十三夜月から秋分の日の小望月そして日の出

(はやぶさ2の記事を書いていたら秋分の日のことが今日になっちゃいました)

毎年9月23日頃を「秋分の日」と言いいますよね、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づき閣議で来年の(秋分の日の)日にちが決定されるようです。ちなみに、2020年(平成32年)は9月22日です d( ̄  ̄)。

秋分の日の前の日の9月22日のお月様(月齢12.62)です、午後5時48分まだ青い南東の空にポッカリと浮いています。
20180922moon01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

ほぼ真西に沈んだお天道様、空は金色の夕焼け、川面も染まっています。(午後6時00分)
20180922yuuyake02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


秋分の日の夜は、ちょうど近所のオッサン連中との飲み会が入っていますのでお月様は撮影できません、それに24日の「中秋の名月」はお天気が悪そうです、ですから前の日の22日の夕方から23日の早朝にかけて撮影してみる事にしました  ( ̄◇ ̄)。

十三夜月(じゅうさんやづき)
2018年9月22日(旧暦8月13日)19時57分(月齢12.71 輝面比93.24) 
20180922moon03.jpg


日付けが変り23日の秋分の日、ちょっと寝過ごしてしまって三脚を準備するひまなく手持ち撮影となりました....ブレブレ (_ _lll)。

小望月(こもちづき)
2018年9月23日(旧暦8月14日)2時00分(月齢12.96 輝面比94.41) 
20180923moon04.jpg

あっという間に沈んでいきます(2時02分)、木の影が....目覚ましかけとくんだった  (_ _。)・・・
20180923moon05.jpg


この日の日の出は5時56分、ちょこっと軽トラを15分ほど走らせて、太平洋が一望できる展望台へ。

真東から昇るお天道様、あ~きれいだわ~  (^^)bGood! 思わず手を合わせましたね m(_ _)m
20180923hinode06.jpg


仏教では、ご先祖さまのいる世界(極楽)を「彼岸(ひがん)」、いま我々が生きているこの世界を「此岸(しがん)」というそうです、「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになったらしいです d( ̄  ̄)。

皆さんは、お墓参り済ませましたか (∵)?
  
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年09月26日 04:01 ] 気象・空・お月様・お天道様 | TB(0) | CM(0)

小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物

各メディアで大きく取上げられていて皆様もすでにご存知かと思いますが、世界初の快挙達成記念といたしまして記事にしてみました。
20180923minerva03.jpg
はやぶさ2プロジェクト→http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

9月21日に、「はやぶさ2」探査機から小型ローバ MINERVA-Ⅱ1(ミネルバ・ツー・ワン)を分離したとこのブログでお伝えしたところですが、2機とも小惑星リュウグウ表面に無事着地したことを確認したとJAXAが発表しまた。

各ローバとも状態は正常で、撮影した写真や各種のデータを送ってきています。その写真等の解析で、ローバはリュウグウ表面を移動していることも確認できたそうです。

はやぶさ2を経由しMINERVA-Ⅱ1から地球に送られてきた画像をここに紹介いたします。
20180923minerva01.jpg 
左:2018年9月21日、13:08(日本時間)頃にRover-1Aが撮影したカラー画像。探査機から分離直後に、「はやぶさ2」探査機(上)とリュウグウ表面(下)を撮影した。ローバが回転している状態で撮影しているので画像がぶれています。

右:2018年9月21日、13:07(日本時間)頃にRover-1Bが撮影したカラー画像。探査機から分離直後に撮影されたもの。右下にリュウグウ表面が映っています。左上の薄くモヤがかかっている部分は撮影時の太陽光の写り込みによるものらしいです。

下:2018年9月22日、11:44(日本時間)頃にRover-1Aが撮影したカラー画像。リュウグウ表面において移動中(ホップ中)に撮影されたもの。下半分がリュウグウの表面。上の白い部分は太陽光によるものらしいです。(飛び跳ねる中での撮影なのでブレてます) 
imagecreditjaxa20180923hayabusa111.jpg
Image credit:JAXA
 
13年前の初代「はやぶさ」のときに達成することができなかった小惑星表面での小型ローバの移動探査が成功して本当によかったですね、これぞ日本が誇る技術ですね v(^_^)v! 

2機のローバーは今後、リュウグウ表面を移動しつつリュウグウの探査を行ないます。また10月には「はやぶさ2」自身もリュウグウに着地を予定しています、2019年春には人工クレーターを作って地中のサンプル採取をする予定。地球への帰還予定は2020年の暮れごろになるようです。



ついでに、平成30年9月23日(日)2時52分27秒、種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機を搭載したH-IIBロケット7号機を打ち上げました。ロケットは正常に飛行し、打ち上げから約14分59秒後に「こうのとり」7号機を正常に分離した事を確認しました。

エンジン点火は24分18秒頃です、目がシバシバするので注意して見て下さい  w(><)w


今後、「こうのとり」7号機は、国際宇宙ステーション(ISS)に接近し、ISSのロボットアームでキャプチャ(把持)し、結合する予定です。9月27日(木)20時25分から、把持(キャプチャ)の模様を中継するようなので、ぜひお見逃しなく!

JAXAさん、何かと忙しいようですね (^^)bGood!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年09月25日 04:01 ] 追跡[はやぶさ2] | TB(0) | CM(0)

また来年会いましょうキイトトンボさん

池の畔の葉っぱの上で「なんかようか?」とガンを飛ばす一匹の黄色いトンボ。

それは「キイトトンボ(♂)」怖い顔してます ;゚Д゚)  ヒイ
20180924kiito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ボクも負けずに睨み返し、沈黙の時間がしばらく続きます.....。

すると突然バッと飛び立ち、なにやら捕まえたようです。
20180924kiito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

美味しいですか (--,)
20180924kiito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そんな食欲旺盛のキイトトンボさんですが、5月の中ごろから姿を現し、秋になるころにはその姿は見られなくなります。今年もずいぶん楽しませてくれました、ありがとう ( ̄◇ ̄)。

また来年、元気な姿を見せてくださいな ( ^^)ノノ 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年09月24日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)

たしかに、はやぶさ2はリュウグウにいる!

遠い遠いお空の上でのお話となります v( ̄ー ̄)v

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によりますと、「はやぶさ2」は20日、高度約20キロの位置から徐々に降下。21日午後1時6分、高度を55メートルまで下げ、底部から小型探査ロボット「ミネルバ2-1」を2機、北半球の地表に向けて投下した。着地の成否はまだ分かっていないようです。


そんな中、小型探査ロボットを分離する前、「はやぶさ2」は21日午後1時すぎ「リュウグウ」を広角カメラONC-W1で撮影しました。自分の影が....
hayabusa201809210409.jpg
地上受信時刻 UTC 2018_09_21 04:09(JST 13:09) 

これまでで最も近い高度およそ80メートルからの「リュウグウ」です。太陽を背にして小惑星に接近することから「リュウグウ」の地表には翼のように太陽光パネルを広げた「はやぶさ2」の影がくっきりと写り込んでいるのが確認できます。
hayabusa201809210419.jpg
地上受信時刻 UTC 2018_09_21 04:09(JST 13:09) 


イヤァ~これは感動ものです (*'o'*)!たしかに「はやぶさ2」は「リュウグウ」にいるのです d(゚-^*)

はやぶさ2は6月27日午前9時35分(日本時間)「りゅうぐう」近くの目的地に到着。来月下旬から来春にかけて地表や地下の物質を採取し、平成32年末に地球へ帰還する予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2018年09月23日 04:01 ] 追跡[はやぶさ2] | TB(0) | CM(6)

ありがとうベニイトトンボさん

最近「赤とんぼ」の記事が多いようなので、ちょっと気分転換に他のことを書いてみたいと思います........と言ってもトンボのことになりますが ヾ(--;)

赤いトンボなんですが、これは「赤とんぼ」ではありません、イトトンボの仲間で「ベニイトトンボ(♂)」という名前です。ベニ(紅)ですよ、赤じゃありませんから  d( ̄  ̄)
20180919beni01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

プチトマトのような可愛いお眼目をしていますが顔が怖い、噛付かれそうです。NHKのキャラクター”どーもくん”に口元?が似ているような気がする。
20180919beni02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

絶滅危惧種に指定されているようですが、この池にはうじゃうじゃいます。(良いことですね)
20180919beni03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そんなベニイトトンボさんは5月中旬頃から羽化を始め、10月を過ぎればひっそりとその姿を消します。 今年もずいぶん楽しませてくれました。ありがとう「ベニイトトンボ」さん、また来年お会いしましょう~  (・_・)/~~サヨナラ まだちょっと早いかしら? 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↑↑何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

[ 2018年09月22日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(0)