って・・・ありゃ色が違う?
20180524ma02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

近づいて・・・
20180524ma03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

シベにピントを合わせたつもりが・・・合ってません (--;)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月26日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

考えにふけるトンボ

コンクリートで舗装された道路の隅っこで、一頭のトンボが考えにふけっている様なので、ちょっと失礼して顔面をいただきました。

シオヤトンボ
20180524shio01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

いったい何を考えているのでしょう?もう少し近づいてみます。(ピント合ってないです”汗”)
20180524shio02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そんなところで考え事してたら、交通事故に遭いますよ!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月25日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

雨の中の毒痛み(どくだみ)

雨がシトシトと降る出勤前の朝の庭。毒痛み(どくだみ)が「しべ」に雨粒を乗せていたので傘を差しながらマクロ撮影をして見ました。
20180523doku01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

雨粒三つ・・・
20180523doku04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

どこにピントを合わせば良いのでしょうか (・_・?)
20180523doku03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

左の雨粒にピントを合わせたつもりですが合ってないです。雨のせいかしら?

ただ下手なだけです (--;)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月24日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

モノサシトンボ

池の周りが樹木に囲まれたちょっと薄暗い水辺を散策しておりますと、足元の草の葉っぱの上でジィーッとこちらを見ているトンボがおります。目が合いましたのでパシャッとお顔をいただきました。

モノサシトンボ(♂)たぶん?
20180523mono01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

名前のとおり体の節が物差のように見えます。その目盛の間隔はおおよそ6mmくらいでしょうか。
20180523mono02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

交尾が終わると、このように連結したまま(♂)が直立し(♀)が植物組織内へ産卵します。カメラの設定ミスで(♀)にピントが合ってません (ノ_・。)
20180523mono03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このトンボは近づいてもあまり逃げません、それに動きが遅いのでボクみたいな素人にはもってこいのモデルさんです。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月23日 04:01 ] トンボ モノサシトンボ科 | TB(0) | CM(0)

顔中こなだらけやないか~!

一頭のシオカラトンボが棒の先っぽで翅を休めています・・・ちょっと違和感?

近寄ってみますと・・・顔中こなだらけやないか~!
20180521shio01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

一生懸命綺麗にしているようですが・・・
1526359706QOY2t0Mb8aTsHtY1526359702.gif

全然きれいになってませんよ。
20180521shio02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

何を食べたか知りませんが、もちょっと行儀よく食べたらいいのにね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月22日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

このトンボはおでこを狙って撮るべし

このトンボはハラビロトンボと言います。当ブログでもおなじみのトンボですね。

このトンボはおでこにまるで宝石を埋め込んでいるように美しく青く輝いています。ですから、おでこを狙って撮りましょう (^o^)/。
20180520harabiro003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

えらそうなことを書いていますが、おでこにピントが合ってませんね (T△T)

横顔です・・・アレッ青くない?
20180520harabiro004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そしてこちらが全体の姿となります。
20180520harabiro006.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

本来であれば、もっとおでこは青く輝いています。ボクの写真が下手なだけです <(_ _)> 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月21日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

ベンチの上ではカップルが

いつものトンボ公園を散策中、ちょっと疲れましたので休憩しようとベンチのあるところに行ってみますと、先客がおいでになりました。

シオヤトンボのカップルです。左が(♀)右が(♂)
20180519sio01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

邪魔をしてはいけないと思いまして、少し離れたベンチへ移動、ちょっとその前に記念撮影をしたのが上の画像。(♂)さんはなんか疲れているように思いますが、きっといろいろとあるのでしょうね~。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月20日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

巷ではこの虫をガチャピン虫というらしい

自宅の庭の紫陽花が咲き始めたので、撮ってやろうとレンズを向けますと、何処からか何かがブ~ンと飛んできて花びら?の上に止まりました。とても綺麗な虫です。

ラミーカミキリ(♂)でしょうか?青白色というかペパーミントグリーンというか、とても綺麗な色をしています。
20180517rami01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そして、背中の模様もなかなかオシャレです。この模様を見て「タキシードを着たがちゃピン」「正装のガイコツ」「ベストを着たロボット」「礼服のキョンシー」とか色々と想像を膨らませながら撮影に挑むのがポイントらしいです。(嘘”)
20180517rami02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

こちらが顔面となります。100 MACROでは複眼がきれいに撮れません (ノ_・。)
20180517rami03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このての昆虫をアップしますと、お花好きの皆様にお叱りを受けるのではないかとドキドキしてます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月19日 04:01 ] | TB(0) | CM(2)

赤い?トンボ

赤というかオレンジというか、とにかく名前のとおり紅(ベニ)色?したイトトンボに今年も出会うことが出来ました。

ベニイトトンボ(♂)
20180512beni01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

実はこのトンボ、環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されているようです。えっ本当に?と思うほどこの池にはうじゃうじゃいます。
20180512beni02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

20180512beni03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

いくらうじゃうじゃいると言いましても、レッドリストに残っている以上は、見守っていく必要があると思われます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月18日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)

このトンボは後頭部を狙って撮影すべし!

下の画像は今回登場するトンボの生息環境です。先日も書きましたが、トンボ公園では20年ほど前からイノシシ被害に悩まされているようです。以前は冬場だけでしたが10年ほど前からは、ほとんど1年中、毎日どこかが掘り返されている状況だそうです。今年はイノシシ除けの柵で囲い、荒らされることがなくなったようなので、増えていることを期待し来てみました。
20180514mou04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そのイノシシ柵をちょっとだけ開けてカキツバタの咲く湿地へ入りますと、いましたよ目的のトンボが。

モートンイトトンボ(♂)
20180514mou01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

タイトルに「このトンボは後頭部を狙って撮影すべし」と書きましたが、「何を言ってるんだこいつは」と思われる方が多いと思いますが、後頭部を目を丸くしてよ~く見てください。「」の模様が2つあるのが分かりませんか?
20180514mou002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

昆虫カメラマンの間では、この「ハート」を撮るのが常識らしいです。(知りませんが)

こちらは(♀)となります。残念ながら(♀)には「ハート」はありません。羽化して間もない未成熟個体なので、やまぶき色をしていますが、その内淡い緑色になります。
20180514mou03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

モートンイトトンボは四国内でも、確実に見られるのは3カ所だけで、トンボ公園もその内の一つです。今年は生息地をイノシシ除けの柵で囲い、荒らされることがなくなったので、増えているような気がするのはボクだけでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月17日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

トンボのパトロール風景 vol.2

先日記事にしました「 トンボのパトロール風景 vol.1」の画像ですが、あまりにもボケボケザラザラで酷かったんで再度、飛翔の様子の撮影に挑戦しました。期待しないでください <(_ _)>

モデルは同じく サラサヤンマの(♂)さんです。
20180513sarasa01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f5.6 ss1/500 iso100)  

vol.1よりちょっとましかな?
20180513sarasa02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f5.6 ss1/500 iso100)  

背中。ちょっと遠いですかね?
20180513sarasa03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f5.6 ss1/800 iso100)  

カメラがボロいのか、レンズがダメなのか、腕が悪いのか・・・なかなか上手く撮れないトンボのパトロール風景でした (汗”)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月16日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(0)

雨上がりの朝

日曜日は全国的に雨模様のお天気のようでした。ここ四万十市も朝から夜中過ぎまでシトシトと降り続け、せっかくの休日なのにトンボの観察は出来ず終い。

明けて月曜日、まだ陽の昇る前、大量の雨粒をのせ重たそうに花びらを傾け咲いていたマーガレットを撮ってみました。
20180514ma01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

もう少し 近づいて雨粒を。
20180514ma02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

すでに奄美・沖縄地方が梅雨入りしています。そんななか、北海道では根室の桜の開花が発表されました。この開花で桜前線は最終地点への到達となり、日本全国の観測地点で桜が開花したもようです。桜前線に続き、これから梅雨前線、蛍前線、アブラゼミ前線と続き本格的な夏の到来です。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月15日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

イノシシ柵にかこまれた生息環境で

先日、顔が泥だらけのキイロサナエの(♀)を紹介いたしましたが、まったく同じ場所で綺麗なお顔をした(♀)さん(多分?)を見かけたので撮ってみました。


キイロサナエ(♀)間違ってたらごめんなさい。
20180428kiiro01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

もう少し近づいて撮ってみようと、一歩前に出たとたん、またしても逃げられました、残念!
20180428kiiro02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

イノシシ柵にかこまれた生息環境
20180428kiiro03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

トンボ保護区は20年ほど前からイノシシ被害に悩まされているようです。以前は冬場だけでしたが10年ほど前からは、ほとんど1年中、毎日どこかが掘り返されている状況だそうです。公園を整備する「トンボと自然を考える会」は、池の環境悪化はトンボに影響が大きいとして、防護柵設置を計画。必要な資金の寄付を呼び掛けています。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月14日 04:01 ] トンボ サナエトンボ科 | TB(0) | CM(0)

雪の下(ユキノシタ)

植物図鑑なんかによりますと、「湿った半日陰地の岩場などに自生する常緑の多年草である。」と書かれていますが、我家の「ユキノシタ」は比較的日当たりのよい場所で毎年花を咲かせています。ま~浄化槽のすぐ近くですけど。

20180510yuki01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

この花が雪に見えたのでしょうかね? 
20180510yuki02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このユキノシタの葉っぱを天ぷらでいただくと、とても美容と健康に良いみたいですよ。一度お試しあれ (^^)v 


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月13日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

ラブラブハート型交尾

今時分になるとトンボが(♂)(♀)くっついて飛んだり、植物の葉っぱなんかの上でジーッと止まっているのを皆様方も必ず1度や2度目にしたことがあると思います。

この、ジーッと止まっているのは交尾を行っているところらしいです。

先日記事にしました「ハラビロトンボ」です。上が(♂)下が(♀)
20180505harabiro05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

よく見かけるトンボや赤とんぼと言われるような種類はこのような形をとります。トンボ研究家の方々は、この交尾の形をみて、「ラブラブハート型交尾」と呼んでいます(嘘”)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月12日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

夜明けの空に昇る月

薄っすらと明るくなりかけた東の空、久しぶりに夜明けまじかのお月様を撮ってみた。

2018年5月10日午前4時51分(月齢23.75)有明月
20180510ariake01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

有明月とは?
夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月11日 04:01 ] 気象・天文 お月様・お天道様 | TB(0) | CM(0)

トンボのパトロール風景 vol.1

川岸や池の周り、草むら、野原などで同じ所を行ったり来たりしているトンボの姿を見たことはありませんか?これは自分の縄張りの見張り行動、つまりパトロールを行っているところだそうです。

今回はそのパトロールの様子を画像で紹介いたします。でも、ピントが合っていないのでボケボケの画像ばかりです (--,)"

サラサヤンマ(♂)
原始的特徴をもつ、小型のヤンマです。複眼の頂点の部分が短く接していて、他のヤンマとは違います。丘陵地の山間の流れや池・沼などに生息し、水辺よりは近くの木立の間をホバリングしている姿をよく見ます。早いところでは4月後半から出現し、7月ころまで見られます。
20180505sarasa01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f8.0 ss1/400 iso200)  

トンボは昆虫界の飛行王です。急加速に急旋回、上空でピタリと静止するホバリング、連続宙返りなどアクロバット飛行まで多彩な飛行術を誇ります。この飛行術が活躍するのが狩です。蝶や蚊などの昆虫を発見すると高速で急接近し、空中でしとめます。
20180505sarasa02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f8.0 ss1/500 iso200)  

目が合いました、こっち見てます?自分の縄張りと侵入者の距離が微妙なときはこのようにホバリングで睨み合うこともあります。
20180505sarasa03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f8.0 ss1/400 iso200)  

トンボのパトロールの様子を撮るのはなかなか厄介で、カメラをのぞいていて「あれっ?いなくなった!」と思ったら、足元あたりでホバリングしていたり、突然猛スピードで空高く飛んで行ってしまうこともあります。でも、少し経つと帰ってきますので、気長に待ってシャッターチャンスを狙いましょう。
20180505sarasa04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR(焦点距離100mm f8.0 ss1/320 iso200)  

サラサヤンマはホバリング撮影にはもってこいのモデルさんです。でも、素人のボクには上手く撮れません、連写の雨アラレです。上手な人は一発で決めちゃうんですって (--,)"

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月10日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(0)

腹が広いハラビロトンボ

その名のとおり、腹が広いトンボです。広いのであってM字のよに腹が出ているのではありません。

ハラビロトンボ(♂)
この個体は未成熟の(♂)と思われます。成熟するにつれ、次第に全身黒くなっていきます。
20180505harabiro01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ハラビロトンボ(♀)
(♀)のほうが(♂)よりも腹部はより幅が広くボリューミーです(この写真ではちょっとわかりづらいかも?)。黒い斑も中心より外側もはっきりしています。(雄ははっきりしていません)
20180505harabiro02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する腐植栄養型の沼や沢地や湿地に生息しており、4月中旬ころから9月末ころまで見られます。飛んでいるより止っているほうが多いですね。
20180505harabiro03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そして、顔面のアップをいただきました。
20180505harabiro04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

最初のほうにも書きましたが、(♂)は成熟するにつれて体色が変って行きますので、シオカラトンボなんかと間違わないでくださいね (*^^)v

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月09日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

梅雨の予感

雨がシトシトと降る連休明けの月曜日の午後、庭の片隅で紫陽花が小さな花(?)をポツリポツリとつけ始めました。

柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)
20180507kasiwaba01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

紫陽花には雨が似合います、雨といえば梅雨、あと1ヶ月あまりでうっとうしシーズンの始まりです。トンボもあまり撮れなくなります・・・。
20180507kasiwaba02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR
 
気象庁の予測では2018年の四国地方の梅雨入り時期は5月30頃から6月12日くらいになるということです。

各地方の梅雨入りと梅雨明けの予測は気象庁のホームページを御覧ください。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月08日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

#ねこの写真ヘタクソ選手権

最近Twitter上で「ねこの写真ヘタクソ選手権」なるものが全国の愛猫家の方々により、ちょっとヘタクソに撮れてしまった猫の写真が続々と投稿されているようです。(ちょっと遅いですかね?)

猫のヘタクソ写真なら私の引出しに山ほど有りますのでブームが過ぎるまでに選手権に参加したいと思います。(ヘタクソな写真をあえて大きく掲載いたします)

エントリーナンバー1番:何がしたいのかわからない?
20180501neko01.jpg

エントリーナンバー2番:ドアの隙間から監視される
20180501neko02.jpg

エントリーナンバー3番:股間を撮るなや!(♂です)
20180501neko03.jpg

エントリーナンバー4番:なんとも言えない表情
20180501neko04.jpg

皆様もエントリーしてみてはどうでしょうか?

以上、猫撮りは大変難しいと思いました。(撮影はすべてiPhoneとなります)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月07日 04:01 ] ねこ | TB(0) | CM(0)

寝待月

久しぶりのお月様の撮影となります。

5月4日午前4時40分(月齢17.74)寝待月(ねまちづき)
20180504moon01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

寝待月とは?
別名、臥待月(ふしまちづき)。横になって寝て待たないといけないくらい月の出は遅い、横になっているうちに熟睡してしまうと夢の中の月見となるので注意が必要。

今日でGWも最後となりました、お疲れではないでしょうか?また明日からお仕事ですよ、モチベーションをあげて頑張りましょう~(*゚ο゚)ノ

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月06日 04:01 ] 気象・天文 お月様・お天道様 | TB(0) | CM(0)

川辺の住人

(昨日の続きとなります)

山奥にあるトンボ池でクロイトトンボの産卵を観察したあと、もうそろそろあのトンボが見られるんじゃないかと、少し脇道に入り渓流に向いますと、いました「川辺の住人」が。住人と言ってもトンボですがね。

ミヤマカワトンボ(♂)
日本のカワトンボの中では最大の大きさです。雄の翅は濃い褐色をしており、腹部は青味がかった金属光沢色をしていて、丘陵地や山地の渓流に生息してます。
20180429miyama02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ミヤマカワトンボ(♀)
雌は雄ほど翅は濃くなく、薄い褐色に濃い褐色の帯が目立ちます。白い偽縁紋があります。腹部は雄ほど金属光沢は強くでてないです。
20180429miyama03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

生息環境
20180429miyama01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

川辺の住人は渓流の石の上で翅を休めているところを狙うのがポイントらしいですよ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月05日 04:01 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)

山奥にあるトンボ池で

お隣の宿毛市(すくもし)という所にある、国土交通省がダム関連事業として山奥に整備した「トンボ池」という所へ約1年ぶりに行ってきました。
20180504tonnbo01.jpg
PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

まず最初に出迎えてくれたのは、お馴染の「タベサナエ」さんです。本当に何処にでもいます。
20180504kuro05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

水辺の葉っぱの上では「クロイトトンボ」がくつろいでいます。
20180504kuro03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そして水面では「クロイトトンボ」の産卵の様子が見られました。
20180504kuro04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

連結産卵の様子です。連結産卵とは、二匹がつながって(連結)、植物の組織内に産卵する方法で、前が(♂)で後が(♀)です。ちょうど水面の位置にある植物に産卵しているところです。
20180504tabe02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

でも、この植物は枯れているような気がしますが、そんな所で大丈夫なんですか?カップルさん!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月04日 04:01 ] トンボ いろいろ混ざってる | TB(0) | CM(0)

無色翅型白縁紋の朝比奈川蜻蛉

先日(4月20日)にアップしたのは橙色翅型赤縁紋のアサヒナカワトンボ(♂)でしたが、今回は無色翅型白縁紋のアサヒナカワトンボ(♀)となります。

翅の色が無色(透明)で、ちょっと分かりにくいですが、縁紋(翅の先端に付いている黒っぽい模様(点)のようなもの)が白です。
20180428asahina01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

顔は同じです。
20180428asahina02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ちなみにこちらは橙色翅型白縁紋のアサヒナカワトンボ(♀)です。
20180428asahina03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

翅の縁紋の色と(♂)(♀)の区別ですが、縁紋が赤色は(♂)、白色は(♀)と記載されている資料が見られますが、「透明翅・白縁紋」のグループの中にも(♂)が観察されるようなので、間違ってたらゴメンなさい。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月03日 04:01 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)

トンボの眼を撮りたい!

観光客とか親子連れでにぎわう前半の連休2日目、いつものトンボ公園に一人で行ってきた。別に「今日はこのトンボを撮ってやろう」という目的も無く、なんかいないかなとトボトボと歩く。

全然珍しくも無い何処にでもいるトンボの顔面を一様撮ってみましたので御覧ください。

ヨツボシトンボ(♂)でしょうか。
20180428yotu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

本当は、眼(複眼)を綺麗に撮りたかったのですが、撮れてません (汗")

細かい目がたくさん詰まった複眼。単眼である我々人間からしてみると、その見え方は想像がつきません。複眼は一体どうやって見えているのでしょうか。

複眼は、その見た目から高度な視覚を持っているように見えますが、視力そのものはそれほど高くないようです。人間の視力で言うと0.1以下だそうです。しかし、小さい目が幅広く、そして球体状についているため、かなり広い視野を持つことが可能です。背後から敵が来た時にでも、それを見て逃げられるくらいの見え方をしているそうです。

少し斜め上から後頭部を撮影
20180428yotu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

トンボの眼を、複眼の高精細な画像が撮りたいです!しかし、トンボって毛むくじゃらやね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月02日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)

青い目をした越年トンボ

青い目をしたトンボが見たくなり、四万十川下流域にある小さな池に行ってみた。

この池はほんとに小さな池で周囲2、30mあるかないかです。 
20180426tonboike02.jpg
iPhone SE (パノラマ)

その小さな池を散策すること10分あまり、いました「青いイトトンボ」

ホソミオツネントンボ(♂)
20180422hoso01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このトンボ、トンボにしては珍しく、成虫のまま冬を越すので「越年(おつねん)」の名がついています。前年の夏に羽化し、成虫で越冬し3月になると移動・分散がはじまり、3月下旬頃になると徐々に体色が青に変わり、4月下旬頃の産卵期には、複眼も体もきれいなブルーに変色してきます。
20180422hoso02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

冬の間は褐色なので、枯葉にまぎれて非常に見つけにくいですが、春になると体色が青くなるから誰でも見つけられますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年05月01日 04:01 ] トンボ アオイトトンボ科 | TB(0) | CM(2)