マユちゃんのお顔は無精ひげボーボー

朝陽がピカピカ射しだしたころ(写真ではそんな感じは全くしません)、まだお休み中のマユちゃんに、そぉーと近付き可愛らしい寝顔を撮ってみましたのでご覧ください。


とは言ったものの、上手く撮れません...


前の棒がかぶってます...
20200920himeakane01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


少し角度を変えたら今度はボケた...
20200920himeakane02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


モデルはお馴染みの「マユタテアカネ(♀)」さんだと思います。
20200920himeakane04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


こちらのマユちゃんはまだ若いので赤焦げ茶色に染まってませんし、お行儀が大変よろしいかと思います。
20200920himeakane03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


無精ひげボーボーのマユちゃんでした。


以上、午前8時前の秋の気配漂うトンボ公園よりお伝えしました。
20200920himeakane05.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月24日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(4)

秋を感じるアカネ属のアカネ色

自宅から車で30分、山奥にある小さな「池」に向かいます。カッコイイ車(トンボ撮り専用車)の前の坂道を下り川を渡ったその先の山の中に公園はあります。
20200913mayu01.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


空は全体的に白い雲、時々日差しが射しますが、汗をかく程暑くない気持ちいい。歩くこと5分、到着しました。秋の気配を感じる山奥の「トンボ池」です。看板には赤トンボらしきキレイなトンボが描かれてますが、こんなトンボはここにはいません...
20200913mayu02.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


ベンチに腰を降ろし池の方を見てみると、赤いトンボがちょっとだけ逆立ちしそうな体勢でお出迎え。


もう皆さんご存知の赤トンボ「マユタテアカネ(♂)」だと思います。
20200913mayu03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


このトンボの特徴は何といっても「」ですね。詳しいことは書きませんので、このブログで検索お願いいたします。(ヒント、眉斑・鼻の穴・ブタバナ)
20200913mayu04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


顔面アップ!複眼の下側は緑色をおびた淡褐色に輝きます、大人になった証ですね。
20200913mayu06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR
 

いつ見ても複雑な背中、袈裟をまとった仏様がいるようです。(分かりますか?)
20200913mayu05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


アカネ属のこの色を見ると秋を感じますね。マユタテアカネは12月頃まで見られますが、去年は年越しした個体が確認されました。


今シーズンも楽しませてくださいよ <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月20日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(2)

のしを付けてお届けいたします。

朝晩だいぶ過ごしやすくなり、いよいよ赤トンボ(トンボ科アカネ属)の本格的な季節到来という感じがしてきた今日この頃。


赤というか赤焦げ茶色に近いこの赤トンボはノシメトンボ(♂)だと思います。
20200913nosime01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇トンボ科 アカネ属 ノシメトンボ(Sympetrum infuscatum)
全国どこでも見られる赤トンボ。アカネ属の中では一番個体数が多い種かもしれません。秋にアキアカネが平地に戻ってくると、勢力を2分する感じで池や田畑でたくさん見られます。腹部の黒斑が熨斗目(のしめ)模様に似ていることから、この名がつきました。翅の黒斑が独特です。赤トンボと呼ばれますが、何時までたっても赤くはなりません、どちらかと言えば、”赤焦げ茶色”になります。6月頃から羽化し、11月後半まで見られますよ。
20200913nosime02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ということで、今回は特別に熨斗(のし)をつけてお届けしたいと思います。
20200913nosime04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


涼しくなり、さわやかな秋の始まりですが、風邪など召されませぬようご自愛ください。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月18日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)

トンボ王国の「杉村先生」、イモトアヤコさんに叱られる

昨日の夜(9月6日)、NHKの台風情報を見ていて、暴風域の外側になったから「高知県西部は大丈夫」と思ってチャンネルを変えると...


日本テレビ系列の「世界の果てまでイッテQ!」で『珍獣ハンターイモトジャパンツアーin高知県』という番組をやっていましてね
20200906Q001.jpg
iPhoneSE1


どっかで見たことのある風景...なんと、ボクがよく行くトンボ公園が写っているではありませんか。このブログによくアップするモニュメントは残念ながら写ってませんが...
20200906Q002.jpg
iPhoneSE1


今回は、トンボ王国の管理人さんと「世界初のトンボ保護区で、昔ながらの方法でトンボを狙います。そして、意外と知られていないトンボの生態についても紹介します」とのこと。


この人がトンボ王国を管理する「トンボと自然を考える会」の常務理事、杉村光俊先生です。先生は35年の長きにわたってトンボの保護育成に力を尽くしてきたトンボ界では有名なトンボ研究家です。
20200906Q003.jpg
iPhoneSE1


トンボ公園では何度もお世話になってますし、このブログにも以前登場しました。
杉村光俊先生とはこんな人↓
NHKスペシャルインタビュー ずっとしこく「#56トンボと自然を考える会杉村光俊さん」


イモトアヤコさんからいろいろとインタビューを受ける先生
20200906Q004.jpg
iPhoneSE1


昭和の子どもたちにとってトンボ捕りは定番の遊びだった...
20200906Q005.jpg
iPhoneSE1


そんなことで、イモトアヤコさんは先生に教わりながら「トンボ釣り」に挑みます。
20200906Q006.jpg
iPhoneSE1


見事カップルの「ギンヤンマ」確保成功!
20200906Q007.jpg
iPhoneSE1


ちなみに、下の写真は同じ池で2018年7月18日に撮影した産卵中のギンヤンマのカップルです。
20200906Q013.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ここから先生のトンボの生態について講義のお時間が始まりますが、最後の方で...
20200906Q008.jpg
iPhoneSE1


元カレ...
20200906Q009.jpg
iPhoneSE1


イモトアヤコさん思わず
20200906Q010.jpg
iPhoneSE1


元カレって言い方ヤメなさい!!
20200906Q011.jpg
iPhoneSE1


叱られて固まる先生...
20200906Q012.jpg
iPhoneSE1


ギンヤンマに限らず、トンボは1シーズンに何百回もこのような行為を行います。オスは子孫繁栄のため、自分のDNAを何とか残そうと、こういう行動に出るのですd( ̄  ̄)。


ついでに、この↓トンボの捕まえ方、皆さんも小さい頃、1度や2度やっことがあると思いますが、トンボが眼を回すのではなく...
20200906Q014.jpg
iPhoneSE1


小さな虫と勘違いさせる...だったんですね。


なかなか面白い番組内容でした(^^)



おわり。


  
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月08日 04:01 ] トンボ その他トンボ関連 | TB(0) | CM(2)

その昔、南方から台風の風に乗って来た派手なトンボ

赤というか紅というか桃色というか一風変わったビビッドな色合いのトンボ。ショウジョウトンボやアカネ属は全身が真っ赤になりますが、このトンボは、全身がショッキングピンクになり、あまり日本らしさが感じられません。


ベニトンボ(♂)
20200904beni001.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


更に全身に赤紫色の粉を吹き、複眼の上部は深紅に染まり、翅脈も赤く?色付くのです。
20200904beni003.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇トンボ科 ベニトンボ属 ベニトンボ(Trithemis aurora)
このトンボは南方系のトンボで、故郷は台湾以南の中国中南部や、東南アジアで台風何かの風に乗ってやってきたようです。日本で初めて発見されたのは、ボクの生まれる前の1954年のことで鹿児島県にいたようです。
それが、またたくまに日本列島を北上し、九州、四国では既に完全定着し、最近では中国地方の瀬戸内海側や紀伊半島でも単発的な目撃例が続いていて、本州あたりに定着する日も近いのでは?と言われています。この分布域の北上については地球温暖化などが原因として考えられているようです。
20200904beni02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この特徴的な色彩は(♂)だけで、(♀)は非常に地味な黄褐色をしています。
202009004beni004.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


地球温暖化と言えば、巨大台風(Super Typhoon)、台風が発生するためには、海面水温が高温(26℃以上)でたくさんの水蒸気が発生することが条件です。下の絵を見ると...

北太平洋の海面水温は真っ赤っか~(30℃以上)
20200904beni005.jpg


なんかベニトンボのショッキングピンクに近い色してますね。


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年09月06日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(2)

ヤンマのハートは迫力やね

説明はいらないと思いますが、ギンヤンマのハート(交尾)です。

20200831ginnyannma03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


イトトンボなんかのそれとは違ってやっぱ迫力ありますね。(ピントがあまい...)


ピントがあまいし今日は1枚で終わりにします <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年09月01日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(4)

輝く紫黒色の構造色

昨日と同じくチョウトンボの記事となります。


チョウトンボの翅は太陽光線の射す方向、強弱、見る角度により色んな色に変化します。
いわゆる、構造色(こうぞうしょく)と呼ばれる発色現象です。
20200825kouzousyoku04.jpgPENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


昨日のチョウトンボと見比べてください、色合いが全然違います。


構造色(structural color)とは↓以下ウィキペディア「構造色」より

光の波長あるいはそれ以下の微細構造による、分光に由来する発色現象を指す。身近な構造色にはコンパクトディスクやシャボン玉などが挙げられる。コンパクトディスクやシャボンには、それ自身には色がついていないが、その微細な構造によって光が干渉するため、色づいて見える。構造色の特徴として、見る角度に応じて、様々な色彩が見られることが挙げられる。色素や顔料と云った"色料"による発色と異なり、紫外線などにより脱色することがなく、繊維や自動車の塗装など工業的応用研究が進んでいる。


自然界では、昆虫のモルフォチョウや玉虫、鳥ではクジャク、ハチドリ、 魚では熱帯魚を中心にネオンテトラやルリスズメダイ、他にはタコ、イカ、アワビの貝殻、さらに 植物の種子や花びら・・・・などが一般に知られていますd( ̄  ̄)


輝く紫黒色(しこくしょく)した構造色を放つチョウトンボ(♀)
20200825kouzousyoku02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


精密機械のような緻密な造形をした翅脈...まるで金属のよう。
20200825kouzousyoku03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇トンボ科 チョウトンボ属 チョウトンボ(Rhyothemis fuliginosa)
翅が全体的に黒っぽい色でおおわれ、光の角度によって虹色に光ります。この翅の色の見え方がとても楽しめるトンボのひとつです。他のとんぼと飛び方がまったく違って、ヒラヒラと飛ぶ姿が蝶に似ることからチョウトンボと名付けられました。
他の雄とよくバトルをします、ヒラヒラと飛んでいるかと思えば、一瞬で別の場所へ移動するほど早く、意外に運動能力は高く、やはりトンボであると認識させられます。お昼過ぎになると、池のそばの田んぼなどで群れを作って飛んでいる姿をよく見ます。数が多いときは、ちょっと不気味なくらいです。
本州、四国、九州にかけて分布し、おもに平地から丘陵地にかけての植生豊かな池沼などで見られます。6月中旬から羽化が始まり9月頃まで見られます。
20200825kouzousyoku01.jpgPENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


今回の画像は梅雨真っ只中の7月初旬に撮影したものです。この日は、梅雨らしいどんよりとした曇り空、ピカーと晴れた天気ならもっとキレイに輝く構造色が撮れたと思います。


おわり。  


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年08月26日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(4)

ギリギリ撮れたチョウトンボ

久しぶりにトンボ公園に来ています。ギャラリーは一人もいません...セミの声も聞こえません...そらそうでしょ、このところ、ずーと「熱中症の危険あり、運動は原則中止」とかいうお知らせが「YAHOO!防災速報」からひっきりなしに届いてますから。
20200823tyoutonnbo05.jpg
PENTAX KP+HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


そんな中、汗だくになりながら池の畔は散策しておりますと、いました!目的のトンボが v(^^)v


特に珍しいトンボではありませんが、このトンボを見るとついついカメラを向けてしまいます。
20200823tyoutonnbo04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


チョウトンボ(♂)だと思います。
20200823tyoutonnbo01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


トンボファンなら「夏には絶対撮っておきたい!」という蝶のようにヒラヒラと飛ぶステキなトンボ。
20200823tyoutonnbo02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ヒラヒラと飛ぶ様子は下手ですから撮れません...


梅雨に入り蒸し暑くなった6月中旬頃から羽化が始まったチョウトンボさんですが、秋を待たずして来月にはひっそりとその姿を消してしまいます。
20200823tyoutonnbo03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


今年はギリギリ写真に収めることができました、また来シーズン元気な姿を見せてくださいな<(_ _)> 


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年08月25日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(8)

山奥の深山川蜻蛉(ミヤマカワトンボ)

山奥の渓流には1頭のカワトンボが涼しげに縄張りを張る姿がありました。

ミヤマカワトンボ(深山川蜻蛉)
20200808miyamakawa01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ハグロトンボに似てますが翅の色が全然違います d( ̄  ̄)。
20200808miyamakawa02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ミヤマカワトンボの詳しい?生態などはこちらでどうぞ↓(当ブログ)


ちなみに、こちらが皆さま良くご存じのハグロトンボとなります。ちがうでしょ。
20200808hagurohikaku01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


羨ましいくらいに肢が長く、スレンダーなボディーはゴールデングリーン。翅脈が透き通る薄茶色の翅を時々ゆっくりと広げます。
20200808miyamakawa03.gif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


お近くの谷川なんかに出かけてみてください、涼しそうな顔をしたこのトンボがきっといますから。ただし、熱中症対策をお忘れなくv(^^)v
20200808miyamakawa04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、お好きなものをお選びください(複数選択可)
[ 2020年08月22日 04:01 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(2)

涼を求めてハグロトンボに会いに行く

お盆になりますと、シーズン1(昔のブロブ)の頃から毎年記事にしているような気がするこのトンボ、そんなことで今年も書いてみました。


下界の温度は33℃、うだるような酷暑が続く高知県四万十市、少しでも涼しい場所はないかとやって来たのはお隣三原村の山奥の渓流。ちょっとだけ涼しいような気がする...。


この渓流でハグロトンボを探してみたいと思います。ちょっとその前に、大切な飲み物を冷やしておきます。携帯の電波が届かないこんな山奥で、熱中症になって倒れたら誰も助けに来てくれませんからね。
20200808haguro00.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


すぐに見つかりました。水際で縄張りを張るハグロトンボ(♂)、涼しそう。 
20200808haguro01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

20200808hagurogif01.gif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


いつ見ても真っ黒な翅と、とてもきれいな金緑色した尻尾
20200808haguro02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

20200808hagurogif02.gif
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ハグロトンボは、ちょうどお盆の頃にたくさん見られることから、「ご先祖様の魂が姿を変えて帰ってきたのだ」と昔から言い伝えられて来ました。そのため、別名は「仏トンボ」とか「神様トンボ」と呼ばれているようです d( ̄  ̄)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年08月13日 05:00 ] トンボ カワトンボ科 | TB(0) | CM(0)

尋常じゃないほどのウエストの"くびれ" 羨ましいわぁ

日曜日の朝6時頃のことです、窓と網戸を開け広げてあるので、もう秋か?と思うような涼しくて気持ちの良い風が入ってきます。


そんな中、台所の方から嫁さんが...


うわぁ~ギャアァー痛イィイ~!!!


とか叫びながら新聞を読んでるボクの方に駆け寄ってきます。


嫁さん↓
痛い!3回かまれた!黒い変なトンボ捕まえたの、捕まえたとき握り潰しちゃたのかなぁ?ウエストのところがもの凄く細くなってるのよ!?


と見せてくれたのがこのトンボ
20200807kosiboso01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


このトンボ、網戸を開けていたので、家の中の方までパトロールしていたみたいです。



なるほど、腰のところが潰れてるというか急に細くなっています。
20200807kosiboso02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


握り潰したんじゃなくて、これはこのトンボの仕様なんです d( ̄  ̄)。


室内は暗いんで外に連れて行きますね。


コシボソヤンマ(♂)
20200807kosiboso03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


〇ヤンマ科 コシボソヤンマ属 コシボソヤンマ(Boyeria maclachlani)
体長78~86mm。お日様が出ている間は林の中でじっとしていて、うす暗くなると川の上を行ったり来たり活動し始めます。朝と夕方に活発に活動するので黄昏ヤンマとも呼ばれます。名前は極端な腰のくびれからきています。上の写真で見る通り、食べた物がよくこの腰を通るなあと不思議に思うほど、細いくびれになっています。
生息地は低山から平地の緩流や細流。本州、四国、九州、壱岐、対馬、種子島、屋久島に分布し、6月下旬から9月末ころまで見られますよ。
20200807kosiboso04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

20200807kosiboso05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


上の写真のように、両方の翅を暫らく掴んでいるとおとなしくなり、離しても少しの間ですけど逃げようとはしません。玄関の横にある観葉植物(センダンなんちゃら?)の葉っぱの上に止まらせてみました。
20200807kosiboso07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

20200807kosiboso08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


顔面アップ、複眼はキレイなグリーン。(片手の手持ちはブレる...)
20200807kosiboso09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR



ところで、先日(8月7日)記事にした、ヤンマに間違えられて名前を付けられたサナエトンボ科のウチワヤンマは黒色でトラ柄みたいな模様があり遠くから見ればヤンマそっくりで見分けが付きません。そこで、このトンボとヤンマの簡単な見分け方を紹介いたします。


下の写真をよーく見たください、複眼とオデコ?に注目。
左ウチワヤンマ:複眼はくっ付いていない、オデコのところで離れている→サナエトンボ科
右コシボソヤンマ:複眼はオデコのところでピッタリくっ付いている→ヤンマ科
20200807hikaku01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


これがサナエトンボ科とヤンマ科の違いです、分りましたか? でも...こんなこと知っていても自慢にもなりませんし何の役にも立ちませんから (--;)。



嫁さん↓
まぁ~羨ましい、あたしもコシボソヤンマさんみたいに細くなりたいわ。
20200807kosiboso10.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年08月10日 04:01 ] トンボ ヤンマ科 | TB(0) | CM(4)

まだ若い秋のトンボ赤トンボ(トンボ科アカネ属)

秋が立つと書いて「立秋」、8月7日は立秋だったようですね。 


早いもので暦の上では秋に入り、少しずつ涼しくなって秋の気配が漂いだすころ...。とは言っても、まだまだ夏真っ盛り、「本日熱中症の危険性が高くなっています。暑さを避け、こまめに水分を....」と熱中症情報がひっきりなしに届く毎日が続きます。


そんなことで今回は「秋のトンボ」として人気のある「赤トンボ(トンボ科アカネ属)」を撮ってきましたので紹介したいと思います。


まだ若い「マユタテアカネ(♂)」だと思います。今はまだ全体的に黄色っぽい薄茶色ですが秋が深まるにつれ、尻尾を中心に「濃いアカネ色」に変身します。ショウジョウトンボの「赤」とは一味も二味も違う実に日本的な赤っぽい色です。
20200802mayu01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


マユタテアカネと言ったらやはりこの顔面にある「洒落な黒のホクロ?」ではないでしょうか。このホクロは秋になっても赤くはなりませんからね。ちなみに、このホクロがブタのハナに見える人がいるようで「ブタバナ(豚鼻)トンボ」とか呼ぶようです。
20200802mayu02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


後ろ姿、筋肉ムキムキの背中も「アカネ色」に染まります。
20200802mayu03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


立秋が過ぎ処暑の頃から「アカネ色」に変身した「赤トンボ」が見られるようになりますので、またその時お伝えしたいと思います。


おわり。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2020年08月09日 04:01 ] トンボ トンボ科アカネ属 | TB(0) | CM(0)