まだ若いアオイトトンボ

(昨日の続きとなります)

清流四万十川に架かる赤鉄橋を渡りながら、「ホソミオツネントンボの交尾・産卵なんか観察できたらいいなあ~」とか思いながら目的の「トンボ池」に向かいます。


「トンボ池」の周りはわりと開けていて日当たりも良いのですが、そこへ行く途中は樹木に覆われ足元は草むらで少し薄暗いような道のりです。そこでみつけたのが今シーズン初見のトンボとなります。

20180614ao01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

メタリックグリーン色した綺麗なトンボです。下の画像の(♂)はまだ若い個体と思われます。複眼はまだ薄茶色ですが、成熟するにつれブルーに輝きます。同時に胸部は青白い粉を吹きます。
20180614ao02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

これは日の当たる所にいる個体です。こちらの(♂)もまだ若いようです。
20180614ao04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

他のイトトンボは翅を閉じて止まりますが、なぜかこのトンボは翅を開いて止まるという変わり者です。
20180614ao06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

5月中旬から6月にかけて羽化した成虫は、池の周辺の林に移動し、その中の草むらで生活します。9月頃になると生まれた池に戻り、10月頃まで子孫繁栄のための生殖活動を行うようです。
20180614ao05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

瞳がブルーに輝きだした頃また観察したいな~と思いながら、今回目的のトンボのところへ向かいます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年06月15日 04:01 ] トンボ アオイトトンボ科 | TB(0) | CM(4)

さんいーさん

初めまして、こんにちは。
いるようですよ。
↓こちらの「秋田のトンボ」というサイトに書かれています。
http://torikkoakita.art.coocan.jp/akita-tombow.html
でも、山間部の池とか沼のまわりと書かれています。散歩途中にあればいいですね。
[ 2018/06/16 14:31 ] [ 編集 ]

こんばんは。
アオイトトンボ。綺麗ですね。
初めて見ました。
こちら(秋田)
にはいないのでしょうかね?
生で見てみたいですね。
散歩途中に気に掛ける事が増えました。
[ 2018/06/15 22:39 ] [ 編集 ]

ピーちゃんこさん

こんにちは。
自宅の近くに、世界初のトンボ保護区「四万十市トンボ自然公園」という所があり、2013年8月頃から撮り続けております。
ですので、それなりに知識がついてきます。(勘違いが多いかも)
でも、めずらしいトンボはおりません、皆様がいつも目にするものばかりです。
旧ブログ「M字ハゲおやじの野望!」ではトンボに関する記事を330ほど書いておりますので、「あれっこのトンボの名前なんだっけ?」とか思うとき見ていただければ嬉しいです。このところ更新が滞っておりますけど・・・。
[ 2018/06/15 08:38 ] [ 編集 ]

おはようございます。
トンボの事詳しいのですね。
奇麗なトンボ・・・^^青い目になるのを楽しみに待ってます。
[ 2018/06/15 05:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/63-e955614d