2020年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年11月














四国特産種のトンボ

この海岸はボクがよく日の出を撮る四万十市の「名鹿ビーチ」というところです。海岸沿いの道路の脇には小さな谷がいくつもあり、その中の1ヶ所だけに世界中で四国でしか見ることのできないトンボがひっそりと暮らしています。
20190628togeo01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

これがその、シコクトゲオトンボ(♂)です、漢字ですと「四国棘尾蜻蛉」と書きます。
20190628togeo02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

トンボは明るい太陽がお似合いと思えば大間違い、このトンボは、日光が嫌いなようで、昼なお薄暗い湿気の高い所でひっそりと暮らしています。
20190628togeo03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇ヤマイトトンボ科 トゲオトンボ属 シコクトゲオトンボ(Rhipidolestes hiraoi)
世界中で四国にのみ生息するトンボ。体長40~46mm程度で、(♀)は(♂)に比べやや小型。 名前の由来は(♂)の腹部9番目の節に上に向かって突起(棘)があるからこの名前が付きました。体全体が黒地で胸に黄色い斑があり、成熟した(♂)の顔と肢(あし)は朱色、(♀)は橙黄色をしています。翅を閉じて止まるイトトンボ体形ですが、翅を開いたままで止まり、静かに(♀)訪れを待ちます。四国4県に生息し、山間地の、木立に覆われたごく浅い流れに住み、成虫は5月中旬から9月上旬にかけて見られます。

トゲ(棘)があるのが分かりますか (∵)?ちなみに、(♀)にはありません d( ̄  ̄)
20190628togeo04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

翅を広げて止まるのが特徴 d( ̄  ̄)
20190628togeo05.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

赤というか朱というか、おしゃれなストッキングを履いてます (^^)bGood!
20190628togeo06.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

顔面は誰かに殴られたみたいに唇が赤く腫れあがったように見えるのはボクだけかしら (‥ )ン?
20190628togeo07.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

皆さんがもし、四国に来るような機会があれば、このトンボだけは見て帰ってくださいね d( ̄  ̄)。
20190628togeo08.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

このトンボの捜索はさほど難しくありませんが、その生息環境は”マムシ”が好む環境と一致しています。足元はもちろんのこと、トンボを追って崖に手をかけたりする際には十分注意して下さい、四国から出られなくなりますよ v(¯0¯)v
20190628togeo09.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


同じような写真ばかりで面白くありませんでしたね....おわり <(_ _)>


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月29日 04:01 ] トンボ ヤマイトトンボ科 | TB(0) | CM(4)

風子さん

尻尾のトゲは何のためについているのか解らないそうです...
何も無いよりあったほうがカッコいいかも?デザイン的にねv(^_^)vとこのトンボが言ってました。

どのトンボも肢には毛というか”細いトゲ”のようなものがたくさん生えてます。
これは、獲物を捕まえたとき、「獲物が逃げにくくするためにトゲを体に食い込ませる」のだそうですd( ̄  ̄)
このトゲが禿げてしまったらご馳走にありつけません...。


愛媛県ですと、大洲の白滝公園なんかで目撃情報が多く寄せられていますよ、地元にお帰りの際は行ってみてください、長靴、軍手が必須となりますが...。

なんて野性味あふれたお父様なんでしょう、最近は捕まえても食べる人は少ないようです、専門業者に売っている方が多いかもしれませんね。

”ハメ”という言葉も良く聞きますが、四万十市のほうでは”クチメ”と呼んでる方が多いかもしれません。
[ 2019/06/29 11:56 ] [ 編集 ]

旅姿さん

こんにちは。
このトンボは似たような仲間が沢山いるようです。
九州本土と屋久島に分布しているものは”ヤクシマトゲオトンボ”
鹿児島県甑島に分布しているものは”コシキトゲオトンボ”
奄美大島に分布しているものは”アマミトゲオトンボ”
徳之島に分布しているものは”トクノシマトゲオトンボ”
などです。

写真映えするモデルさんですが、腕がついて行きません....

沖縄遠征の途中、ちょこっと寄り道してはどうでしょう v(^_^)v
[ 2019/06/29 11:47 ] [ 編集 ]

へぇ~!

全体は黒っぽく華奢な感じなのに、顔のパーツはちょっと怖い感じ……。
♂の棘は、どんな働きをしているんでしょう。
赤い脚には毛がはえているんですねぇ。
トンボの脚って、毛、生えてましたっけ?

愛媛県出身ですが、見かけたことはないです。

>”マムシ”が好む環境と一致

(((ʘ ʘ;)))くわばら、くわばら。
私の故郷で、マムシは“ハメ”と言ってました。
父は頻繁にマムシを獲って干し、炙って食べてました。
精力、つくとかなんとか……(笑)
[ 2019/06/29 09:35 ] [ 編集 ]

M字さん

おはようございます。
シコクトゲオトンボ。こんなトンボがいるんですね。
しかもフォトジェニックないいとんぼですね~!
レッドソックスも写欲をそそります。
訪四の際は是非撮っておきたいひとつですね!

ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/29 08:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/416-89f7e6b8