2020年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312020年11月














スカイブルーに輝くおでこ

今回紹介するトンボは”腹”が”広い”ため、その特徴のままの名前が付けられた可哀そうなトンボです。腹が広いのであって、皆さんのように前に突き出ている訳ではありません d( ̄  ̄)

ハラビロトンボのまだ若い(♂)だと思います。
20190617harabiro01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

こちらもまだ若い(♀)です。(♀)のほうが少し腰回りがムチムチとしていて、なんともセクシーな後ろ姿ですな d( ̄◇ ̄)b
20190617harabiro05.jpgPENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


○トンボ科 ハラビロトンボハラビロトンボ(Lyriothemis pachygastra)
腹部が異様に幅広い小型のトンボです。飛んでいるより止っているほうが多いですね。成熟するにつれ、次第に全身黒化していき、黒化したあと、腹部に蒼白い粉が吹き始めます。(♂)は顔面に蒼く光る部分がありとてもきれいです。
北海道の南部から九州・四国まで分布しております。平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する腐植栄養型の沼や沢地や湿地に生息しており、4月中旬ころから9月末ころまで見られます。


このトンボの特徴は腹が広いだけではありません。最大の特徴は、おでこに”スカイブルー”に輝く宝石を埋め込んでいることなのです d( ̄  ̄)
20190617harabiro03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

なんてイケメンなんでしょう ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
20190617harabiro04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ハラビロだなんて失礼な名前いったい誰が付けたんでしょうか?もっと素敵な名前があるように思いますが、例えば「アオゾラ(青空)ビタイ(額)」とか...。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年06月18日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(2)

yokoblueplanetさん

こんにちは。
春先から初夏にかけて出現するトンボは小型のイトトンボなどが多いです。これから夏本番にむけ出現するのはヤンマ系などの大型のものになります。
どちらかと言うと大型のトンボが撮りやすく、迫力があります v(^_^)v
[ 2019/06/23 13:42 ] [ 編集 ]

ムチムチ感

おはようございます。
細身の体を見慣れていると、このトンボの後ろ姿にはちょっとビックリさせられますね!
黄金色のムチムチ感、独特な「昆虫」感?!と言えば良いのか。。。
[ 2019/06/22 03:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mhageseason2.blog.fc2.com/tb.php/409-5f4b304e