しつこい牡丹臭木の花

読んで字の如し、この花は「牡丹」のようなキレイな花を咲かせる「臭い木」と言う意味から付けられた熊葛(クマツヅラ)科クサギ属の植物です。


そんな牡丹臭木の花が、朝露をまとい朝の光に照らされてピカピカ輝いていたので撮ってみました。
20191028botankusagi01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


花の臭いをかいでも全然臭くありません、何故こんな名前を付けられたのでしょう?
20191028botankusagi02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


聞くところによりますと、葉っぱを軽く揉むと、カメムシのような臭いがするようです。


梅雨の頃から咲き始めるこの花は、繁殖力が旺盛で放っておいたら庭中臭木だらけになりますので、一度根こそぎ処分しましたが、いつの間にかまた生えてきていたようです。
20191028botankusagi03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


そんな”しつこい”牡丹臭木もそろそろ終わりのようです...。


ちなみに花言葉は「恥じらい」など...臭いからかしら?
20191028botankusagi04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


あっ、虫が飛んできた!
20191028botankusagi05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


戦後の食糧難の時代に、この臭木の若葉を軽く塩ゆでにし、臭いを取り除き「お浸し」として食べた!というのはあまりにも有名なお話...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年10月30日 05:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

アイハートさん

こんにちは。
ホントにもの凄い繁殖力ですね。
まぁ花が可愛らしいので良しとしますかね。
1本ぐらいは。
[ 2019/10/31 16:22 ] [ 編集 ]

我が家も、持て余しましたよ。
狭い庭なのに、牡丹臭木だらけになっちゃいそう。。

それに、(中指くらいの太くて大きい毛虫)が毎年育っていてギョッとします。
絶滅させようとしても、7メートルも離れたところにヒョッコリ出てくるし。。
凄いですよ、この繁殖力は。
[ 2019/10/30 21:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/529-faa76d73