2020年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930312021年01月














猛暑日に池の畔の草むらで

小さな村(高知県三原村)の小さな公園(星ヶ丘公園)には小さな池がありました。その小さな池の畔には小さな「かき氷のお店」がありました。
20200802kiito01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


カメラマンさんはスイレンを撮りに来たんでしょうかね?かき氷買ってます。この日は猛暑日、ボクも喉を潤したいところですが、この後キンキンに冷えたビールが待ってますので我慢します。
20200802kiito05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


池の畔の草むらで、大汗かきながら撮影をしています。かき氷を食べてる人は「あの人何してるの?」とか言いながら涼しい顔してこちらを見ているような気がする...


キイトトンボのハート
20200802kiito02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


暑いのに頑張ってますね (^^)
20200802kiito03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


長いこと草むらの中でゴゾゴゾしていると「変態か?」とか思われそうなのでもう帰ります。


落とし物?
20200802kiito04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


ビールが待ってますので終わりにします <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年08月05日 05:00 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(4)

してやったりのアオモンイトトンボ(♂)の顔

池の畔で縄張りを張る1匹のイトトンボがおりました。


何か企んでいるような顔してますが...アオモンイトトンボ(♂)だと思います。
20200718aomon01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


水草につかまり、のんびりと翅を休めるのは、同じくアオモンイトトンボ(♀)ではないでしょうか?。
20200718aomon02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


すると突然(♂)がバッと飛び立ち、(♀)の首根っこを捕まえて...


こうなりました。
20200718aomon03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ハート(交尾)のできあがり♡
20200718aomon04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ハートが終わり、してやったりの(♂)の顔 ( ̄∇ ̄)
20200718aomon05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


めでたしめでたし v(^^)v


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年07月21日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

このトンボの撮影は注意が必要

体長僅か2センチメートル、探すにも一苦労。池の畔の下草に這いつくばり、水面に顔が付きそうなくらい寄らないと撮れません。それに、ちょっと目をそらすと何処にいるか分からなくなります。


コフキヒメイトトンボのまだ若い(♂)だと思います。
20200614kofukihime04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


息をとめてパシャ!これを何度も繰り返すわけですが、最後には酸欠状態になり倒れそうになります。そんなことでピントがなかなか合いません。


大人になると胸から足、顔の一部に白い粉をふきます、だから「コフキ(粉吹き)」なんです d( ̄  ̄)
20200614kofukihime02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


粉をふくトンボは多くいますが、このように塩がふいたような、みごとな「粉吹き」はあまりいないと思います。ちょっと舐めたらしょっぱかった(ウソ)
20200614kofukihime01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ちなみに、こちらの赤いのはまだ若い(♀)ですが、オバサンになっても粉はふかず地味な緑色になります。オバサンの写真はありません。
20200614kofukihime05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


池の畔で這いつくばってニヤニヤしながら撮影する姿を他の人が見たら「この人何してんの?池の水飲んでるの?マジか!!」とか「キャー変態!!」とか思うに違いありません。


ですから撮影には大変注意を要するトンボなんです!酸欠にもなりますし。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年06月28日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

プチトマト風イトトンボ

よくトンボの名前を間違えて、皆様に多大なご迷惑をおかけしているボクですが、この赤いトンボだけは自信がありますのでご安心ください <(_ _)>
20200614beniito01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ベニイトトンボ(♂)
20200614beniito02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇イトトンボ科 キイトトンボ属 ベニイトトンボ(Ceriagrion nipponicum)
全身真っ赤なベニイトトンボは、生息地が局地的になり、環境省レッドリスト2017では準絶滅危惧種(NT)に指定されてます。腹部が真っ黄色のキイトトンボの赤い版みたいに顔はそっくりです。(♂)の体は全身真っ赤になります。(♀)は腹部が若干、赤っぽく(オレンジ色?)なりますが胸の部分は若草色です。個体数が少ないので縄張り争いをしている姿はあまり見たことがなく、棒や葉先などでじーっとしているほうが多いです。平地の古くからある池などに生息し5月下旬から出現し9月ころまで見られます。
20200614beniito03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


プチトマトみたいな「おめめ」がおいしそう。(文字とマークがジャマのような気がする)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年06月21日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)

四万十川最下流「鍋島トンボ池」

どんよりとした曇り空の中、約1年ぶりに四万十川最下流にある「鍋島トンボ池」にやってきました。

し~んと静まり返った池の畔につきますと、沢山のイトトンボが飛び回っています...というか、このトンボしかいません、この池はマイコアカネの保護池となっていますが、残念なことに”舞妓はん”の姿はありませんでした...。

アオモンイトトンボ(♂)だと思います。多分...
20190929aomon01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


生態とか詳しい情報は↓に書いていますので参考にしてください。


荒れ放題のこの池もトンボ王国(トンボ公園)の職員さん達が管理されてますが、ここまで手が回らないのでしょうか?1年前は池の周りを歩けましたが...。
20190929aomon02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX-DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR



このトンボも似たような種類が沢山いますのでひょっとしたら....
20190929aomon03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


正面からです。怖い顔してます、怒っているのでしょうか?
20190929aomon04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


このピンクの花を付けた植物はなんでしょう?
20190929aomon05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この「鍋島トンボ池」は国土交通省が整備したと聞きます。造るのは簡単なこと、後の維持管理が大変なんです。舞妓はんに会いにもう一度来てみたいと思います、天気が良い日に。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年10月04日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

赤かと思ったら紅だって

トンボ公園の小さな池には、何か企んでいそうな顔をした赤いイトトンボがおりました。
20190717beniito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

名前は、赤いのに”紅”とつくベニイトトンボ(♂)と言います、多分。見た目”赤い”からアカイトトンボとは言いません d( ̄  ̄)
20190717beniito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇イトトンボ科 キイトトンボ属 ベニイトトンボ(Ceriagrion nipponicum)
全身真っ赤なベニイトトンボは、生息地が局地的になり、環境省レッドリスト2017では準絶滅危惧種(NT)に指定されてます。腹部が真っ黄色のキイトトンボの赤い版みたいに顔はそっくりです。(♂)の体は全身真っ赤になります。赤い目玉はプチトマトのようです。(♀)は腹部が若干、赤っぽく(オレンジ色?)なりますが胸の部分は若草色です。個体数が少ないので縄張り争いをしている姿はあまり見たことがなく、棒や葉先などでじーっとしているほうが多いです。平地の古くからある池などに生息してます。5月下旬から出現し9月ころまで見られます。
 

そんなベニイトトンボ(♂)君が突然ホワァッと飛び立ちまして、後を追っかけて行くと...。


あらまぁ、(♀)の首根っこ?をガッツリ捕まえて”逆さハート”をつくっています。(バッタもいます)
20190717beniito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵準備です。
20190717beniito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵中。(♂)は直立姿勢をとり周りを監視しています。
20190717beniito05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

一仕事終え、くつろぐベニイトトンボ(♂)君です、ごくろうさんです <(_ _)>
20190717beniito06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この紅(べに、くれない)と赤の違いが分かりません...。

ちなみに、日章旗(日の丸)は、地は白、日章は紅色だそうです。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月18日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(3)

【お詫びと訂正】×ホソミイトトンボ 〇アオモンイトトンボ

あ~またやってしまいました( ̄ロ ̄lll)

実は、昨日記事にしたトンボのことですが、訪問者の方からご指摘がございまして、交尾体のトンボは「アオモンイトトンボだよ」とご指摘がございました。確かにそうです。図鑑で調べたつもりでしたが知ったかぶりをしてゴメンなさい m(_ _)m
20190703hosomi004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


こちらが本当の「ホソミイトトンボ」のカップルとなります。(と思います)
20190703hosomi002.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

細さと色が全然違います...毎年同じトンボを撮っているのに何を勘違いしたんでしょうか (◎_◎;) ボケたのかしら...。

20190703hosomi000.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

〇イトトンボ科 ホソミイトトンボホソミイトトンボ(Aciagrion migratum)
ホソミイトトンボはその名のとおり、しっぽが細長いイトトンボです。イトトンボ自体、腹部が糸のように細いから糸トンボとついたのですが、さらにわをかけて細い。このトンボは実に不思議なトンボで、「越冬型」と「夏型」が存在します。
【越冬型】秋に羽化した個体は越冬して、翌年の春交尾・産卵する個体群
【夏 型】初夏に羽化して秋に没する個体郡
しかも、秋には混在し、別型同士で交尾・産卵もするとのことで、わけがわからないです。
平地や丘陵地の挺水植物が繁茂している湿地や滞水・水田などに生息し、羽化した個体は水辺を離れ、丘陵地の雑木林の中で隠れて生活をしています。日本特産種で新潟県および栃木県以南より沖縄諸島まで生息してます。
20190703hosomi003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

池のほとりで産卵準備中
20190703hosomi001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


今度は間違ってないでしょうか”トンボ好き”さん。ご指摘ありがとうございました <(_ _)>。そして皆様、本当に申し訳ございませんでした m(_ _)m


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月04日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(4)

涼しい顔してハート

毎日鬱陶しい日が続いていますがいかがお過ごしですが?

少しだけ梅雨の晴れ間があったので、コンビニの帰りちょっとだけ近くの小さな池によってみることにしました。この池は”ホソミオツネントンボ”や”アオイトトンボ”たちが静かに暮らす池です。

トンボの名前が間違ってるぞ!とご指摘がありましたので訂正いたします。(ゴメンナサイ)

今回出会ったのは、ホソミイトトンボ[夏型]アオモンイトトンボのカップルです。久しぶりに見たイトトンボのハートとなります。
20190702hosomi01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

〇イトトンボ科 アオモンイトトンボアオモンイトトンボ(Ischnura senegalensis) 
体長は30~35㎜で4~11月にかけて発生します。平地の池や沼等、主に流れが無いか緩やかな水辺でよく見られ、環境の攪乱や塩分を含んだ水域、汚れた水辺にも生息しますが手つかずの森林などには見られません。(♂)は胸部側面が美しい淡緑色で腹面が青色をしています。(♀)には赤橙色の胸側に腹部側面が緑色の色彩のもの、胸側が黄褐色で腹部側面が緑褐色の色彩のもの、(♂)と同様の色彩の物があります。赤橙色の胸側の個体は未熟個体であるともいわれていて、実際には2種類だという説もあるようです。

蒸し暑いのに、涼しい顔して頑張ってます。
20190702hosomi02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


相変わらず下手な写真ですこと(♀)がもう少しハッキリ写ればよかったのに....。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月03日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(1)

朝の準備運動

スイレンの花が見頃を迎えつつあるトンボ公園の朝9時前、非常に小さなイトトンボがピンクのスイレンの花びら?に止まり、くつろいでいるのかまだ寝てるのか?そんな姿がありました。


コフキヒメイトトンボ(♂)でしょうか、名前のとおり背中に白っぽい粉を吹いています。
20190608kofuki01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


○イトトンボ科 ヒメイトトンボ属 コフキヒメイトトンボ(Agriocnemis femina oryzae)
体長約2cmの日本最小クラスのイトトンボ。(♂)は成熟すると白い粉をまとうので“粉吹き(コフキ)”と命名されました。体色変化が大きく成熟と未成熟では違う種類のトンボかと思うほどです。背丈の低い水生植物が繁茂する日当たりのよい湿地、小川、水路等で見かけます。本州(山口県)、四国南部、九州で確認されています。


そんなコフキヒメイトトンボ君が「今日も1日頑張ろう~!」と元気に朝の”準備運動”?を始めました。
20190608kofuki02gif.gif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


朝ということもあって準備運動のように見えますが、いったい彼は何をしているのでしょうか (∵)?


おわり。


コフキヒメイトトンボの関連記事はこちら↓(当ブログ)

   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月10日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

お目々パッチリ黄色いトンボ

トンボの記事が続きますが昆虫苦手な方には申し訳ございません <(_ _)>  

ハナショウブが見ごろを向かえたトンボ公園より今回もお伝えしたいと思います。
20190602kiito06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


小さな池の畔では、お目々パッチリな黄色いトンボが口を尖らせ何かを企んでいるような表情でこちらを見ています。

まだちょっと若いキイトトンボの(♂)のようです。
20190602kiito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

こちらもまだ若いキイトトンボの(♀)でしょう~。
20190602kiito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


○イトトンボ科 キイトトンボ属 キイトトンボ(Ceriagrion melanurum)
腹部はあざやかなレモンイエロー、胸と複眼は黄緑色のイトトンボ。平地や丘陵地の挺水植物がよく繁茂した池沼や湿地に生息し、植物の間を低く、ゆっくりとピョコピョコと飛んで雌を探したりえさを求めたりしている姿をよく見ます。北海道・沖縄以外のほぼ全域に生息しています。(一部離島は除く)成虫は地域によって差はありますが、5月下旬ころから10月下旬ころまで見られます。春に現れる個体は大きく、夏以降に見られる個体はいくぶん小さめです。


そんなキイトトンボの(♂)と(♀)が出会いますと、やっぱり自然とこうなります...

若いカップルのハート(交尾)でございます。 
20190602kiito05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

一通り儀式を終えますと産卵の準備に取りかかります。
20190602kiito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

皆さんすでにご存じの「接触警護型連結植物組織内産卵」ですね。 
20190602kiito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


生まれた卵は1~3週間でふ化します。ヤゴの期間は2ヶ月~1年で、冬はヤゴで過ごし、翌年の春から初夏にかけ羽化が始まります d( ̄  ̄)。


イトトンボの仲間は”青色系”が多いなか、このキイトトンボは名前のとおり、鮮やかな”黄色”をしていますので見つけやすいと思いますよ。でも、足元近くを低くピョコピョコ飛んでますので踏ん付けちゃダメですよ、気を付けて ( ̄◇ ̄)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月06日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

接触警護型連結植物組織内産卵

オオイトトンボ産卵風景です。

(♀)は水草の茎に産卵管を突き刺し産卵します。これを「連結植物組織内産卵」というのは以前にもお伝えしたところでございます。関係ありませんがメダカも泳いでいますね。
20190511ooito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

この角度のほうがよく分かりますね。今回のカップルは潜水産卵まで至りませんでした。
20190511ooito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ところで、下の画像のように(♂)が(♀)の後頭部をガッツリ捕まえて直立した体勢をとっていますよね、それは何故でしょう。(ヒント:クロイトトンボが横からチョッカイを出そうとしています。)
20190511ooito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

これは、産卵中の(♀)が外敵に襲われそうになったとき、すぐに(♀)と一緒に脱出できるように上から監視(警護)しているとのことです d( ̄◇ ̄)b
20190511ooito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


これを接触警護産卵というそうです d( ̄  ̄)。

そうなると、「接触警護型連結植物組織内産卵」と呼ぶのでしょうか (・_・?)...長い....


いやぁ~、ただ翅をバタバタさせているだけかと思ったら、深い意味があったのですね...ご苦労様です <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年05月27日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)

オオイトトンボ大失敗!

トンボ公園の小さな池の畔では、1匹のオオイトトンボ君が水草の上で、ドヤ顔でコマネチポーズ(昭和のギャグ)をビシッと決めている姿がありました。
20190520ooito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

すると突然、何を思ったか....

GIFアニメでご覧ください d( ̄  ̄)
20190520ooito02ani.gif
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ギャハㇵㇵ落っこちてやんの (≧∇≦)


何事もなかったような顔をして、しれ~っとたたずむオオイトトンボ君....
20190520ooito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


いったい彼は何がしたかったのでしょうかね、不思議でなりません (・_・?)


以上、梅雨入り間近の高知県四万十市よりお伝えしました。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年05月21日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(2)