2019年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年08月














赤かと思ったら紅だって

トンボ公園の小さな池には、何か企んでいそうな顔をした赤いイトトンボがおりました。
20190717beniito01.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

名前は、赤いのに”紅”とつくベニイトトンボ(♂)と言います、多分。見た目”赤い”からアカイトトンボとは言いません d( ̄  ̄)
20190717beniito02.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇イトトンボ科 キイトトンボ属 ベニイトトンボ(Ceriagrion nipponicum)
全身真っ赤なベニイトトンボは、生息地が局地的になり、環境省レッドリスト2017では準絶滅危惧種(NT)に指定されてます。腹部が真っ黄色のキイトトンボの赤い版みたいに顔はそっくりです。(♂)の体は全身真っ赤になります。赤い目玉はプチトマトのようです。(♀)は腹部が若干、赤っぽく(オレンジ色?)なりますが胸の部分は若草色です。個体数が少ないので縄張り争いをしている姿はあまり見たことがなく、棒や葉先などでじーっとしているほうが多いです。平地の古くからある池などに生息してます。5月下旬から出現し9月ころまで見られます。
 

そんなベニイトトンボ(♂)君が突然ホワァッと飛び立ちまして、後を追っかけて行くと...。


あらまぁ、(♀)の首根っこ?をガッツリ捕まえて”逆さハート”をつくっています。(バッタもいます)
20190717beniito03.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵準備です。
20190717beniito04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

産卵中。(♂)は直立姿勢をとり周りを監視しています。
20190717beniito05.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

一仕事終え、くつろぐベニイトトンボ(♂)君です、ごくろうさんです <(_ _)>
20190717beniito06.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


この紅(べに、くれない)と赤の違いが分かりません...。

ちなみに、日章旗(日の丸)は、地は白、日章は紅色だそうです。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月18日 04:01 ] トンボ イトトンボ科 | TB(0) | CM(1)

Coffea arabica(コーヒーの木)かな?

令和になって間もない5月13日、知り合いから『コーヒーの木』の実をいただきまして、それを鉢に植えました。始めの頃はこまめに水やりなんかをしていましたが、10日たっても20日たっても1ヶ月たっても芽の出る気配が全く感じられません。そのうち、何だかんだと忙しくなり、”コーヒーの木”の存在すら忘れていました。


2ヶ月が過ぎた昨日...

嫁「お父さん!ちょっと来てぇ~(≧0≦ )」

と大きな声で呼ぶもんですから、「何事!」と思い行ってみますと...。

嫁「これみて ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶」
20190716coffea01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ん...w(゚o゚)w オオー!! 芽がっ芽がでたぞう(≧∇≦)vv
20190716coffea02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

3本出てます d( ̄◇ ̄)b グッ♪ 
20190716coffea03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


じつはこの発芽した実は、色が悪かったり半分に割れたものとか、どうせ発芽しないだろうと思って、適当な鉢に植えて庭の隅っこに放置していたものです。キレイな実は家の中で育てていましたが、今はその姿はありません。

1ヶ月たったころ嫁さんが「もうダメね、ジャマジャマ (‘o‘)ノ」となって処分したそうです....。

↓こちらが実を植えたときの記事となります


さて、これからどうしたものでしょう?、このまま放置して様子を見るか、キレイな鉢に植え替えて室内で育てるか?悩んでいるところです...。
20190716coffea04.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


一番上の写真を見ると雑草も一緒に沢山生えてます...写真撮るために抜いたのですが、最初はどこに”コーヒーの木”あるか分かりませんでした。 


これって本当に『コーヒーの木』なの (◎_◎?)


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月17日 04:01 ] 植物 | TB(0) | CM(2)

トンボのめがねは”黒色”めがね~♪

トンボのめがねは水色めがね~♪という童謡がありますが、この歌のモデルさんになったのは”シオカラトンボ”ということはあまりにも有名ですね。そんなことで、今回はその”水色めがね”の親戚?のトンボの紹介となりますd( ̄  ̄)。


オオシオカラトンボ(♂)ですね。シオカラトンボは”青いお空を見てたから”緑っぽいメガネ”をかけているのに対し、オオシオカラトンボは”紫外線”対策なんでしょか、”黒いサングラス”をかけているようです。顔も真っ黒けなんです。
20190715oosiokara01.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


〇トンボ科 シオカラトンボ属 オオシオカラトンボ(Orthetrum triangulare melania)
名前のとおりシオカラトンボを少しだけデカくしたトンボ。顔面が真っ黒なので、すぐ区別がつきます。シオカラトンボは、腰から下が急に細くなっていますが、オオシオカラトンボは尾の先までほぼ同じ太さです、そんなことで大きく見えるのではないでしょうか。(♂)は濃いめの水色、(♀)はくすんだ黄色をしています。
平地や丘陵地や樹林の縁にある池沼・湿地・田などのまわりの棒の先などによく止まってます。5月中旬から10月末ころまで見られますよ。
20190715oosiokara03.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

筋肉隆々の背中も撮ってみました。
20190715oosiokara02.jpg
PENTAX KP+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

そしてこちらが仲睦まじいカップルの様子。
20190715oosiokara04.jpg
PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


7月も早くも半分が過ぎました...オオシオカラトンボのように濃いめの色のサングラスをかける日が待ち遠しく思う今日この頃です。


   
↑↑ランキング用のオリジナルバナーです、何卒よろしくお願い申し上げます m(_ _)m
[ 2019年07月16日 04:01 ] トンボ トンボ科 | TB(0) | CM(0)