2019年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年11月














横瀬川(よこぜかわ)ダムvol.7【試験湛水開始】

試験湛水(しけんたんすい)とは↓
ダムが完成(運用前)した後、実際に水を貯め、放水しながら漏水量、ダム本体の強度、貯水池内周辺の山崩れなどの安全性を確認するための試験。この試験が終わって安全性が確認された後、管理(本格運用)に移行します。


国土交通省中筋川総合開発工事事務所が、四万十川水系の横瀬川で建設している「横瀬川ダム」(宿毛市山奈町山田)で、ダム本体の工事が完了し、10月1日より試験湛水を始めました。

平成28(2016)年11月13日、ダムの起工式が行われてから1062日目のことです。
20191006yokoze02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


2019年10月6日現在の様子。
20191006yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


1週間も経っていないのにずいぶんと貯まっています、10月2日から3日にかけて大雨が降りましたがその為でしょうか?


水位は標高を示す標尺で確認できます。
20191006yokoze03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

下の断面図で水色で着色した部分が水を貯めている高さです。10月6日現在でEL.約129mまで貯まりました。平常時最高貯水位まであと2.9m。
試験湛水は、洪水時最高水位まで水を貯めてから最低水位まで放流します。その差37.2m、この放流はなかなか見ることはできません。
20191006yokoze04.jpg
横瀬川ダム建設工事のリーフレットより拝借加工


試験湛水が始まれば、もうダムの底を見ることができません、今後見ることは不可能でしょう。下の写真はボクが見た最後のダムの底です。

2019年9月1日撮影
20191006yokoze05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


順調に行けば、来年(2020)3月末までに満杯になる予定で、問題がなければ、4月から本格的なダム管理が始まります。
20191006yokoze06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


今年最強ともいわれる大型で非常に強い勢力の「台風19号(ハギビス)」の進路が非常に気に掛かるところです、何事もなければ良いのですが...。


横瀬川ダムの詳しい諸元等はこちら↓


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年10月08日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

横瀬川(よこぜかわ)ダムvol.6

今年の3月5日、本体コンクリート約17万m3の打設が完了した国土交通省が施工する「横瀬川ダム」ですが、それ以降の写真をアップしていませんでした。

今回はその「横瀬川ダム」の近況をお伝えしたいと思います。と言っても今はダム付属設備関連工事が主体と言いますのであまり変わりばえしません。


時よりポツポツと雨が落ちる中、右岸上流にあるダム展望所からの撮影です。向かって右側のコンクリートの格子状の構造物がすごく目立ちます。その構造物の中間あたりから上が茶色く(格子の中)なっているのが分かると思いますが、その辺まで水が溜まる予定です。
20190901yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


今回6度めの記事になりますが、下流(正面)からの写真が全くありません。と言うのも、「下流からの進入はアクセスできません」とか「一般車両通行禁止」とか至るところに看板があったからです。この日は日曜日、工事もやっていようですので行けるところまで行ってみました。


うす暗いクネクネとした細い市道を暫らく走りますと、ちょっとだけ見えてきましたコンクリートの塊が、良い感じと思いきや...立入禁止のバリケード!
20190901yokoze02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


車はここまでです、当然ですが歩いてもいけません。

ですので少しズームして撮ってみました。左に見えるのが「ダム管理庁舎」、真ん中にある三つの四角い穴は放水口でしょうか? 
20190901yokoze03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


もう少し近くでダムを 見上げたかったです...残念でした。


只今、11月頃に始まる「試験湛水」に向けて基礎処理工、ダム付属設備工を施工中だそうです。

ちなみに試験湛水とは
ダムがきちんと使えるかどうか、ダムに実際に水をため、ダムの水漏れや、山崩れ等の発生、ダムの中の機会の動作に異常がないか確認すること d( ̄  ̄)



ここから3月から今までの風景となります。

6月16日(右岸上流展望所より)今まで一次転流としてダムの左岸側の仮排水トンネルで元の川を流していましたが、このトンネルを閉塞し堤体内仮排水路に二次転流を行っていますが写真では分かりません。
20190616yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

7月27日(右岸上流展望所より)赤白のタワークレーンも撤去されスッキリしました。もの凄い目立つ格子状のコンクリート構造物の施工が続いています。
20190727yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

9月1日(右岸上流展望所より)今回です。ダム本体のコンクリートが黒く汚れていますが、見えなくなるからこのまんまなんでしょうか?
20190901yokoze04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


最初と最後の写真大失敗!こういう物は青空が見えるスカッーと晴れた日が写真映えしますね。

試験淡水が始まったらまたお伝えします。

関連記事


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年09月03日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

坂本(さかもと)ダム vol.2

約1年ぶりにやってきたダム(高知県宿毛市)は、高知県が管理する総貯水容量18,150,000m3、堤高60.3mの多目的ダム(重力式コンクリート)です。


そのダムを右岸上流の「県道宿毛津島線」から眺めてみました。ダム湖の名前は「どんぐり湖」、水の色がブルーでとてもきれい d( ̄◇ ̄)b
20190728sakamotodamu01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上の写真の中央付近に四角い”穴”が開いているのが分かりますか?これが「放水口」です。これから下流側に行ってみますので、その眺めをご覧ください <(_ _)>


ダムの左岸下流にあります市道からの眺めです。ここからしか正面は見えないと思いますが木が少しじゃまになります。タイミングよかったみたいです、放水しているところが見られました d( ̄◇ ̄)b
20190728sakamotodamu02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


このダムの規模等詳しいことはこちら↓(当ブログ)


右に見える建物が「四国電力坂本発電所」です。ここまで行けたら迫力ある写真が撮れるかも知れませんが、進入路は封鎖されていますので行くことはできません。
20190728sakamotodamu03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

右岸側には展望所とかありますが、ここからは良く見えませんので、その横にダム管理用道路がありますので川まで降りてみたいと思います。

右岸下流からです。川の中には入れませんので少し斜めからとなります。左の木が少しジャマですね。
20190728sakamotodamu04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ズームしてみました。放水口の高さは上流側で9.8m、幅10mあるらしい。
20190728sakamotodamu05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


このダムは、全体が見える場所とか放水しているところが見える場所とか限られますので苦労します。撮影に来る際は”ズームレンズ”をお忘れなく d( ̄  ̄)


とか言っても、観光地でもないこんな山奥にダムを撮りに来る人いませんよね ( ̄。 ̄)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年08月09日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(2)

中筋川(なかすじかわ)ダム vol.5

(昨日の続きとなります)

ミヤマカワトンボの涼しげな姿を見た後のことです。せっかくここまで来たのですから、すぐ下流にあるダムに向かうことにします。曲がりくねった細い山道を5分ほど走りますと、緑の中から見えてきましたコンクリートの壁、約3ヶ月ぶりの訪問となります。
20190623ndamu01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

放流してます...最近まとまった雨が降ってないのになぜでしょう?来る大雨に備え貯水池の水位を下げているのでしょうか?
20190623ndamu02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

そう言えば1年前、発達した梅雨前線がもたらした記録的豪雨で全国各地で甚大な被害が発生しました。特に愛媛県の野村ダム、鹿野川ダム(いずれも国土交通省)では貯水量が満水となり洪水調節機能を失い大量の放流を行ったため、河川は氾濫し、逃げ遅れた9人の方々が亡くなられました。
20190623ndamu04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

今年はこのようなことが起こらないよう、人の命を預かるダム管理者さんには洪水調節をしっかり行ってもらいたいと思います。
20190613ndamu03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このダムの詳細はこちら↓(当ブログ)
中筋川(なかすじかわ)ダム vol.1 [2018/06/19]


ダムをバックに愛車「農道のレクサス」を撮ってみました。(特に意味はありません)
20190623ndamu05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


西日本は記録的に梅雨入りが遅れているようですが、今週の中頃の梅雨前線北上のタイミングで梅雨入りとなる可能性が高いようです。気象庁が統計を取り始めてから最も遅い梅雨入りとなることがほぼ確実といえます。なお、四国と近畿では過去に1回だけ、梅雨入りが特定されなかった年(1963年)があるようです d( ̄  ̄)。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月24日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

横瀬川(よこぜがわ)ダムvol.5 [本体コンクリート打設完了]

国土交通省が2020年の完成を目指し高知県宿毛市山奈町山田で建設を進めている「横瀬川ダム」の本体コンクリート打設が3月5日に完了したようです。
20190319yokoze01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このダムは2016年11月に着工し、2017年5月から本体コンクリート約17万m3の打設を開始していました。展望所の簡易トイレの横にこんなものが↓もう少し置き場所を考えてくれればいいのにね~。
20190319yokoze02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このタワークレーン(吊り上げ能力16.5t)で約17万m3のコンクリートを打設しました。
20190319yokoze03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムの頭脳、管理庁舎です。ほぼ完成してますね。
20190319yokoze04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

横瀬川ダムは中筋川流域の洪水調節や四万十市の水道利用などを目的とした重力式コンクリートダムで、堤の長さ188.5m、高さ72.1m。
20190319yokoze05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

横瀬川ダムの諸元等はこちら(当ブログ)↓


ちょっと分かりづらいですが、タワークレーンの前に「白青の看板」が見えると思います。いつもはこの看板の青い所の上まで水没(水が溜まる)します、洪水時には天端(てんば)付近の凸凹したところまで水位が上昇しそこからオーバーフローします。
20190319yokoze06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

総貯水量は730万m3で、総事業費400億円。今秋ごろから試験湛水(たんすい)を約1年かけて行い2020年完成を目指します。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月20日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

天皇陛下御在位三十年記念ダムカード

天皇陛下が御在位三十年を迎えられる(迎えた)ことを記念して、国土交通省と独立行政法人水資源機構では特殊デザインの記念ダムカードを配布しています d( ̄  ̄)。

もう入手された方も多いと思いますが、参考までに紹介いたします。

上2枚が記念ダムカード、バラバラに置いてあるのが通常のカードです。
20190316kinen01.jpg
iPhoneSE


ボクは近くにある2つのダムでいただきました v(^_^)v。

横瀬川(よこぜがわ)ダム(建設中)
国土交通省四国地方整備局(高知県宿毛市山奈町山田)
20190316kinen02.jpg
iPhoneSE

横瀬川(よこぜがわ)ダム(建設中)
このダムのカードをもらうには、このように現地で撮った写真を提示しなければなりせん (¯0¯)
20190316kinen03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


中筋川(なかすじがわ)ダム
国土交通省四国地方整備局(高知県宿毛市)
20190316kinen04.jpg
iPhoneSE

中筋川(なかすじがわ)ダム
このダムの管理庁舎で中筋川ダム、横瀬川ダムのカードを配布しています。
20190316kinen05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(HDR撮影)


配布期間は平成31年2月24日から(?)元年5月31日までとなっていますのでお早めに d( ̄  ̄)

ですが、どこのダムに行っても貰えるわけではありませんので気を付けてくださいね。

配布対象ダム一覧(配布場所・デザイン等)とダムカードの詳細です。もよりも建設局を見てくださいね。



ダムファンにとってはプレミアムなカードですが、興味のない人にはだだの紙切れのようです。

おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年03月17日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(2)

横瀬川(よこぜかわ)ダムvol.4

(昨日の続きとなります)

悪魔のおにぎりという変な名前のおにぎりを食べた後、ダムの写真を撮ったのですが雪で見えません...

国土交通省四国地方整備局が高知県宿毛(すくも)市に建設中の「横瀬川(よこぜかわ)ダム」
20190127tokozedamu01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ですから明日また来てみます、寒いので帰ります (=_=)ブルブル



今日は素晴らしい天気となりました、只今の気温10℃、雲ひとつ無い快晴、風も穏やか、昨日の天気が嘘のようです。
20190127yokozedamu02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

1月4日現在でコンクリートの打設は、高さ72.1mのうち66.5m、全体のコンクリート量の約98%まで進んでいるということですから今は100%に近いのではないでしょうか。

このタワークレーンで本体コンクリートの打設を行います。高さ75mのとき吊り上げ能力は16.5t、85mのときは吊り上げ能力は10.7tと書いてあります。
20190127yokozedamu055.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


ダム操作(ダムの頭脳)を行う管理庁舎もその姿を現しています。
20190127yokozedamu04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

1990年(平成2年)に事業に着手し2019年(平成31年)完成を目指しているようです。 完成まであと僅かとなりました、頑張ってください。

中筋川総合開発工事事務所→横瀬川ダム工事を見に行こう!!

   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年01月28日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

横瀬川(よこぜかわ)ダムvol.3

国土交通省四国地方整備局が高知県宿毛(すくも)市に建設中の「横瀬川ダム」というところに約2ヶ月半ぶりにやって来ました。今回が3度目の訪問となります。


20181125yokozedamu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

11月10日に全体のコンクリート量の90%に当る15万m3のコンクリートを打設し終えたようです。
20181125yokozedamu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

管理庁舎もその姿を現そうとしています(画像右側の緑のネットに囲まれているもの)。
20181125yokozedamu06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

下の写真は前回訪れた9月2日(左)と今回(右)の進捗状況を比較したものです。黄色い点線が完成の高さで72.1m、只今60.5mのところまで立ち上がっているようです。
20181125yokozedamu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

下の写真のコンクリートの筒みたいなものは、ダムの中の通路に使われるもで、このような物がダムの中に張り巡らされているようです。
20181125yokozedamu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ドローンよる空撮画像をお借りしました。下流側(画像下側)からは見学会などない限り一般の人は見ることはできません。ダムの姿を見ることができるのは展望所(黄色い↑のところ)からだけです。
20181125yokozedamu05.jpg
画像はwebより拝借(2018年10月30日現在)

1990年(平成2年)に事業に着手し2019年(平成31年)完成を目指しているようです。 完成まであと僅か、次回報告できるのは年明けになると思います。

中筋川総合開発工事事務所→横瀬川ダム工事を見に行こう!!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年11月29日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

津賀(つが)ダム

久しぶりのダム探訪となります。ちょっと長くなりなすが、少しだけお付き合いいただければ、M字が喜ぶかもしれません <(_ _)>

四国きっての「酷道」として有名な国道439号線(通称:ヨサク)を四万十川の支流「梼原川(ゆすはらがわ)」の合流点付近からさかのぼること車で約20分 、ここは四国カルストへと続く道。津賀(つが)地区というところで突然左手にダムが現れます。
20181013tugadamu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

津賀(つが)ダムです。残念なことに酷道国道からはあまり良く見えません (--)。
20181013tugadamu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムの天端(てんば)は通行可能ですが、道幅が狭くすれ違いできません、それに重量制限となっていますので注意が必要です。
20181013tugadamu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

その狭い天端の道路を歩いて渡って行ってダム全体が見渡せる場所からの眺めです。タイミングよかったです、放水しています、ラッキー ( ^^)ノ。
20181013tugadamu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

津賀ダムは、高知県で造られた重力式コンクリートダムで3番目に造られた古いダムだそうです。第2次世界大戦末期である昭和19(1944)年に本土決戦のための電源確保のため造られたようです。いままで訪れたダムは洪水調節とかの目的で造られたものが多かったですが、「本土決戦のための電源確保」とは驚きますね w(゚o゚)w。
20181013tugadamu05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

四国電力(株)が所有し津賀発電所では、最大出力17,000kwの発電を行っているようです。
20181013tugadamu06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ここで、良く分かりませんがダムの主な諸元なんかを書いておきますd( ̄  ̄)。

位 置:高知県高岡郡四万十町津賀地先
河 川:渡川(四万十川)水系梼原川
型 式:越流型直線重力式コンクリートダム
堤 高:45.5m
堤頂長:145.0m
堤体積:約75,000㎥
流域面積:381㎢
総貯水容量:19,300,000㎥
有効貯水容量:14,000,000㎥

洪水吐の鋼製ラジアルゲートが10門ずらりと並んでいます。これはオリジナルではなく、大規模な改修が施されている様です。
20181013tugadamu08.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ゲートの巻揚機をフェンスごしに。
20181013tugadamu09.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

このダムは導流壁が特徴的です。導流壁とは読んで字の如し、流れを導く壁です。下の写真の右側の水面付近のところのコンクリートの形状を見てください、きれいに湾曲しているのが分かりますか、洪水吐から流れ出した大量の水が四方八方に飛び散らないように中央に導くよう工夫されたものです。まるですり鉢みたいですね v(¯0¯)v。
20181013tugadamu07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

上流からです。それにしても年期の入ったコンクリートです。70年過ぎてますからね、当然と言えば当然ですね (∵)。
20181013tugadamu10.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダム湖です。名前は特に付けられてなく、普通に「津賀ダム湖」らしいです。
20181013tugadamu14.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ダムカードは多分無いと思います、 ダムの入口?(国道側)に四国電力さんが作った「さわやかトイレ」があります、その入口にハンコが置かれてますので自由に押せます。
20181013tugadamu11.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

パソコンの右側の画面にあるのが「さわやかトイレ」です。
20181013tugadamu12.jpg
iPhoneSE(自宅の研究室?)

ついでに、ダムをバックに記念撮影 d( ̄◇ ̄)b。ヒメアカネ君でしょうか?
20181013tugadamu13.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

いかがでしたでしょうか、四万十川にはダムが無いといわれていますが、それは本流に限ってのことです。実は支流にはこのような目的のダムがあったのです d( ̄  ̄)。
このダムのさらに上流に、「近代土木遺産」に登録されている「橋」があるようなので行ってみたいと思います、それはまた次回  (^_^)/。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年10月30日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

横瀬川(よこぜかわ)ダムvol.2

約2ヶ月半ぶりに「横瀬川ダム」という国土交通省四国地方整備局が建設中のダムをパトロールして来ましたので報告いたします。

プレハブ2階建てのダム展望所です。ダム周辺の道路は工事関係者以外通行禁止となっていますので、この場所しか見ることができません。余談ですが、手前に写っているシルバーの車はボクの愛車で「農道のレクサス」といって通称「ダイハツHIJET TRUCK」と言います。JETという名前が付いてますがジェットエンジンが付いているわけではありません。
20180902yokoze001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

国土交通省四国地方整備局「横瀬川ダム」(上流からの眺め)
この前来た時は、コンクリートの打設量が10万m3を達成した直後でしたので今はどのくらいでしょうか?国土交通省のHP、建設会社のHP等々調べましたが何処にも出ていません。
20180902yokoze002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この前来た時(左)と現在の様子(右)を比較してみました。だいぶ高くなり広がっているように見えます。ちょっと見難いですけど、黄色っぽい点線が見えると思います。この点線が完成したときのダムの天端(てんば)となります。完成までのコンクリート打設量は165,000m3だそうです。
20180902yokoze006.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この日は休日だったのでタワークレーンは動いていません。コンクリートの表面がずいぶん茶色っぽいですが、こちらは水没していまう上流側ですから綺麗にしてないのでしょうか?
20180902yokoze004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

新しく赤白のクレーンが設置されています。緑のネットで覆われた四角い大きな建物らしきものが「ダム管理庁舎」だと思います。ここでダム操作(洪水調節)等を行います。
20180902yokoze005.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ドローンよる空撮です。下流側からは見学会などない限り一般の人は見ることはできません。1990年(平成2年)に事業に着手し2019年(平成31年)完成を目指しているようです。 
20180902yokoze007.jpg
webより拝借(2018年8月3日現在)

以上です、機会があればまた報告したいと思います。

横瀬川ダムの諸元等はこちらをどうぞ↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年09月10日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

中筋川(なかすじかわ)ダム vol.4【堤体ライトアップ】

お日様が西の山に沈みかけ白い雲が薄っすらとオレンジ色に染められた頃、夕涼みがてらにちょっと軽トラでドライブしてみた。
20180818LU01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

クネクネとした細い道を走っていきますと、暗闇の中にぼんやりと浮かび上がる巨大な構造物。上のほうにはライトが点々と灯っています。

国土交通省四国地方整備局〔中筋川ダム〕
20180818LU02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

今日ここに来た目的は夕涼みじゃなくて、このダムのライトアップを見に来たのが本当の目的です。

19時30分ピッタリにライトが点灯しました。 青い光でなんか幻想的な雰囲気となりました。
20180818LU03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

西の空には月齢7.02のお月様(宵月)が浮かんでいますがボケて二重に写っています....相変わらず下手な写真ですこと (_ _lll)。
20180818LU04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

下から見上げるのはここまでとし、展望所のある所に移動します。

展望所(左岸ダム直下流)からの眺めです。この絵もお月様はボケボケですね (_ _lll)。
20180818LU05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

お月様のすぐ斜め右下に小さく光っているものが見えませんか?レンズに付いたゴミかなぁ~と思っていたら、木星らしいです。
20180818LU07.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

ネットで調べたら
「8月17日の夕方から宵にかけ、南西の空で月齢6の上弦前の半月と木星が接近して見えるよ~。肉眼や双眼鏡で接近の様子を観察してみましょう。」とのことです。

望遠レンズ持ってくればよかった..... (--,)

ダムの堤天道路からです。 道路の長さは217.5mあるそうです。
ダム天端(てんば)照明は一般的なポール照明から、高欄(こうらん)照明へ変えています。また、生態系への配慮のため、低誘虫性蛍光灯を使用しているようです。
20180818LU06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF(Tvモード_SS1/10_F4.0_ISO6400)

ギャラリーが沢山いるのかなぁ~と思いきや、ボクだけでした。山奥の暗闇の中で「ひとりぼっち」なんで、ちょっとだけ寂し思いをしました (∵) 。

(明日の記事に続きます)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年08月23日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)

中筋川(なかすじかわ)ダム vol.3【洗浄放水】

久しぶりに良く晴れた土曜日、ちょうど1ヶ月ぶりに「中筋川(なかすじかわ)ダム」へ行ってきました。今回で3度目の訪問となるこの日は、夏休み期間中の特別スケルージュということで『洗浄放水』というものを行っていました。

ではどうぞ↓洗浄放水
20180818nakasujidamu01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

前にも少し触れましたが、このダムのデザイン的特徴の1つである、階段状の下流面の汚れを洗い流すために「洗浄放水」を行うようです。通常の常用洪水吐(オリフィスゲート、中央から大量に水が流れ出しているところ)からの放水とは異なり、巨大なシャワーを見ているような感じです。
20180818nakasujidamu02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

中央にある3つの放射ノズルと、堤体上部に四角く切り取らた10ヶ所の非常用洪水吐上部にある340本の噴射ノズルから勢いよく放水されます。下流面を滝のように流れ落ちる様は、迫力というよりも水のさわやかさを感じさせてくれます。
20180818nakasujidamu03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

10分間くらいの出来事です、画像では良く分かりませんので動画をYouTubeにアップロードいたしましたので御覧ください。(7:05辺りからダム上空?に飛行機が現れます)
RICOH WG-M1(防水アクションカメラ)

巨大なシャワーの迫力がイマイチ伝わらない動画となってしまいました (_ _|||) 画面傾いてるし魚眼レンズぽっく写ってますね (・_・?)  

before(この日は、貯水量が多めなのか低い方の常用洪水吐から放水しています)
20180818nakasujidamu04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

after(変なシマシマがでてます)
20180818nakasujidamu05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF

どうでしょうか、キレイになったでしょうか....違いが良く分かりません (゚_。)?

ダムというものは、維持管理(お金を含めた)が大変だなぁ~と思いました ( ̄◇ ̄)

中筋川ダムの規模、階段状構造などについては、こちら(当ブログ) をどうぞう↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年08月19日 04:01 ] ダム探訪 | TB(0) | CM(0)