1. 紅糸蜻蛉(ベニイトトンボ)

    紅糸蜻蛉(ベニイトトンボ)

    この赤というかオレンジというか、とにかく赤っぽい色をしたトンボの名前は紅糸蜻蛉(ベニイトトンボ)といいます。クレナイイトトンボとは読みません。 PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR〇イトトンボ科 キイトトンボ属 ベニイトトンボ(Ceriagrion nipponicum)全身真っ赤なベニイトトンボは、生息地が局地的になり、環境省レッドリスト2017では準絶滅危惧種(NT)に指定されてます。腹部が真っ黄色...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. 久しぶりに見た逆ハート[モノサシトンボ]

    久しぶりに見た逆ハート[モノサシトンボ]

    無精ひげ?ボーボーのハラビロトンボ(♀)のお顔を観察した後、汗だらだらになりながら池の周りを散策していると、オッいましたトンボのカップルが。PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR逆ハート型(交尾態)、久しぶりに見る光景です。PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRハートが終わり、してやったりの(♂)の顔 ( ̄∇ ̄)v PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR〇モノサシトンボ科 モ...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. ハラビロトンボの顔面は無精ヒゲ?ボーボー

    ハラビロトンボの顔面は無精ヒゲ?ボーボー

    もう梅雨明けたんじゃないの?と思わせるような夏空が広がっています。白い葉が涼しげな半夏生(ハンゲショウ)を撮ったあと、少し休憩してトンボ公園の奥の湿地に来てます。ボロボロのベンチに腰掛け水分補給。iPhoneSE2オッいましたね、のんびりと翅を休めるトンボさん v(^^)v PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR腹が広いからハラビロトンボではないでしょうか? PENTAX KP+smc PENTAX-D F...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. 毎度お馴染みマユタテアカネ

    毎度お馴染みマユタテアカネ

    コーヒーの木の身体測定をしていたら、何処からかスィーっと赤トンボがやって来た。毎度お馴染みマユタテアカネ(♂)ですね (^^)。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR顔面!いつ見ても無精ひげボーボーPENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRバックからPENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR冬が近づいてくると動きが鈍くなって相当近寄っても逃げません v(^^)v...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. ヒメアカネ、背中にのせた朝露が寒そう...

    ヒメアカネ、背中にのせた朝露が寒そう...

    キーンと冷え込んだ四万十市、最近毎日のように今シーズンの最低気温を更新中。そんな中、朝の散歩の途中、草むらに目をやれば、オッいました赤トンボ!朝露をちょっとだけ背中にのせてお休み中。PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR寒そう...これはヒメアカネ君でしょうか?PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR〇トンボ科 アカネ属 ヒメアカネ(Sympetrum parvulum)アカネ属の中で一番小さい(体長28-38mm)...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. リスアカネかもしれないけど自信がない...

    リスアカネかもしれないけど自信がない...

    2013年8月にトンボを撮り始めてから早いもので8年が経ちました。未だにトンボの名前をよく間違えます、そして撮影技術もちっとも上達していません...。そんなボクが今回またトンボの記事を書いてます。なので、名前間違っているかも知れませんので適当に読んでください <(_ _)>。山奥の小さなビオトープでは、ガマの穂先で翅を休める一頭の赤トンボがおりました。全然珍しくもなくどこにでも飛んでいるこのトンボの特徴は何...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. マユタテアカネの一発芸

    マユタテアカネの一発芸

    先日マユタテアカネという赤トンボが、「これから何かを見せてくれる」という記事を書きました。いったい何を見せてくれるのでしょう?今回はその続きとなりますのでご覧ください。太陽の光を浴びて翅をピカピカ光らせてガマの茎につかまり日光浴?をするマユタテアカネ君PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR暫らく観察しておりますと...尻尾をピンと上にあげて、オッ逆立ちしたぞ!PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 1...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    1 コメントの投稿
  8. マユタテアカネの背中は凄かった

    マユタテアカネの背中は凄かった

    秋のトンボの赤トンボの代表格?と呼ばれるアカネ属のマユタテアカネ(雄)というトンボがのんびりとくつろいでいます。この日も陽射しが強いので少し尻尾を持ち上げています。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRそんなマユタテアカネ君の背後にそ~っと回り込んで撮ったのが背中。筋肉モリモリで複雑な構造をしています、このトンボに限らずトンボの背中っていつ見ても惚れ惚れするわぁ v(^^)v。PENTAX K-3+smc PENTA...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. まだまだ頑張るマユタテアカネのカップル

    まだまだ頑張るマユタテアカネのカップル

    めっきり秋っぽくなってきた今日この頃、と言ってもお昼前には30℃に迫る残暑厳しい日となりました。そんな中、久しぶりにトンボ撮りにやって来たのは山奥の小さな池。枯れかけた水生植物の葉っぱの上では赤トンボのカップルがまだまだ頑張っています。マユタテアカネのカップルですね。神妙な面持ちで子孫繁栄のために精を出します。PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR時々こんなとぼけた顔もしたりします(雄)。PENTA...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. ギンヤンマの産卵風景(星ケ丘公園から)

    ギンヤンマの産卵風景(星ケ丘公園から)

    青空が広がった日曜日、四万十市のお隣にある小さな村の小さな公園に来ています。ここは以前、青く輝く蜂「大青蜂(オオセイボウ)」(青くても幸せを呼ぶ方ではない)を撮った場所です。今年も会えるかな?と思って来てみたのですが残念ながら会えませんでした...オオセイボウの記事はこちらから↓幸せを運ぶかどうかわからない「輝く青い蜂」[2020年09月15日]高知県三原村「星ケ丘公園」の小さな池PENTAX K-3+HD PENTAX DA16-85mm...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. アオモンイトトンボの崩れハート型交尾

    アオモンイトトンボの崩れハート型交尾

    池の畔の雑草の葉っぱの上で「なに見てんだよ!」とこっちを睨みつけている一頭のイトトンボがいました。後ろにもぼんやりもう一頭写っていますがいったい彼らは何をしているのでしょうか?PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRあっ、そういう事だったんですね。失礼しました、ごゆっくりどうぞ <(_ _)>アオモンイトトンボの崩れハート型交尾(上:♂ 下:♀) PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR〇イトト...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. 秋のトンボ赤トンボ「マユタテアカネ」を撮ってみた

    秋のトンボ赤トンボ「マユタテアカネ」を撮ってみた

    (昨日の続きとなります)木陰にあるベンチに腰を降ろし水分補給をします。真夏のような暑さではありませんが暑いこと暑いこと。汗を拭きながら真っ青な空を見上げれば...いました秋のトンボ赤トンボ「マユタテアカネ(♂)」PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR〇トンボ科 アカネ属 マユタテアカネ(Sympetrum eroticum eroticum)アカネ属ですから、いわゆる”赤とんぼ”と呼ばれる一種です。顔面に鼻の穴をでかくしたよ...

    トンボ このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿